--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/06/04.Tue

2013年5月に読んだ本たち

ガンガン読むぞー!!とか言ってた割に、4冊しか読めなかった5月でした。
あっちこっちと劇場やらイベントやらに顔出しまくり&文芸本が入って持ち歩けず、時間がかかってしまったのが原因かな。

でも、読んだ4冊はどれもヒット
特にSキングとJ・キャロル・オーツは大ヒットでした〜

6月は観劇もイベントもガマンして、大人しく本読んだりテレビ見たりしていたいと思います
梅雨だしね・・・

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1307ページ
ナイス数:47ナイス

とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ---ジョイス・キャロル・オーツ傑作選とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ---ジョイス・キャロル・オーツ傑作選感想
初読の作家さん。すぐに大好きになりました。グロテスクと美しさが上品に同居してる本は大好きです。それぞれの登場人物の内面がとても細かく描かれていて、ちょっと苦しくなるくらいの臨場感。誰もが心の中に持ってるダークな部分に、こっそりと、でも怖いくらい正確に光を当てる作品たちでした。その根底に流れてるのが、残酷なほどの純粋さであるところに感動した。グロさで言ったら「頭の穴」が一番かな。でも好きなのは「とうもろこしの乙女」。他の作品も読んでみようと思いました。
読了日:5月30日 著者:ジョイス・キャロル・オーツ
模倣の殺意 (創元推理文庫)模倣の殺意 (創元推理文庫)感想
もともと騙されやすい性質ゆえか、中町さんの仕掛けた罠にまんまと引っかかりましたよ〜!確かにどこぞで見たような感じもありましたが、それらすべてに先立つのがこの作品、と言われたら、そのスゴさが分かるってもんです。古い作品なのにとても読みやすく、早く謎解きしてほしくて、さくさく読めちゃいました。確かに、帯はちょっと煽り過ぎの気はあるかも。でも面白かったです。
読了日:5月13日 著者:中町 信
京都妖界案内 (だいわ文庫)京都妖界案内 (だいわ文庫)感想
過去文献の怪異の記述を、古地図と現代の地図と丁寧につけ合わせてくれて分かりやすかったですが、図が暗くて少し残念なものもありました。魔界に通じるすべての道は一条戻橋で繋がっていて、鬼を祓っても、結局は円を描くように戻ってくる…という考え方に納得。古典からどれを読めばいいか書いてくれてるのもありがたい。ある程度京都の地理や魔界系の知識がある人向けかもしれない。
読了日:5月9日 著者:佐々木 高弘
ビッグ・ドライバー (文春文庫)ビッグ・ドライバー (文春文庫)感想
本当に久しぶりのキング本でしたが、ものすごい勢いで引き込まれました。普通の人々が、普通じゃない状況に対面したときにどうするのか?この2編に出て来る女性たちの心の揺れ動きとその選択は、わたしにとっても充分納得のできるものでした。平凡な何気ない日常の、ほんの1mmズレたところに転がっている悲惨な状況、、昨日までの自分と、その悲惨を知ってしまった今日からの新しい自分、どっちが勝つのか興味深く、最後まで一気に読みました。キングの面白さを忘れかけてる人におススメ。
読了日:5月3日 著者:スティーヴン・キング

