--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/08.Thu

「髑髏城の七人」観劇レポ(9/8マチネ)

前回の記事で書いた、前日予約を今日窓口で引き換えたら、
なななななななんとっ!!!

最前列のチケットになって戻ってまいりました。。。。


(゜ロ゜)ギョェ

アワアワアワして、窓口のお姉さんに12500円渡すはずが、
30000円握らせてました。
動揺って怖いです。

つまり、前日の電話予約をいつものようにかけて、
それがたまたま10分くらいで繋がって、
その番号で引き換えたらたまたま最前列が来た、というシンプルな流れでございます。

同じ方法で何度も玉砕してますので、今回はなんか運気の周波が来てたんだと思う
(わたしの場合、たぶん旬くんから流れて来る運気です)

・・・・というわけで、最前列の衝撃に動揺したまま、
全然頭の中が整理できてないのですが、
今日見たこと感じたことを、そのまま書きます~
あんまり見直してないです~

まとまりなくて読みくいところ、
ネタバレしてるところもあると思いますので、ご注意を~

あ、あといつもの事ですが、長いのと若干変態入ってます


席は最前列の下手端だったのですが、舞台近っ!!!

役者さんが持ち道具を振り回すと、思わず避ける動作をしてしまう近さ。。。
ほとんどの役者さんが、わたしの目の前でお芝居をするので、
どこを見ていいやら分からない状態。。。

こんなに近い席は初めてで、心拍数は上がるわ、呼吸は乱れるわ、手は震えるわ、
始まって数十分は、極度の緊迫状態でまさにあちらの世界に半分足突っ込んだような状態ですわ

座ってる位置から舞台縁まで1.5mくらい?
舞台を上に見上げるような格好になりますので、全体は見えません。

ストーリーを全然知らないでこの席で観たら、よく分からなかったかもしれません。
舞台全体を楽しむというより、間近で演技する役者さんを堪能する席でした(つまりわたし向き)

一応アカドクロをゲキシネで観て、小説版も読んでたのですが、
それでも「???」となる部分もあったくらい。
出演者が多いシーンだと中央に誰がいるのか見えませんし(⌒_⌒;

そのかわり、役者さんの汗や肌つや、細かい表情、マイクに入らない声、
呼吸の入り方も全部分かっちゃいますグヘヘ←
黒子さんも見えちゃいますし、大道具移動してるのも見えちゃいます。
舞台袖も見えちゃいます。

個別の感想は後で書くとして、
近かったからこその臨場感もあるかもしれませんが、
若手客演はとにかくみんな「空恐ろしい才能の固まり」にしか見えなかったです。

とにかくみなさん、すばらしいのは目!!!
近いから、もしかして目が合っちゃうかも(((( *ノノ) キャー
なんてバカな事を考えてましたが、
もうね、みんな映像の時とは目の強さが違う!!
役者さん同士の目線のぶつかり合いもすごかったです。
役になりきって、舞台の世界に入り切ってて、「役柄を生きている」から、
客席を見てるようで、見てない感じがツボった~
脳内勝手に「ガラスの仮面」状態ですよ~
自分が美内先生の描く観客キャラになってましたよ~(危険)

それぞれの若い才能から生み出される、
ものすごい熱風のうねりみたいなものを感じました。
なるほど、これがワカドクロ!!!
2幕途中からはもう、涙が出て涙が出て、、、なんか、感動して。
いや、感動を超えた何かが溢れて溢れて、

このお芝居見られてよかったよーよかったよーって
心の中でずっと演劇の神様に感謝してました

一人ずつの感想を簡単に書きますと、

☆旬くんの捨之介

大阪公演の時は、殺陣が遅いとか存在感が薄いとか、そういう感想を割と多く見かけたので、
ちょっとだけ心配だったんですが、
ぜーーーんぜんっ!!!
めっちゃくちゃカッコよかったし、殺陣も迫力満点ですばらしかったです~。
大声出すところの安定感ハンパないし。
(確かに普通のトーンのセリフは若干聞き取りにくかった部分もあったけど)

