--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/17.Sat

今週の情報整理:髑髏城関連(ほぼ自分用)

今週も髑髏城客演陣の情報いろいろと収集してますので、
まとめておきたいと思います。

Twitterでフォローしていただいてる方には、もう伝わってる話ばかりだと思いますが

無駄にダラダラ語ってますので、下にたたんでおきますね

★次回髑髏城登城は22日(木)マチネです
観劇後に、またレポりますよ~φ(`д´)カキカキ

15日発売、「別冊プラスアクト vol.5」を本屋さんで見てきました。


別冊+act. Vol.5 (2011)―CULTURE SEARCH MAGAZINE (ワニムックシリーズ173)別冊+act. Vol.5 (2011)―CULTURE SEARCH MAGAZINE (ワニムックシリーズ173)
(2011/09/15)
不明

商品詳細を見る

表紙は松潤。
真っ白ですが、松潤ったら松潤なの!!!(笑)

目当ては木俣冬さんの「髑髏城の七人」のレポです。
カラーで4P。写真は既出のもの(公式や新聞に出た田中亜紀さん撮影のやつ)

木俣さんの目線は相変わらず俳優中心で、涼くんのこともとても褒めていただいてたのですが、、、

この4ページに900円超えか~、と悩み中(´ε`;)ウーン…

ステージレポはどれか一誌は必ず欲しいのですが、
「演劇ぶっく」さんを待つかな~
どうしようかな~、という感じです

こちらも15日の朝日新聞夕刊に、旬くんの「髑髏城」関連のインタビュー記事が出ました。
WEBでも読めます↓

小栗 ひりひりする若さ(朝日新聞デジタル)

大阪の「否」の評判も、もちろん中島さんや旬くんには届いていて、
「でもこれが今描きたいもの」
「足りない部分が分かる」
と受け止めてるんですね~

自分が旬くんに大甘なのは自覚してますが、
この記事読んでますます好きになりました。
男女問わず、精神力の強い俳優さんが大好きです。

ちなみに、中島さんのアエラnet.での連載でも、髑髏城関連の話がちょくちょく出ていますので、ブックマークしておいて損はないと思います↓

中島かずき[電人N] (AERA-net.jp)


余談ですが、先日某カフェでオタ友相手に熱く旬くんの話を語っていたら、
なんと旬くん本人が数メートル先に!!!

捨之介仕様の草履はいてたのと、その数日前にXB列で足の甲やらすねやらガン見してきたばかりだったので、
割とすぐ気づきました。

言うまでもありませんが、とんでもなくスタイルがよくて、とんでもなくかっこよかったです。
わたしの近くに立った瞬間に「この人一般人じゃないな」ってオーラがバンバンと。
・・・とは言え、同行のオタ友はしばらく気づいてませんでしたが(;^ω^)
まあ、自分のダーリン以外は興味がない人なので(;^ω^)


昨日の夜放送された、森山未來くんがゲストの「A-Studio」も見ました。
森山くんの出演作って、セカチューもウォーターボーイズも見てないわたしには、
ちゃんと見たのはほぼ「モテキ」だけなので、
(小池栄子ちゃんに釘付けだった「20世紀少年」も出てたけど、出番少なかったし)
当然トーク番組で喋っている森山くんを見るのは初めて

「モテキ」の藤くんの役が「自分の生活に入ってくるのがイヤでイヤで」、「モテキ」の宣伝で取材がある時は敢えて藤くんファッションで行く(藤くんの話を森山未來として話したくないから)とか、藤くん役の撮影が終わるとすぐに金髪にしてしまうとか、なかなか面白いお話が聞けました。

そうなると、
天魔王vs森山未來はどうなんだろ?とか、
余計な心配をw

映画「モテキ」、早いうちに観に行きたいと思います~

で、その「モテキ」特集狙いで買った「TV Bros.」さんに、里依紗ちゃんの連載コラムがあったのですが、
髑髏城楽屋裏で、「早乙女くんがみんなのアイドル」という微笑ましいエピソードが書いてありました
やっぱりみんな早乙女くんが気になって仕方ないのね

実際のとこ、楽屋裏の雰囲気はどうなってるんだろう~?!
今からDVD発売が楽しみで仕方ありませ~ん!


関連記事
スポンサーサイト
舞台のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。