読書メーター
スポンサーサイト
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/05.Sun

2103年4月に読んだ本たち

幕末関連本が一段落。
海月姫は相変わらず面白い。大好き。

そろそろ「閃光スクランブル」を読まねば…

そんな感じで5月もたくさん読みたいと思います。


2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2473ページ
ナイス数:28ナイス

螺旋の底 (ミステリー・リーグ)螺旋の底 (ミステリー・リーグ)感想
またまた深木さんの張り巡らした罠にまんまとはめられた。ミステリーを読んでいて、「えっ!」が「なるほど〜」に、「そうか、そうなのか」にジワジワ変わる快感を存分に堪能させてくれる作家さん。何かがおかしい、ここに何かがあるはず…と疑ってかかっても、やっぱり騙されてしまいました。翻訳モノなんじゃないかと思うくらい自然な外国文学の空気もよかったです。でもまだちょっとすっきりしないところがあるから、もう1回読まないと!
読了日:4月28日 著者:深木 章子
海月姫(11) (KC KISS)海月姫(11) (KC KISS)
読了日:4月25日 著者:東村 アキコ
海月姫(10) (KC KISS)海月姫(10) (KC KISS)
読了日:4月25日 著者:東村 アキコ
幕末史―激闘!薩摩・長州・会津幕末史―激闘!薩摩・長州・会津感想
丁寧に時系列を追って、その時その時の幕末史のキーパーソンにひとりずつ焦点をあてて解説してくれる。読みやすい。幕末について、自分が今まで持っていた「イメージ」とは違うものを教えてくれました。会津側から見た幕末史をたどることで、実際のあの時代の空気に近いものを感じることができる気がする。引き続き星さんの著作を読みたいと思います。
読了日:4月25日 著者:星 亮一
海月姫(9) (KC KISS)海月姫(9) (KC KISS)感想
好き?隙?梳……?相変わらず爆笑。面白すぎる。
読了日:4月17日 著者:東村 アキコ
海月姫(8) (講談社コミックスキス)海月姫(8) (講談社コミックスキス)
読了日:4月17日 著者:東村 アキコ
万能鑑定士Q万能鑑定士Q感想
ずどーん!!面白かった!間違えて推理劇の方から読んでしまったので、莉子さんの出自は少し知ってたけど、改めて詳しく読めてよかった。波照間島、行ってみたい。莉子さんの豊富な知識にフムフムうなずきながら、気付いたら国家を巻き込む一大事件に発展しておるとは!それにしても、怖いねインフレ。現代国家のまわり方、人としてのあり方まで考えさせられてしまいました。でも莉子さんの底にある、頼りないくらいの「善」にとても救われました。善い心、信じたいとわたしは思う。シリーズたくさん出てて嬉しい。これから時間書けて読破します。
読了日:4月17日 著者:松岡 圭祐
え、なんでまた?え、なんでまた?感想
面白くて、すいすい読んでしまって、あっという間に読了。連載中に読んでたものもいくつもあったけど、何度読んでも面白いし、細かい疑問やら焦りやらちょっとした怒りやらに、ものすごく同感してしまった。うーん、分かるよ分かる。分からないようで、分かるんだ。テレビ、映画、舞台の裏側のお話は、どっちにしても大好物ですので、クドカンならなおさら。あまちゃん、楽しく見てます。
読了日:4月17日 著者:宮藤 官九郎
山川健次郎伝―白虎隊士から帝大総長へ山川健次郎伝―白虎隊士から帝大総長へ感想
白虎隊から帝大総長へ…謙虚で高潔で、同時に優しくて努力家で、家族を大事にし、「これからの日本」を作るお弟子さんを育てることに情熱を注ぎ、メンツや権力などには目もくれず、ただひたすらに国の将来と、故郷の救済を願った人。今の日本にこんな人がいたなら、、と思いました。気取らず、奢らず、健次郎のように立派ではなくても、自分もこんな風に生きていけたら、と思います。松平家と天皇家の婚礼を成功させたときのエピソードに涙。大河ドラマでの健次郎の描き方もとても楽しみです。
読了日:4月7日 著者:星 亮一
森見登美彦の京都ぐるぐる案内森見登美彦の京都ぐるぐる案内感想
よむところが少なかったー。そこまで森見オタでもないので、軽く読んで終わりって感じ。地図がかわいい。
読了日:4月7日 著者:森見 登美彦
会津と長州、幕末維新の光と闇会津と長州、幕末維新の光と闇感想
刻々と変わる幕末の情勢を、丁寧に追いかけて、会津と長州、それぞれの立場からの歴史を冷静に見つめる本。対談形式ですが、一編のストーリーとしてすんなり読めます。改めて、歴史は「勝った側の理論で書かれている」ものであり、偏った方向からしか見てなかったことが多いんだなあ、と目からウロコ。幕末ものは、細かく変わる「敵」「味方」の区別が分かりにくく、敬遠してた部分もあったけど、これからは逆に細かく追ってみたいと思いました。良い本に出会いました。
読了日:4月1日 著者:星 亮一