2幕は特に、感情がほとばしるような表情、声の吐き方にも気迫が漂ってて、どうして色々言われるのか、正直分かりませんでした。前半のひょうひょうとした優男もハマってたけど、後半、すっごくギラギラしてて、怖いくらいの感情の渦みたいなのを感じる場面もあったし。

期待(?)の裾チラは、チラどころの騒ぎじゃなーーい!!
ほぼ全開の場面もたくさんあって、「これ、見ていいのか」状態。。。
厳密な小栗ファンがあの位置で観劇したら、間違いなく石化でしょう
|ー ̄) ニヤッ
ガンガン見せてるくせに、腰の合わせ部分をちょいって直したりして、
「逆焦らしプレイかー!!」って突っ込みたくなっちゃいましたよ、もう(笑)

ちなみに、旬くんは手もすごくキレイでした~。なんつーかツヤツヤしてた。

☆森山くんの天魔王

森山くんの演技をちゃんと見たのって、モテキの藤くんだけだったりするので、
ひゃ~、あれと同一人物?!という、ギャップ萌えの危険な罠状態
天魔王は、気の小さい小悪党で、カリスマでたくさんの家来を従えるというよりは、
キレたら何するか分かんないから、みんなが従ってる感じのキャラ?
キレ方が威圧的な怖さじゃなくて、電波系の怖さで、
森山くんの表情がこれヤバイぞ~って匂いをプンプンさせてました。
ああ、あの藤くんが・・・・

モテキを数話見ただけで、「森山くんて天才なんだ!」って感じてしまったけれど、
森山天魔王見たら、森山くん天才説がゆるぎないものになりました。わたしの中で。
衣装が空気にどう舞うかまで知り尽くした動きに、圧倒されました。
完敗ですわorz


☆早乙女くんの蘭兵衛

早乙女くんの舞台を観るのは初めてだったのですが、なるほどね~~~~
いるだけで空気が変わるというのは分かるわ~ウンウン。
まず動きのひとつひとつに自信が溢れている。
劇場の空気に、不安なんか何一つ感じてないような、ちょっと浮き世離れした感じがよかったです。
目の表情もとてもしっかりしていて、セリフもよかったですよ。
2幕の蘭が切なくて、早乙女くんの悲痛な声が胸に痛かった~!
森山くんとの殺陣シーンは、噂には聞いていたけど、もう完全なる芸術!!
お互いがお互いの能力を信頼し合ってる役者同士の、技と技のぶつかり合いって感じで、
息が止まりそうでした。これは何度でも見たい!(あと3回は見ますが)

☆涼くんの兵庫

もうねええええええ、、、なんであんなにバカかわいいの。。。
今までの涼くんのテンション高いおバカ演技の中で、最高レベルの安定感でした。
声もすっごく安定してたし、アニキとして自信持って堂々としてるのが分かったし。
じゅんさんの兵庫と通じるところも結構感じた。
体型が似てるのかしら。。。手足の長さとか(爆)

いつも思うんですけど、涼くんて汗かいても動いて髪が乱れても、
なんであんなにキレイなの~~~???
教えて偉い人!

涼くんについては、また改めて記事書きます~
収まり切らない~この想い~( ゜∀゜ ) ♪
(↑最近はやりの「兵庫病」です)(ちなみに伝染します)

☆小池栄子ちゃんの極楽大夫

色っぺーー!!!
もともと大好きな女優さんなので、間近でお芝居を観られて感動しました。
声もステキだし、なにより目のキラキラがすごかった!!!
ウルウル目って言うの?なんか光線出てたかもしれない。
栄子ちゃんのお嫁さんになってもいい!!!って思ったくらいだよ(笑)
動きもキレがあって素早くて、殺陣も見事でした。
ますます大好きになったー

☆仲里依紗ちゃんの沙霧

大阪では、声を心配されてたけど、今日の沙霧はほどよい枯れ具合だったように思う。
栄子ねーさんみたいに潤った声じゃなかったけど、ちょっと枯れ気味の方が沙霧のイメージ(個人比)
アカの佐藤仁美ちゃんもあんな感じだったような。
出番が思ったより少なかったのが残念でした。

☆高田聖子さんの贋鉄斎

もうね~、出て来るだけで拍手喝采。
聖子さんが出て、あー新感線だー!!ってやっと実感したってのも事実だから書いときます。

他にも右近さんとか粟根さんとか千葉さんとか書きたい人いっぱいいるんだけど、
時間切れなので、今日はここまで。

とにかく、すんばらしい舞台だったです。
そこだけは言いたい!

