--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/30.Thu

初心者によるアカドクロ一考

遅ればせながら、初めて観た「髑髏城の七人~アカドクロ」(ゲキ×シネ版)のちょっとした感想と、勝地版兵庫役への期待やら妄想やらを書き散らしにやって参りました

わたしにとって新感線の舞台は、『涼くんが出る演目を観る』が基本スタンスです。
ホントはあれだってこれだって観たいけど、新感線のチケットは高い!
そして簡単には取れない
ゆえに、本気出してチケットを取るのは、涼くん出演時のみ、ということにしてます。
つまり、これまで観たことのある新感線の舞台は「犬顔家」と「蜉蝣峠」のみ。
新感線ファンの方から見たら、エライひよっこですよね~(^^;; 自覚してます、ハイ。
新感線のみならず、
舞台自体、ほぼ涼くんが出るものしか見ないという偽舞台ファンですバレちゃったーひゃっはー\(^o^)/


そんなわけで、涼くんが「髑髏城の七人」に出演すると決まった時から(いや、それ以前の噂の段階から)、この歴史ある舞台の内容を全然知らないことに一抹の不安を覚えていたのでした。
だって、役名も漢字だらけで、新感線ファンの皆さんの配役についての会話が、
すべて漢文に見えるくらい、ちんぷんかんぷんでしたからねーw
だいたい役名の読み方すら、一つも分からなかったんすから(滝汗

というわけで、これから書くのは、髑髏城の知識がほとんどない人が初めて観た髑髏城(しかもアカドクロのみ)の感想ということになり、相当マヌケな作文になる臭いがプンプンします。

逆に、わたしと同じくらいの前知識の方には、ほんのりとお役に立てる部分がある…かも?!

大きなネタバレは避けてますが、まっさらな状態で涼くんの兵庫を観たい!!って方は、
続きを読むと後悔する恐れがあるのでご注意をば…

まず、自分用にアカドクロと今回のワカドクロ、主要な配役を整理してみました。

                 アカドクロ版                   ワカドクロ

捨之介              古田新太                      小栗旬
天魔王              古田新太(二役)        森山未來
無界屋蘭兵衛    水野美紀                     早乙女太一
沙霧                  佐藤仁美                     仲里依紗
極楽太夫           坂井真紀                    小池栄子
兵庫                  橋本じゅん                 勝地涼
贋鉄斎               梶原善                       靍田聖子      

わたしが調べた限り、キャストの入れ替わりは結構あるけれど、1990年の初演から兵庫役はずっと橋本じゅんさんが演っておられる。
涼くんがプレッシャー感じるワケが分かりました。
そして、涼くんが今回兵庫役を任されたワケも。

アカドクロの兵庫は、とにかく常に動いてる印象でした。
元お百姓さんの設定なので、泥臭く、無骨でもありマヌケでもあり。
走る飛び上がるひっくり返る踊る叫ぶ笑う泣く怒る恋焦がれる…
うん、極楽太夫が好きで好きでたまらない描写も結構あります。

すごく動的なキャラなんですけど、劇中一番シリアスな場面を作るのも、もしかしたら兵庫です。
「笑い」「シリアス」
涼くんがこれまで培ってきたものが、凝縮されてるような役だなー♪(´ε` )と
ファン的に都合のい~いよう~に解釈しました←コレ基本

ここ最近の涼くんのコメディ演技を見てると、体全体と細かいパーツの両方を使って、なんとも言えない可笑しい動きを作ったり、頭のテッペンから素っ頓狂な声出して場を持っていったり、
複雑な動きやセリフ回しを、よくもそこまでくるくると、軽々と操るものよのう…(ΦωΦ+)ホホゥ....
と、感心してしまいます。

そこに、涼くんの元々の得意技であるシリアス演技の、胸にググッと迫るような感情表現が加われば、(少なくとも理論上は)完璧な兵庫が演じられるはず!!!
………と、いのうえさん、中島さんが考えたかどうかは、まったくもって不明ですがw

とにかく、アカドクロを観て、涼くんに兵庫役が来たワケがなんとなく分かった。
じゅんさんを超えられるとは思わないけど、涼くんなりの、古くからのドクロファンの方をも納得させられる新しい兵庫を作れれば、俳優としての段階がまた一つ確実に上がる…
そんなことを思う月影千草、もとい、ただのしがないナナコでございます。

アカドクロを観て、他にもワケが分かったことがいくつか。
蘭兵衛に早乙女太一くんがキャスティングされたワケ(=殺陣)
贋鉄斎が聖子さんで皆さんがビックリしていたワケ(=性転換)
涼くんが三五を演りたいと言ったワケ(=似合うw)

唯一分からんのは、捨之介と天魔王を二人の役者さんに分けたワケ。
そこに中島さんが書きたい、新しいドクロがあるんだろうなーっと思うんですけどね。

舞台そのものは、戦国時代のお話でした(それすら知らなかったw)
歴史上の有名人物も絡まりながら、新しい時代への移り変わりを生きた人々の話、とわたしは受け取った。
手に汗握るエンタメ性たっぷりのスペクタクルに、しょーもないギャグ(誉め言葉)やら小芝居やら挟まってて、
THE☆新☆感☆線!!って感じのお芝居でした。
とにかく古田さんが鳥肌立つほどカッコよく、これを旬くん森山くんがそれぞれ演じ分けるのかと思うと、想像だけで鼻血ブー!!(いや、大げさじゃないです)

大好きな小池栄子ちゃんの極楽太夫も、めちゃくちゃ楽しみ!
坂井真紀ちゃんの極楽は、なんとなくボーイッシュでやんちゃな感じだったけど、栄子ちゃんはどんな風に作ってくるんだろー???
「20世紀少年」の高須や、「八日目の蝉」のマロンちゃんのように、ハッとさせられるようなお芝居を見せてもらいたい!何よりお色気ムンムンで来てほっすぃ~~っ!!
(中身はオヤジなので気になさらずにw)

たぶん何回でも観たくなっちゃうんだろうけど、今のところ手に入ったチケットは一枚ですorz
ギリギリまで頑張って二枚目取りたいですが、
今からすでにゲキ×シネやDVDで観る段階まで先取って楽しみ!!
という前のめりでうっとおしい期待を
笑顔でキャスト・スタッフの皆さんの肩に載せてきたい(怖くないよ~怖くな~いwww

そんな作品でした「髑髏城の七人」(とりあえずアカドクロ)

機会があったら、アオドクロも観てみたーい!
関連記事
スポンサーサイト
舞台のおはなし | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
いやあ、アカドクロ見たいなあ。
私はなぜかアオドクロしか見たことがないんですよね。
アオドクロの兵庫は佐藤アツヒロさんなわけで
過去の実績からアレも出てきたりするんですけど

刀の殺陣がない…

今回はどんなドクロに仕上がってるのですかね?
あと1ヶ月と少し。
涼くんにはバテずにガンバって走り切ってもらいたいものです。
Re: タイトルなし
>NONOさん

アカ観たら、アオドクロすごく観たくなりました~!!
アオには兵庫って役名がなかったので、「ん?」と思っていたんですが、アツヒロくんだったのですねー。
アカも、刀の殺陣はなかったような…orz

涼くんがそこを期待してることは中島さんもご承知だから、そこをどう書いてくれてるか、楽しみですね~。

小栗道場で鍛えてもらって、一番体力が必要なこの役を、最後までがんばって欲しいですね。
大阪組からのネタバレ、楽しみにしてま~す♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。