読書メーター
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/04.Thu

2013年2月、3月に読んだ本たち

今日は午後に、例の映画の製作発表がありそうだ…ってことで、先に読書ネタ記事をUPしておきますね

仕事で、歴史本読まなきゃいけなくて、「八重の桜」に関連して、幕末の会津について書いた本から、と思ったら、星亮一さんの本がとても読みやすく、しばらくブームが続きそう。

星さんの書かれた「山川健次郎伝」を今読んでいますが、健次郎さんのステキなお人柄に惚れてしまいそうです…
秀才だったって点は別にしても(笑)、彼の清潔さ、人としての公正さは、涼くんなら絶対上手に表現できると思うので、後半の大河がますます楽しみになってきました!

大河の話もそろそろ色々書けそうな感じになってきましたが、とりあえずは読書メーターのまとめ、させてください

2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1907ページ
ナイス数:43ナイス

万能鑑定士Qの推理劇 I: 1 (角川文庫)万能鑑定士Qの推理劇 I: 1 (角川文庫)感想
人の死なない雑学ミステリー…ずっと気になってて、さてどこから読もう!と、とりあえず「1」とついてる一冊を買ったら、かなり最新に近いのに当たってしまったのですね。しかし、順番なんて関係なく、非常に面白かった。固有名詞の思い切りのよい使い方、莉子さんのキャラ、何もかもがツボ。さて、今度こそシリーズの最初から読み始めます。
読了日:3月25日 著者:松岡 圭祐
書店員あるある書店員あるある感想
分かりすぎるほど分かるネタの数々。実際働いてると、あんまり大変さを実感していないけど、こうやって文字にされると、結構過酷な現場だよなあ…と改めて(笑)。でも、今までやってきた仕事の中で、一番楽しいのも本当です。「問い合わせあるある」が一番切実に同感した。そもそも本ですらないものの問い合わせ(お客様は本だと言い張る)あるある〜!!
読了日:3月22日 著者:書店員あるある研究会
黒衣の女 ある亡霊の物語〔新装版〕 (ハヤカワ文庫NV)黒衣の女 ある亡霊の物語〔新装版〕 (ハヤカワ文庫NV)感想
映画を観てから読んだので、怖さは物足りなかった。でも、イギリスの田舎町の情景や、食事の様子などを想像するのが楽しかったです。怪異の原因については、さらっと触れられているからこそ逆に怖い。映画は続編の計画があるんだそうで、そっちも楽しみ。基本的にこの設定をベースにするところからは、離れないで欲しいな、と思います。犬のスパイダーの温かさにほっとしました。
読了日:3月21日 著者:スーザン・ヒル
「レ・ミゼラブル」百六景〈新装版〉 (文春文庫)「レ・ミゼラブル」百六景〈新装版〉 (文春文庫)感想
映画を観て、原作が気になって、ちらっと中を確認して「ムリかも…」→とりあえずこっち読もう…のパターンで大当たりでした。ある程度あらすじを知っているからこそ楽しめる部分もありますが、お話そのものの筋はもちろん、当時の社会情勢や市民の生活についての肉付けができるのが嬉しい。当時のパリの貧困の凄まじさ、その中で生まれる社会改革の芽をしっかり感じることができました。映画ではさらっと流されてしまっていた登場人物の心情に、詳しい分析が加えられて、映画のまたその先の感動を味わうことができた。版画も贅沢。良い本でした。
読了日:3月14日 著者:鹿島 茂
魔群の通過―天狗党叙事詩山田風太郎幕末小説集(全4巻) (ちくま文庫)魔群の通過―天狗党叙事詩山田風太郎幕末小説集(全4巻) (ちくま文庫)感想
舞台の原作と聞いて読んだ。あまりに凄惨、壮絶な内容に、面白かった、という感想は何か違うと思いつつ、やっぱり「面白かった」と言いたい。天狗党の予備知識がまるでない中読んだので、時々人間関係が理解できないところもあったけど、後半から一気に引き込まれて、最後は解説までじっくり読んだ。このラスト、結構好きだなあ・・・長塚さんの演出でどう変わるか、ますます楽しみになりました。
読了日:3月8日 著者:山田 風太郎
反逆とクリエイション―蜷川幸雄トークセッション反逆とクリエイション―蜷川幸雄トークセッション感想
蜷川さんの客観性に便乗して、読みながら蜷川さんの聞き手としての力を借り、各分野の第一人者の話を聞けるお得本。横尾さんと若桑さんの章が特に面白かった。芸術って深い。
読了日:3月1日 著者:蜷川 幸雄

