--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/02/20.Wed

「コドモ警察」完成披露試写記事まとめ

18日の「コドモ警察」完成披露試写、たくさん記事があがってますのでまとめておきます。

わたしは、と言えば、あの寒い中18〜19日とミラコスタ泊のディズニーリゾートを大満喫・・・・

したかったのですが・・・(⌒_⌒;

現実には、冷たい北風と雪に耐えながら、予想以上の混雑の中、ほぼ苦行に近い極寒の2日間を過ごしておりました(笑)

これまで体験した中でも、史上最悪天候のディズニーリゾートだったような|ω;))))

でも、ミラコスタはやっぱり良かったです〜
それと、トイストーリーマニア楽しかった!!
宿泊者優先入口から入って、おかげさまでFP11時半〜が取れましたが、その後あっという間にFPは終了、待ち時間は終日160分以上って感じでした

おっと、わたしの休日の話はどーでもよくて(笑)
「コドモ警察」完成披露の話ですね。

試写会の前にバルトのロビーで会見があったそうで、マリウスも来てた、と。
来ると思ってなかったので、嬉しかったですー(ってわたしは行けてないけどw)

やっぱりみんな揃っての会見の方がいいですもんね〜♪
涼くんの様子などは、記事から想像するしかできませんが、きっとデレデレだったんでしょうね(笑)

写真からの推測ですが、髪の毛はちょっと茶色が混じってますし、微妙にパーミー?
あと、地眉が細いような・・・
すこし灼けたかな・・?

今撮影してるであろう作品の影響を、ついチラホラと読み取ってしまいます(゚ー゚)ニヤニヤ
(願望も込めてw)

とりあえず目についた記事だけリンク貼っておきます↓

鈴木福『コドモ警察』は「男らしさと優しさを見て」(ニュースウォーカー)

人気子役・本田望結&秋元黎、ムチャぶり”告白”に赤面(ORICON STYLE)

福くん、監督や勝地涼を友達扱い(シネマトゥデイ)

福くんが「おならの歌」に続く、自作ダンスを披露!福田監督は子役たちの裏の顔を暴露…?映画『コドモ警察』(テレビドガッチ)


「コドモ警察」の関連本は今日2冊発売ですね↓


映画「コドモ警察」オフィシャル・ビジュアルブック「コドモ警察」密着24時!?映画「コドモ警察」オフィシャル・ビジュアルブック「コドモ警察」密着24時!?
(2013/02/20)
不明

商品詳細を見る



映画「コドモ警察」スーパーオフィシャルブック コドモ警察(秘)ファイル映画「コドモ警察」スーパーオフィシャルブック コドモ警察(秘)ファイル
(2013/02/20)
マガジンハウス

商品詳細を見る


まだどちらもチェックできてないのですが、近々本屋さんで確認したいと思います〜

この週末は「遺体 明日への十日間」を観に行って、涼友さんに誘っていただいた「横道世之介」の初日舞台挨拶に行ってきます!


やっと映画のハシゴができる〜
最近ホントに深刻な映画不足で、気持ちがやさぐれてるので、誰かにケンカふっかける前に、早々に映画館に駆け込みたいと思いますw


スポンサーサイト
観劇&映画鑑賞記録 | Comments(0)
2012/12/30.Sun

2012年 観劇の記録 

今年の観劇記録も本日にて〆ます。

短く今年の感想も書きました。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

主に自分用なのですが、観劇記録と観劇予定を、記事にまとめることにしました。
どんどん更新していきます。
映画版も作ります(記録のみ)

2012/11/15更新

<<2012年の観劇記録>>

☆1/7(土)11:30「2012年新春特別公演 早乙女太一 龍と牡丹」銀河劇場
☆1/14(土)12:00「十一ぴきのネコ」紀伊国屋サザンシアター
☆1/28(土)18:30「下谷万年町物語」シアターコクーン
☆3/25(土)13:30「ホブソンの婿選び」テアトル銀座
☆5/10(木)13:30 「海辺のカフカ」彩の国さいたま芸術劇場
☆6/12(火)12:30「シレンとラギ」青山劇場
☆6/22(金)13:00「灰色のカナリア」東京グローブ座
☆6/23(土)18:00 「シレンとラギ」青山劇場
☆6/29(金)13:00「灰色のカナリア」東京グローブ座
☆7/28(土)14:00「露出狂」パルコ劇場
☆9/2(日)13:00「ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」Shibuya O-east
☆9/22(土)18:30「ボクの四谷怪談」シアターコクーン
☆9/25(火)13:00「ボクの四谷怪談」シアターコクーン
☆10/2(火)13:00「ボクの四谷怪談」シアターコクーン
☆10/10(水)13:00「ボクの四谷怪談」シアターコクーン
☆10/20(土)18:00「ボクの四谷怪談」森ノ宮ピロティホール
☆10/21(日)12:30「ボクの四谷怪談」森ノ宮ピロティホール
☆11/13(火)13:30「日の浦姫物語」シアターコクーン
☆12/15(土)13:00「祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜 KERA Version」シアターコクーン

以上。

12作品19公演。

日程的にも金銭的にも、このペースが限界かな。
来年も同じくらい行けたらいいな、と思います。

とりあえず涼くんの舞台がまたあることを期待したい。
今度も遠征まで行けるよう、がんばって真面目に仕事したいと思います(職場でも家でも)

