--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/05.Sun

「八日目の蝉」

「八日目の蝉」観てきました。
原作はいろんな方から薦められて読み、ドラマ版は見てません。
角田さんのいじわるな目線が好きなので、映画は泣く!と聞いていたけど、どこがどう泣くんだろう?と興味津々で観てきたんですが、、、

まんまと泣きました(笑)
ほぼ号泣です。

子どもをさらう話なのに、なんでかなー、おかしいなーと思いつつ、
わたしなりに感じたことを書きますと・・・・
ネタバレ、特に避けてませんのでご注意を
不倫相手が出勤の数分間家を留守にしてる間に、赤ちゃんを誘拐する…?どっかで聞いたことあるような?
と思ってたんですけど、いわゆる「日野不倫OL放火事件」がベースなんですかね。
原作では、妻が不倫相手に言ったセリフだとか、明らかにこの実際の事件とかぶってると思われるシチュエーションが多々あり、ゾゾッとしながら読みました。

原作本を読んだときは、赤ちゃんを誘拐する方の希和子にも、取り返した娘を持て余す母、恵津子にも感情移入できず、どちらかというと、父の愛人に誘拐されるという特異な過去を持ちながら、自らも既婚者の子どもを宿してしまう恵理菜に、感情を沿わせるようにして読んでいったものです。

で、映画版です。
愛人・希和子が永作さん、妻・恵津子は森口瑤子さん、誘拐される子ども・薫/恵理菜は井上真央ちゃん。
希和子の不倫相手で、恵津子の夫を、田中哲司さん。
恵理菜の既婚の交際相手、岸田さんに、劇団ひとり。
恵理菜と一緒に過去を旅していく幼馴染、千草役に小池栄子ちゃん。
久美ちゃんに、市川実和子ちゃん、エンジェルさんに、余貴美子さん。

原作を読んだ方ならわかると思うんですが、どうです!
この完璧なキャスティング!!!!
田中の哲っちゃんなんて、ぴったりすぎてどうしようかと思っちゃいました。
岸田さん=劇団ひとりも、もう笑うしかないくらいピッタリで(笑)
こんなにもキャスティングに違和感がない作品は、久々に観たような気がします。
各作品だいたい一人くらいは浮いてるキャストがいるのが普通ですもんね~

最初の最初から、全部のキャストが完全に出来上がった状態で出てくるので、世界観に入り込むとか、感情移入するとか、そういうプロセスを一切経ないで、いきなり感情を持っていかれます。

子どもを盗んだ女と、盗まれた女。
法廷での証言シーンから始まり、現在と過去が行ったりきたりしながら、恵理菜が盗まれてから希和子に育てられる過程と、成長した恵理菜が千草と再会し、自分の「正常ではない」過去と向き合っていく様子が描かれていきます。

井上真央ちゃんは、この映画で新境地を開いたって記事を読んでいたので、「どんなもんかねえ?」とちょっと意地悪目線で見ていたら、完全にしてやられました。
複雑な過去を背負ったゆえに、どこか冷めていて、自立しすぎている恵理菜。
ボーイッシュな服装で、汗水たらして懸命に働く寡黙な女の子。
キッズウォーのあの子が、、、花男の牧野つくしが、、、、もうすっかり大人でした。
ベッドシーンもよかったです。新境地、うん確かに。
こういう大人の感情を演じられる女優さんになったのね、、、それだけで母さんはうれしいよ
(キャラ憑依されてますw)

森口瑤子さん。
あまり話題になってませんが、この映画は、この人の素晴らしい演技があるからこそ、
単純に希和子の「母性」を美化・賞賛する内容にならなかったんではないか、と思いました。
後半の小豆島でのシーンで、どんなに希和子と薫の生活が美しく明るく描かれようと、産んでまもない赤ん坊を盗まれた母親の、失われた時間を取り戻したい、というほとんど狂気じみた焦りを、森口さんが怖いくらいに表現しているからこそ、希和子の罪がちゃんと浮き彫りになっていた気がする。
(ただ、やっぱりカレーはぶちまけて欲しかったな)(笑)

で、永作さんの希和子。
この希和子は、自分の罪の重さを心から理解してる人だったと思います。
だけども薫との時間をどうしても手離せない。
それはもう、本妻への復讐とか、子どもへの執着とか、一般的な理屈で説明できる感情を超えた
「母性」としか言いようのない原始的な衝動で、誰よりも薫のことを考え、一緒にいたいと願い、その生活を守りたいと必死で働く。
けれど、二人の間にどんなに優美で甘い「親子」の時間が流れようとも、他でもない希和子のせいで、宮田薫という名の子どもはこの世には存在できない。
住民票も戸籍もないから小学校にも入学できない。
こんなに愛に溢れた母娘関係なのに、どうしてこのまま幸せになれない?
その理由を、永作さんの希和子がとてもよく分かっているということが、
こんなにわたしが希和子に感情移入できた原因かな。
原作読んだ時は、勝手だなって印象も強かったから。

永作さんの表情にセリフに動きに、希和子の複雑な感情がめいっぱい、満タンに溜まった状態で最後まで行くので、観ている側の方も何かが溢れるみたいに涙がこぼれてしまう。

最後に薫と別れるシーンは、日本映画史に残る名シーンなんじゃないか?
あそこで泣かない人がいるんだろうか?と思うくらい、永作さんのお芝居に全感情揺さぶられました。
ああ、今思い出しても泣いてしまう~w

映画版の「八日目の蝉」は、永作さんを筆頭に、素晴らしい役者さんたちの演技で、単純に「母性」を美化するだけの作品にならなかったのが、原作より感情移入しやすかった理由かな。
「家族」とか「親子」というものを、
ただどうしようもなくそこにある、重苦しく、ときどき愛おしい何か
と描くのは、原作者の角田光代さんの基本スタンスだと思っているので、そこが上手く表現出来ていたのは嬉しかったです。
テレビドラマ版は見ていないのですが、評判はまあまあですね。
親友B子に録画してもらってるので、近々見てみます。

あ、書き忘れるところだった!
(だいすきな)小池栄子ちゃん!!!
観るまでは、原作の千草のイメージと小池栄子ちゃんがリンクしなくて、半信半疑で観たのですが、やっぱりこの人は間違いない!
分かりやすい役作りはしてましたが、とても印象に残りました。
これからがますます楽しみ!

以上、「八日目の蝉」の感想でした。
関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。