読書メーター


2月の読書メーターは取得し忘れたので、読んだ本だけ、Amazonさんデータで並べときます。
2月も6冊読んだんだね(マンガ2冊含む、だけど)
月々あと1〜2冊ずつ上乗せできるように、時間の使い方を考えたい。
(なめこ収穫する時間を少し減らしたらいいんじゃないかとw)


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
(2007/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る


蜷川幸雄と「さいたまゴールド・シアター」の500日―平均年齢67歳の挑戦 (平凡社新書)蜷川幸雄と「さいたまゴールド・シアター」の500日―平均年齢67歳の挑戦 (平凡社新書)
(2007/11)
橋田 欣典、強瀬 亮子 他

商品詳細を見る


京都学を楽しむ 古都をめぐる33の講座京都学を楽しむ 古都をめぐる33の講座
(2010/07/15)
知恵の会(代表:糸井通浩)

商品詳細を見る


鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC)鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC)
(2011/05/23)
江口 夏実

商品詳細を見る


鬼灯の冷徹(2) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(2) (モーニングKC)
(2011/08/23)
江口 夏実

商品詳細を見る


怖いこわい京都、教えます怖いこわい京都、教えます
(2007/09)
入江 敦彦

商品詳細を見る
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/05.Tue

2013年1月に読んだ本たち

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1344ページ
ナイス数:49ナイス

祈りと怪物: ウィルヴィルの三姉妹祈りと怪物: ウィルヴィルの三姉妹感想
ケラ版観てから蜷川版観るまでの思い出し用に読みました。舞台観て、一つのお話を、別の芸術家がそれぞれに立体化すると、こんなにも違うのか!とびっくり。楽しかった。変わっていたところ、削られていたところが分かるのは戯曲読む醍醐味。お話的には、重厚でねちっこい文章で長い長い小説にしたら面白いかも、と思った。個人的には三姉妹のキャラクターが掴みにくかったので、彼女たちの内心をみっちり書いたものが読みたい。サイン本でした。
読了日:1月28日 著者:ケラリーノ サンドロヴィッチ
ペンブックス4 神社とは何か? お寺とは何か? (Pen BOOKS)ペンブックス4 神社とは何か? お寺とは何か? (Pen BOOKS)感想
今さら聞けない基本中の基本が一通り分かる本。まずはここから、自分の興味の広がる方向を見つけることができました。わたしの場合、古事記を読みたいという方向と、仏教の各宗派の違いについてもっと詳しく知りたいという方向。こうやって次の本探しのとっかかりをくれる本は勝手に良書だと思ってます。神職と僧侶の比較企画が特によかった。
読了日:1月28日 著者:ペン編集部
あなたの知らない京都・異界完全ガイド (別冊 歴史REAL )あなたの知らない京都・異界完全ガイド (別冊 歴史REAL )感想
京魔界のスタンダードに加えて、表観光のスタンダードにまつわる不思議が載ってるのが便利。珍皇寺、晴明神社、念仏寺、赤山禅院などなど、魔界の王道についても、詳しい逸話など結構載っていて、知っていても楽しめる。清水寺や金閣寺、南禅寺の不思議話はなかなか楽しい。最初に京全体の地図がついてるのも便利。文章も読みやすく、同じ逸話でも別のスポットだとちゃんと繰り返して説明してくれる(しかも2度目はちゃんと簡素になってる)。使える本、という印象。個人的には六道珍皇寺提供の内部写真が嬉しかった!遠方からだと六道まいりはなか
読了日:1月22日 著者:
きのこ文学大全 (平凡社新書)きのこ文学大全 (平凡社新書)
読了日:1月21日 著者:飯沢 耕太郎
京都魔界地図京都魔界地図感想
押さえるところは押さえてあるけど、綾辻さんの存在感は真ん中の短編のみ?若干文章が上滑りしてて、わかりにくい部分もあったけど、ざっと魔界の概要を掴むにはこれで充分か。もうちょっと綾辻さんの色を出してもよかったのではないかな。
読了日:1月21日 著者:綾辻 行人,京都魔界倶楽部
東の海神 西の滄海  十二国記 (新潮文庫)東の海神 西の滄海 十二国記 (新潮文庫)感想
国づくりのお話。一国の王になるとはどんなことか、上に立つものとは・・・現実の指導者たちに読ませたい(笑)尚隆のバカ殿疑惑からの鮮やかなキングっぷりにスカッとした。それでもやはり、「良き王」とは絶対的なものでなく、いつも暗黒の側に落ちていく危険と隣り合わせなのだということもよくわかった。いつもながら、最後は物語の壮大さに鳥肌〜涙目で終わった。次も楽しみ。
読了日:1月21日 著者:小野 不由美

