--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/27.Fri

「GANTZ PERFECT ANSWER」

「GANTZ PERFECT ANSWER」観てきましたー。
一作目は、原作に沿って作られてましたが、二作目は映画オリジナルの展開になると聞いて、
原作ファンとしては若干テンションが低下

ほとんど期待せず、綾野くんと水沢奈子ちゃんだけを目当てに、観に行ってきました。
が、意外や意外、けっこう面白かったですー。
PERFECT ANSWERって言う割に、あんまり答えになってないという噂を聞いてたのですが、
確かにGANTZの謎の答えはほとんど明らかにならず。

ANSWERっていうのは、玄野の出した「答え」のことなのねー

・・・と、一応納得して帰ってきました。

ちょいちょいネタバレしてる感想メモっときます。
原作と違うと最初から分かっていたので、なるべく原作のことは頭から追い出して、素直にひとつの映画として観るようにしましたが、それがよかったのかもしれない。
原作の設定だけを借りて、お話としてはまったく別物でした。

黒服星人のリーダー役で、綾野剛くんが出てるのですが、これがむちゃくちゃよかったです!
(この黒服星人って、原作のバンパイアですよね)
やっぱり綾野くんのあの独特の外見は、役者として得ですね~。存在感すごかったです。
星人なので、どこか「人間じゃない感じ」が必要なんですけど、手足が細くて長いから、すごく星人っぽくてー。グネグネした動きを作るために、腰を柔らかくする矯正を受けたとか(本人談)
どこからがCGか分からない、人間離れした動きを見せてくれてました。
綾野くんがやられちゃった時には、心底ガッカリ!!もっと出て欲しかった~!
玄野には悪いが、最後まで復活を期待してしまいました

その黒服星人の一人で出演している、フォスター所属の水沢奈子ちゃんも素晴らしかったです。
まさに体当たりのアクションで、ゴーゴー夕張時の栗山千明ちゃんを彷彿とさせるインパクトでした。フォスターさんとこの俳優さんって、やっぱりどこかキラッと光るんですよね。

他にも、復活した西きゅん役の本郷奏多くんがやっぱりサイコーだったり、レイカと和泉を組み合わせたような役で、伊藤歩ちゃんが出てたり、白夜行で注目した緑友利恵ちゃんとか、もっちろん山田の孝之くんもいい味出してましたよ~。

ニノと松ケンは、そりゃ大活躍ですが、松ケンVS松ケンのシーンが特に見応えありました。
本物の加藤と偽加藤の演じ分けもさすが。偽の時は、どことなく血が通ってない感じが。
パート1と同時に撮ってたなんて、ホントにすごいの一言です。

今回は、フルCGの星人が出てこず、対人間(or人間型)の戦いなので、生身のアクション・シーンがすごかったです。
地下鉄での戦闘と、偽加藤との商店街~表通りでの戦闘は、ハリウッド映画級の作り込みで、
日本映画で(しかもアイドル出演で)こんなに本格的なアクション・シーンは初めて見たかも?!
ニノもがんばってましたねー
ただ、たえちゃんを背負って、住宅街の屋根を飛び移って行くシーンは、
もろCGなのがバレバレで、ちょっとトーンダウン。。。
飛び移るスピードが微妙に速いのかな?一昔前のCGって感じがしてしまった><。。。

個人的には、たえちゃんとニノのラブ部分のストーリーは、あんまり乗れなかったなー。
これから付き合う設定じゃなくて、もうラブラブ状態になってからのあの展開の方が、好みかも。
特に気になったのは、最後の観覧車の電光文字
まあ、あれは玄野の状態がああだから、仕方ないんでしょうが。。。
駅ホームでの、吉高ちゃんの喪失感を滲ませた演技がよくて、せっかくちょっと感動しそうだったのに、あの電光メッセージで我に返っちゃいました~^^;
何文字いくらとかで頼んだのかなー?なんてw(下世話ですいません)
恋愛モノを正しく嗜む風情がない、わたしの方の問題だと思いますが。

最後の結末のつけ方は、映画GANTZの終わり方としては、まあアリかと。
GANTZしっかりしろよ、と思いましたが。
ガンツ玉自体は存続していくんだから、また同じ人が転送されちゃったら、
玄野の自己犠牲は意味なし?
西くんなんて、絶対また招集されそうだしw

パート2は、序盤からミッションもいくつか省略されちゃってましたし、「途中略」な感じが否めなかったので、いっそのこと3部作にして、あの結末だったらもっと感動したかもなー。
その場合、電光メッセージはナシで(笑)

地下鉄シーンや街中の戦闘シーンは何度でも見たい大迫力シーンでしたし、
好きな俳優さんたちがみんな輝いてたので、結果的には二重丸!
下手したらパート1より好きかも?!
観に行ってよかったです。


以上、「GANTZ PERFECT ANSWER」の感想でした(^-^)/
関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。