--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/09/20.Tue

「神様のカルテ」

最近、急に「櫻井くんLOVE」な娘にせがまれて、「神様のカルテ」を観てきました。

監督は「白夜行」の深川栄洋さん。脚本は「チーム・バチスタ」シリーズの後藤法子さん。
原作は読んでませんので、まっさらな状態で観てきたのですが、
とてもしっかりした良作でした

主演の櫻井くんは、ちょっぴり変人の栗原先生を熱演してましたが、櫻井くんはいい意味でも悪い意味でも背負うものが大きいのか、助演陣の固め方がハンパないです

ちょっと並べてみても、あおいちゃんはもちろんのこと、柄本明、池脇千鶴、加賀まりこ、要潤、西岡徳馬、吉瀬美智子、原田泰三、岡田義徳、でんでん、、、、

まあ、でんでんさんの登場シーンは数十秒です け ど ね !!!
( ̄ー ̄)ニヤ( ̄ー ̄)ニヤ

映画は、予備知識入れずに行くと「この人も!この人も出てる!」っていう楽しい発見がありますね。

多少のネタバレありの感想は下から

先日、同じく「生と死」がテーマの「監督失格」を観てきたばかりで、あんなに生々しいドキュメンタリーの後だとシラけちゃうかな~?と思ってたんですけど、杞憂に終わりましたね~

フィクションならではの「死」の見つめ方も「生」の賛美の仕方も、同じように自分に考えるきっかけをくれることに変わりはなかったです。

とっても丁寧な作りの映画で、ちょっとした小道具や、エキストラの役者さんにも細かく目が行き届いた良い作品だったのですが、難点をひとつ挙げるとすると、

「長い!!」

この題材で2時間超えは長過ぎる気が・・・・
まあ、大きなスクリーンで1分1秒でも長く、櫻井くんを見ていたい方には、大満足の長さだと思いますが
(;^ω^)

あおいちゃんと、御獄荘の住民の描写は、ちょっと単調なところもありましたし、
あおいちゃんだけCMのような、キレイにまとまりすぎた映像が多くて、栗原先生と切り離された感じがしたのは残念でしたね~。

栗原先生の医師の仕事の中でのドラマは、ほどよい緊迫感があって夢中になって観ていたのですが、栗原先生と奥さん(あおいちゃん)の夫婦愛の面は、思ったほど迫ってこなかったような。
あくまで個人感ですけど。

でも、「追い出し会」のときのバンザイするあおいちゃんは、
さすがの涙腺崩壊演技で、存在感たっぷりでしたけどね。

櫻井くんは、もともとの知的なイメージと、なで肩で背中の丸まった、アイドルとしては不利と思える背格好が、栗原先生そのものって感じでとても良かったのですが、セリフをもうちょっとがんばって欲しかったかなー。
特に栗原先生は自分のことを「わたし」って言うんですが、「わ」の入り方がちょっと違うかなーって思ってしまった(栗原先生のイメージじゃないってことです)(細かくてすみません)

でも、ナレーションの部分はとてもよかったです。いい声してますね。
(西岡さんには負けてましたが( ´,_ゝ`)フヒヒ)

「あんまり人から手を差し伸べたいと思われる女じゃないから」と、最初は出演を断ったという加賀まりこさんが、やはり最初からすべてを持っていった感もありました。

加賀さん出てきただけで、泣いてましたからね~(弱)
下血して、「ごめんなさいね」って言うとことか。

池脇千鶴ちゃんが、ナースの主任として納得の貫禄で出てきたことに時の流れを感じつつ…

もう少し時間短くしてくれれば、パート2も観に行ってもいいな。。。
パート2作って欲しいです。
娘も「長かったけど、面白かった」と言ってましたし、隣の女子中学生は大号泣してましたし。

よい映画でした。長かったけど(^ω^)

以上、「神様のカルテ」の感想でした。
関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。