読書メーター
本のおはなし | Comments(0)
2013/01/11.Fri

2012年に読んだ本のまとめ

今年も、去年1年に読んだ本のまとめページができました(読書メーターさんで)

読書メーター、とっても便利です
書店員の端くれとなった今、読んだ本の記録が残ってるのはとても助かります.
ホントはもっとちゃんと本棚分類して、職場でのいろんな場面で、適材適所に書名がパッと出る感じになれればサイコーなのですが、なんせ書店勤務2年目のペーペー・・・まーだまだ修行が足りません!

とにかく今年もじゃんじゃん読んで、サクサク記録して行きますので、本読むのがお好きな方、面白い本あったらぜひ教えてください。

ちなみに、わたしの好みは「ちょっと毒がある本」です。
苦手なのは恋愛モノですw


去年の読書メーターはこんな感じでした↓

2012年の読書メーター
読んだ本の数:81冊
読んだページ数:24634ページ
ナイス:723ナイス
感想・レビュー:68件
月間平均冊数:6.8冊
月間平均ページ:2053ページ


詳細はこちら→ななこさんの2012年に読んだ本まとめ(読書メーター)


去年読んだ本の中からベスト10を選ぶとしたら、、、(順位はつけられないのでピックアップだけ)

・「百年法」 山田宗樹
・「海賊と呼ばれた男」 百田尚樹
・「永遠の0」 百田尚樹
・「残穢」 小野不由美
・「ミレニアム・シリーズ」 スティーグ・ラーソン
・「非道に生きる」 園子温
・「オタクの息子に悩んでいます」 岡田斗司夫
・「月の影 影の海」(十二国記) 小野不由美
・「新島八重の維新」 安藤優一郎
・「ピンクとグレー」 加藤シゲアキ

昨年刊行された本だけじゃないので、今さら?なものも入ってますが、今年読んだものの中でパッと思い浮かぶ、印象に残った本たちがこの10冊です

どれも、これまで知らなかった世界や、新しい考え方を教えてくれた大切な本たち。
これだから読書はやめられなーい

今年も興味のおもむくまま、雑食でいろいろ読んで行きます

実は今5冊くらい平行して読んでいて、ワケの分からないことになってるんですが

そうそう、一昨年の目標だった「2011年の読書量を少しでも上回る」、
達成できてました

今年も、少しでも読書量増やすことが目標です!
具体的には、月平均を7冊以上に上げたいな、と思ってます
なんせ、仕事に直結しますんでね

読書メーター、細々と続けていきますので、万が一ご興味ある方いらしたら、今年もお付き合いいただけたら幸いです。
読書メーターのお気に入り登録も、お待ちしております

2012年12月に読んだ本のまとめは、続きに入れておきます。3冊だけですが
(;^_^A 、

今年もたくさんのよい本との出会いがありますように
みなさんにも、わたしにも(*´∀`)人(´∀`*)


>>続きを読む
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。