--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/28.Sun

ノイタミナ初心者ですが

フジテレビさんが木曜深夜に展開している「ノイタミナ」枠。
ノイタミナはAnimationを逆読みした造語で、アニメの常識を覆したいという願いが込められているとか。

従来のアニメオタだけに限らず、幅広い層にアニメを見てほしいという狙い、、、
ノイタミナ開始から5年たって、こんな下町のしがないミーハー中年女(not especially アニメオタ)にもガッチリその狙い浸透し始めましたぜ!
・・・と言いたいだけの記事ですが(*゚▽゚)ノ

のだめ辺りからその存在と名称は知っていたものの、実際に作品を見たいと思うところまではいたらず。
「東のエデン」あたりから、これは見ないと損なのでは?と薄ぼんやりと思い始め、昨年のTAF(00のイベントがあったやつ)で、「四畳半神話体系」と「さらい屋五葉」の画像&ストーリーをチラ見して、これは・・・好きかも!!!と覚醒し始めて、大好きな小説「屍鬼」がこの枠でアニメ化されると聞いて、
ついに!
ノイタミナデビューするに至った新人ななこです!!(なんつー大げさな・・

「屍鬼」については、前ブログやTwitterでもしつこく書いてますけど、小野不由美さんの小説、藤崎竜さんの漫画、そして今回のアニメも全部だいすきな、よーするに作品自体の大ファンですね
(〃ω〃)
ラフォーレ原宿で開催されている「屍鬼in LAFORET」も携帯カメラ片手に見に行っちゃいました(夏野のコーディネイトを見る時間がなかったので、たぶんまた行きます)
娘の付き添いとかじゃなくて、おばちゃん1人で「これ写真撮ってもいいですかっ!!(前のめり!!)」っていうのは結構珍しいと思うんですけど、そーでもないのかなヾ(;´▽`A``

こちらはコミック版↓
屍鬼 9 (ジャンプコミックス)屍鬼 9 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
藤崎 竜

商品詳細を見る


で、現在この「屍鬼」の前枠で放送されているのが、東村アキコさんの「海月姫」
コミック版↓
海月姫(1) (講談社コミックスキス)海月姫(1) (講談社コミックスキス)
(2009/03/13)
東村 アキコ

商品詳細を見る


これがまた面白くて!!
オタク女子と女装男子と中年童貞のメガネ男子が出て来るラブコメっていうの?
東村先生のテンションがなんだか波長が合うというか、なんというか。大好きなノリでして!石化とか!!
こんなに夢中になったアニメは、かなり久しぶりかもですリピート再生とかしちゃってますし

東村先生は「ママはテンパリスト」描いた方で、現在某アイドル雑誌に連載中のジャニ関連の漫画もこれまた秀逸でして~

チャットモンチーの主題歌もだいすきです~
願わくば尼~ずに入会して、天水館に住みたい(若手俳優/ジャニオタ枠で)

・・・と、ものすごい勢いで語り倒したい!のですが相手がいないorz・・というわけで、ブログで垂れ流させていただきました

要するに、こんなことならノイタミナもっと早く見とけばよかったなーってことですので、ちょっとでもアンテナが反応した方は、ぜひ見てみてくだされ
スポンサーサイト
漫画アニメのおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/19.Fri

「ゴースト もういちど抱きしめたい」を観ました

らしくない映画を観てきてしまいました(゚ー゚;A
(こちらはノベライズ版↓)

ゴースト もういちど抱きしめたい (集英社文庫)ゴースト もういちど抱きしめたい (集英社文庫)
(2010/10/20)
中園 ミホ:古林 実夏

商品詳細を見る


ママ友との絡みで、どうしてもこれを観なきゃならず、「ゴースト」はジェリー・ザッカー監督版のオリジナルでもう完結している作品だと思っているので、リメイクを観る理由はひとつもなかったのですが。。。

ま、一応大人ですからね
樹木希林さんを見に行くつもりで行ってきました。

感想は下からどうぞ
>>続きを読む
映画のおはなし | Comments(1) | Trackback(0)
2010/11/13.Sat

「蜷川幸雄の稽古場から」

「蜷川幸雄の稽古場から」

続けて2回読みました。
なんて言うか、お芝居を見る側の人間として、知りたいことがぜんぶ書いてある感じがしたから。

どうして自分がこんなにお芝居や、演者さんが好きなのかってことが、少しわかった気がします。
うまい説明はできないんですが…

「違う時間、違う環境(ともすれば違う性別)を生きる別人格に、体と心全体を使ってなりきる人間の姿」を見るのがとっても好きみたいです(我ながらヘンだなw)
他人になりきるという、もしかしたらとても不自然な作業の過程で、いろんなものを飲み込んだり、乗り越えていく姿を見るのが好きというか。

なんか、人生そのものって感じがして。

だから、芝居本体ももちろん好きだけど、こういうバックステージものはホント、たまりませんでした。

自分が生きるうえでのヒントもたくさんもらいました。

ちょっとした感想文は続きをどうぞ
まとまり悪く、しかもエラソーですが

>>続きを読む
本のおはなし | Comments(6) | Trackback(0)
2010/11/06.Sat

やっと読み始めます!

昨今の厳しい家庭内経済事情により、図書館で予約してたこの本。

蜷川幸雄の稽古場から (クルック)蜷川幸雄の稽古場から (クルック)
(2010/10/02)
蜷川幸雄

商品詳細を見る


手元に届いたので、今日から読み始めたいと思います。
涼くんのところを真っ先に読みたいのをなんとか我慢ですよ。

全体の流れの中での涼くんのポジションを感じたいので

楽しみ♪楽しみ♪
本のおはなし | Comments(1) | Trackback(0)
2010/11/04.Thu

「ムサシ」スクリーン上映

「ムサシ ロンドン・NYバージョン」のスクリーン上映のスケジュールがUPされていました
(↓作品情報のところから、予告動画も見られます)

Livespire「ムサシ」上映スケジュール

劇場はこれから追加されるみたいですね。なるべくまんべんなく、全国で上映されますように・・・

東京はちょうど冬休み時期ですが、横浜でもやるようなので、そちらの日程も待ってみます。
娘といっしょに行ってもいいけど、ちょっと難しいかな?
笑える部分も多いから、だいじょうぶかな



勝地涼くんのおはなし | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。