WOWOWの「勝手に演劇大賞2012」では、プライム作品賞に「海辺のカフカ」、男優賞に勝地涼、女優賞に栗山千明、演出家賞に蜷川幸雄、で各投票してきました。

好きな俳優さんだからって理由はもちろんあるけど、観た舞台をすべて公平にならした状態で考えても、やっぱり涼くんのお芝居はよかったな〜、と思ったので。

他に「おっ!」と思ったのは「シレラギ」の藤原くん。
長年観て来た俳優さんだけど、特にファンってほどではなかったのですが、「シレラギ」観て改めて彼のすごさに気付きました。結局竜也くんが今年出演した舞台は全部観ることができたのかな?
来年の「木の上の兵隊」もすでにチケット押さえ済みです


作品として、意外な「当たり」だったのは、7月の「露出狂」
たぶん今年一番笑った舞台だった。
お下品だし、めちゃくちゃなんだけど、すごく勢いのある舞台で、出てた俳優さん全員好きになりました。
また中屋敷さんの作品観に行きたいな、と思います。
(新年の「100万回生きたねこ」では演出補されるようなので楽しみにしてます

演出家は、やっぱりわたしは蜷川さんが好きみたいで^ ^;
どの舞台を観ても、なぜかすんなり入ってくるのが蜷川さんなんですよね。

来年もたくさん蜷川舞台を観たいなーと思います。
「リチャード4世」、、、どうしようかな、と迷ってるところです。
(やはり時間とお金の問題が大きいので〜

今年は、仕事が軌道に乗ったおかげで、思いがけずたくさんお芝居を観ることができて本当に幸せでした

来年も欲張り過ぎずに、一本一本、大切に観劇したいと思います。

お芝居の神さまに感謝しつつ、今年の観劇記録はこれでおしまい

あとは、「アイドル」と「涼くん」のまとめを、なんとか明日中に更新したい・・・
(ムリかも)


観劇&映画鑑賞記録 | Comments(0)
2012/12/29.Sat

2012年 映画鑑賞の記録

ちょこちょこ書き溜めた記録の、追記・再掲です。
来年はまた2013年バージョンの記事を立ち上げますので、この記事はこれで追記おしまい。

まとめっぽいこともちょこっと書いてます

2012年に映画館で観た映画の記録です。

1月
「ヒミズ」
「麒麟の翼」
2月
「ドラゴン・タトゥーの女」
「キツツキと雨」
3月
「人生はビギナーズ」
「おかえり、はやぶさ」
「アフロ田中」
「ヒューゴの不思議な発明<3D>」
4月
「アーティスト」
「テルマエ・ロマエ」
5月
「宇宙兄弟」
6月
「ホタルノヒカリ」
「愛と誠」
7月
「グスコーブドリの伝記」
「アメイジング・スパイダーマン<3D>」
「へルター・スケルター」
8月
「Another」
9月
「プロメテウス」
「踊る大走査線 THE FINAL」
10月
「希望の国」
11月
「北のカナリアたち」
「のぼうの城」
「悪の教典」
12月
「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」
「その夜の侍」

2012年に映画館で観た映画は24本。

ひと月に2本観てる計算ですね。
少ない・・・(笑)

観たかったのに、スケジュール的に映画館行けなかった作品が結構あります。
「裏切りのサーカス」「ダークナイト・ライジング」「苦役列車」「桐島、部活やめるってよ」「アベンジャーズ」「ふがいない僕は空を見た」「アルゴ」などなど。

劇場で観られないとそのまま忘れてしまいがちなので、DVDでちゃんと観たいと思います。

来年はひと月3本を目標に、色々観られたらいいな。

2012年マイベスト映画を3本選ぶなら、

「希望の国」
「ドラゴン・タトゥーの女」
「プロメテウス」

ですかね〜。
「プロメテウス」賛否両論だったみたいですけど、わたしはだ〜いすき。
宇宙船や建造物のゴテゴテ感とか、エイリアンの卵やエンジニアの気持ち悪さとか、すべてにときめいた。
ストーリーはこの際あまり気にしない。
先を続けるためだけのお話にしてもらっても個人的にはまったく構わない。
また観たい映画です。

「ドラゴン・タトゥーの女」は、単純に面白かったです。
なにはともあれリスベットなのだけど、ダニエル・クレイグのミカエルもものごっつ良かったです。
こちらも続編に期待しまくり。
「ミレニアム」シリーズ、すべてきっちりこの路線で最後まで映像化してほしいです。

「希望の国」はね、もうすべてが(いい意味で)ダメです(笑)
今も思い出して涙が出る。
先日福島方面に旅行して、JRの駅の路線図の中に「警戒区域のため運行休止中」って記述を見て、
また色々想像してしまった。

清水優くんと梶原ひかりちゃんが、家族を捜すシーンに出て来る、「昭和の子ども」のまぼろしみたいなのが、今も頭の中でグルグル回っていて、ふと気付くと、ひかりちゃんと一緒に「おーい!」って呼んでいたりします。
切ないなあ、、どこに行ってしまったんだろうって。

思いを思いとして、きちんと追体験できたことが、わたしの中ではやはり大きいです。
こちらも繰り返しまた観たい作品。
立派な賞なんかはきっともらえないんだろうけど、それでもわたしの今年のNo.1映画。

園監督の来年の仕事にも、しっかり注目して行きたいと思います。

今年もよい映画をたくさん観られた1年でした。
来年もいろんな映画に出会えますように

よろしく映画の神様
観劇&映画鑑賞記録 | Comments(4)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。