次回9月22日のマチネ観劇まで、ひとまずお休み(ホントに)

長々と読んでくださって、ありがとうございました☆
関連記事
スポンサーサイト
観劇・イベントレポ | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
また病人が!
日が経つと悪化するので注意して下さいね。
あー早くななこさんと兵庫について語りたい!
さすがです!
ななこさん、引きが強いですね~☆うらやましすぎです(^0^)/

がしかし…これはたぶんななこさんの日ごろの涼くんにかける思いが実を結んだこと。
努力の賜物ですね
なんだかいつも半ば諦めモードでハンパな情熱しか持たない私は反省しました…(._.)

しばらく余韻を楽しんでくださいね♪
同じくあきらめモードの私。ま、今回は物理的に無理なんだけども…。
みなさんの感想読むたびにジタバタしてます。
もう、本当に魂飛ばしたくなるほど観たい!!!

それにしても、最前列って…
うわ~変態にはもってこいの席ですね^^
捨て様のあの着流しの下はふんどしなのかな~?
見えました?大丈夫なのかな~?と、無駄な心配をしている私。

涼くんも相変わらず美しかったんですね?
そりゃ~石化しますよ~そんな至近距離で見たら…

あ~私も早く観たいです~~~
あと10日ほど、みなさんの情報から構築された脳内映像で我慢します。
Re: タイトルなし
> NONOさん

ぷぎゃー!!
ついに兵庫デビューしちゃいましたよ~!!

ただ、今思い返してみると、近すぎて圧倒されちゃって、
果たしてあのシーンの兵庫は何やってたんだろな?状態です。
これはちゃんと全体を見ないと!

ただ、兵庫が激カワイイってことだけは、脳裏に焼き付きました~
早くお会いして語り倒したい~~!!
Re: さすがです!
>まどかふぇさん

旬くんが絡むと、なぜか引きがいいんですよ~毎回(笑)
涼くんに対するアンテナは、常に3本立ってる状態なのが、自分でも怖いです。。
世の中の流行には残念なくらいウトいのに(;´・ω・`A ```

情熱は波がありますから、下がり気味のときは、こうやって上がってる人から情報拾えばよいのです~
(というわけで、わたしが下がったときはよろしくお願いしますw)

余韻、楽しみます。まどかふぇさんにも飛ばします!!(念で!w)


Re: タイトルなし
>はに丸さん

観劇は回数じゃないですよ~!!愛です愛!!!
はに丸さんは、行かれる回を大事に大事にすればよいのですヾ(o´∀`o)ノ
記憶の補完は、こうやってファン同士で話せばいいじゃないですか~~!!

> それにしても、最前列って…
> うわ~変態にはもってこいの席ですね^^
> 捨て様のあの着流しの下はふんどしなのかな~?

さすがはに丸さん、、、、そこを聞いてくださるとは!←待っていたw
中は、ふんどしではなくて、白のブリーフのようなものをお召しになってるんですけど、
捨様、あれは、隠す気ないですね。。。いやもう、全開で。
でも、もちろんその下に履いてるやつはガッチリガードされてて(以下自重

涼くんもキレイでしたよ~~~~!!
キレイなんてもんじゃない!!アホかわいい芸術品のようでした!!

はに丸さんとはご一緒の日の観劇でしたもんね。
いろいろ語りましょうね~~~ウフフ♪
ですね!?愛ですね!!!!
ホント、語り合いたいです!!!今すぐ!
(まだ観てないですが…)

捨て様の中はブリーフなんですね~
個人的には、せっかく見れるんなら中までこだわってほしかったな~
Re: タイトルなし
>はに丸さん

愛ですよ愛!!!
お会いできる日に語りましょー!!観劇前になっちゃいますが^ ^;

ブリーフ的なもので、いわゆる下着のブリーフとはちょっと違いましたね~
ただ、ふんどしよりはガードが固かったので、特注品?!
ちゃんと見えてもいいようにしてあるな~と思いましたよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。