FC2ブログ
2011/03/08.Tue

「さよなら、アルマ」完全版 見ました

ようやく!!「さよなら、アルマ」完全版見ました。
12月版の感想もまだ上げてなかったので、
まとめてどーんと感想書きますよー_φ(・_・

万が一見てない方!ネタバレしてます!

>>続きを読む
勝地涼くんのおはなし | Comments(8) | Trackback(0)
2011/03/08.Tue

2月に読んだ本たち

2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1406ページ

更年期少女更年期少女
もう若くなく、ネットでオタ活してるわたしには、この本怖かった!最後の一行を読んだ後に、寒気がすう~~~っと背中を走って、なかなか消えなかった。ミステリーとしてはよくある系なのかもしれないけど、女性の怖さ、醜さをテーマにした小説としては、非常に面白かったです。女性であり続けることって、怖いんだなあ。。。
読了日:02月27日 著者:真梨 幸子
慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
殺人事件の捜査パートと、新興宗教のパートが、きれいに交互に語られて行って、最後は薄々気づいてたオチだったけど、背筋がすぅ~っと寒くなりました。時系列がオヤッてことは、解決しない部分も出てくるわけで…救いのない感じは嫌いじゃないですけど。新興宗教にはまって行く過程は、とってもリアルでした。
読了日:02月25日 著者:貫井 徳郎
京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ (知恵の森文庫)京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ (知恵の森文庫)
写真や資料が豊富で、京都の魔界っぷりがより現実的に迫ってくるところは好きです。六道珍皇寺の項で、井戸のことに触れてないのはなぜなんだろう、という素朴な疑問が残りました。
読了日:02月22日 著者:小松 和彦
ルームメイト (中公文庫)ルームメイト (中公文庫)
話題の本なのに、ひっそりと図書館の書架に置いてあったので、これも縁!と借りて読みました。単純明快なストーリー展開に、でも何かが違う…と違和感を感じつつ、マイペースに読み進め、残り3分の1から一気に「こう来たか!!」とページを繰る手が止まらなくなりました。封印されたエンディングも方が好きですねー
読了日:02月10日 著者:今邑 彩

読書メーター
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/05.Sat

「Cinema Square vol.37」+1

(まだ)でんでんヲタにはなってない、ななこです
Twitterアイコンを、キラッキラのイケ涼くんに変えてみました。
(。・ω・)ノ どもども~。今日も元気ですよー。

「Cinema Square」買いました
こんなにたくさんページ数あると思わなかったから、ビックリしました。
シネスクさんには、昔っから推されてる気がするのはわたしだけ?!
(「Cinema☆Cinema」さんは、阪急電車はヒロインフォーカスでの記事でした)

それにしても、長め金髪がこんなに自分のツボに入るとは…
顔立ちのキレイさが映えるんでしょうね。
しばらくこのままでよかったのに、フォロワーさんに教えてもらったうえだけんくんブログによりますと、もう戻ってるみたいですねー。

新しいお仕事で必要だったんでしょうねー。
ま、それについては、またゆっくりUPするとして、とりあえずはシネスクさんです。

せっかくの貴重な金髪なので、帽子はなくてもよかですよー!!!
いや、メインの写真の方をNO帽子で、小さい写真の方を帽子で…でもよかったですけど、文句は言いません
ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

好きな写真は、4ページ目下段の、斜め上を見上げる帽子なしショットですねー。
好きな人全般に、斜め横顔が大好物なので。
金髪が映えるショットなので、もうちょっとデカめに…
ああやっぱり、軽く文句っぽく…(⌒-⌒;

記事内容もよかったです
ラブシーンは美月ちゃんの方がドーンと構えてたってw
キャット・ストリートの二人はホントにきゅんきゅんで可愛かったですから、今度も大丈夫と最初から安心してますよ、観る方も。

台本にギャグっぽい部分があって……そこの方がわたしも心配です~。
最近の涼くんのコメディ演技は、他を喰っちゃう勢いがありますからね。
監督さんとどう話し合って、どんなシーンになったのか…
ううう、早く観たいジャン!

で、ハマってるもの=サバゲーって!
君がやると、リアル特殊工作員になっちゃいますから!
その様子をハンディカム撮影してくれたら、DVD買いますけど、なにか?w
Jチームとの交流はないんでしょうか\(^o^)/?

で、3月4日朝日新聞夕刊の、別刷り特集。
「小川の辺」の全面広告出てました。
完全にシニア層を意識した広告になってました。
最近は、時代劇が勢いがあって、制作数も増えてるらしいのですが、全部が当たるわけではないから、シニア層には確実に観てもらわないといけないので、ヒガシ、今旬の愛之助さん、アカデミー候補になった菊池さん、なんか知らんが若いの…でいいんじゃないでしょうか。
チャラチャラしたイケメン俳優でなくて、よかったんですね。
ここでジャニバーターなんか入ったら、観に来なくなっちゃう大人がたくさんいますから。

とりあえず、藤沢周平好きの両親が、この映画に興味を持つかどうか、影ながらウォッチしたいと思います(わたしの好きな俳優さん出てるから観て観てー!的な押し売りは自粛)
勝地涼くんのおはなし | Comments(8) | Trackback(0)
2011/03/03.Thu

ブラックでんでん

この人です、この人!

映画のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/03.Thu

「冷たい熱帯魚」

園子温監督の「冷たい熱帯魚」を観てきました!

いやあ…とにかく。
すごかったです。
グロかったけど。
でも、ものすごく見応えのある作品でした。
これ観ないままロードショー終わってたら、とんだ大損するとこだった。

観た人と感想を語り合いたい!
でも、わたしの周りに、この映画を観そうな人は皆無ですな…
まっ、当然です。
R-18指定ですし、イケメンはゼロですし。
ママ友なんかに勧めたら、影口叩かれて村八分にあいそうw
鑑賞後のランチ会は、まずムリでしょうしねー!

だけどわたしは、どーっしても観たかったんです、、、、

ブラックでんでんが←

意を決して観るまでに、だいぶ時間がかかっちゃいましたが、観てよかった。
2011年、まだ5本しか映画館で観てませんが、現在ぶっちぎりトップの今年のベストムービーです。

涼くんファンの方で、この作品を観る方は少ないと思いますが、一応完全ネタバレ注意!とさせていただきます。

続きは下からどうぞー(´∀`)ノ 
>>続きを読む
映画のおはなし | Comments(4) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »