--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/11.Tue

「髑髏城」2011 を振り返る

劇団☆新感線2011年夏興行「髑髏城の七人」は、
昨日(10/10)無事に千秋楽を迎えた模様です。
まずは、

公演が大成功のうちに終了したこと、心よりお祝い申し上げます
おめでとうございます!


そして、たくさんの感謝を。
ありがとうございます
こんなにすごい舞台を観られたこと、本当に幸せでした

昨日は、Twitterで終演後のみなさんのホヤホヤの感想を拾い読みしながら、パソコンの前で泣き笑いしておりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

劇場に行った方も、行かれずに情報収集してた方も、
みなさんお疲れさまでした~ヽ(・∀ ・)ノ
楽しかったですね☆

テンションの急上昇~急降下に耐えながら、でもやめられない情報検索の日々も、それはそれで結構疲れるものですよね、、、いや、好きでやってるからいいんですけど

昨日のTwitterでは、涼くんの様子もいろいろ入ってきたのですが、やはり実際その場にいないとここで書けることもない・・・ってことで、
(例によって、わたしのTwitterお気に入り欄にいくつかレポをストックさせていただいています)
今日は「髑髏城祭り・一人勝手に振り返り会」をしてみたいと思います。

髑髏城の七人」という作品について、改めて思ったことを、ダラダラと書いていきますんで、もしお付き合いくださる方がいらっしゃったら、サントラをBGMに、コーヒーでも淹れて、ささっどうぞ~↓

あ、ネタはバレバレですし、解釈はわたし特有のズレた目線からですので、合わない方もたくさんいらっしゃると思います。
なーにエラソーなこと言っちゃってんのバカだねー(´∇`)ケッサク、という楽しみ方もできますんで、お許しくださいまし
(我ながらなぜそこまで卑屈?!w)


髑髏城の七人
それは、名前にまつわる物語でもあったのかなー、、と思っています。

ー名前を変えて放浪する「地」の男、捨之介

天魔王を名乗ってこの世を掌握したい「人」の男。

ー蘭丸の名を捨てて、新しい人生を模索した蘭兵衛

沙霧はおみなを名乗って身を隠すし(もう一つ名前があるしね)、

兵庫は百姓時代の兵六をちょっとだけ改ざん(笑)

極楽太夫の本当の名前はりんどうだったし

贋鉄斎は死んだ夫の名を名乗る。

狸穴二郎衛門の名の裏には、さる偉いお侍さんが隠れている。

三五は鉄機兵に名前を覚えてもらえないし、礒平さんは名前を間違えられる。服部半蔵は秘密の名前を「ガツンとかましたれ!」と殿にハッパかけられる(笑)

「名前」というのが、中島さんの中で一種のキーワードだったのかどうなのか。
わたしのような勘違いド素人には、本当のところは分かりませんけど。

ただ、名前が一つじゃない登場人物がこんなにたくさんいることは、偶然じゃないと思うんです。

『自分自身が何者であるのかを決めるのは自分自身』ってことが、この舞台のメッセージの一つだったんじゃないかな、と感じています。

髑髏城自体も名を変えて、国の中心になっていくわけですし。

沙霧が捨之介のために作るという新しい城が、どんな名前でどこにできたのか、ちょっと知りたい気もします。

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

この春に、「髑髏城の七人 2011」に涼くんが出演することが発表された時から、約半年に渡ってこの舞台の情報を追いかけて来た中で、これまでの涼友さんたちとの交流はさらに深まり、たくさんの新しい出会いもありました。(お別れもありましたがorz)

ご一緒に盛り上がってくださった皆さんにも、感謝、感謝です。
こんな下町のオヤジ女に付き合ってくださって、本当にありがとうございました。

けれど、もしかするとわたしにとって一番大きかったことは、
髑髏城をきっかけに、10年ぶりの社会復帰を決めたことかもしれません。
髑髏城に予想以上に突っ込みすぎて、予算オーバーした分を自力で回収したい(笑)のと、
舞台の魔力に取り憑かれて、これまでは予算的な問題から、「涼くんの出るものだけを2回まで」と決めてた自分の観劇ルールを、自分の力で広げたいという気持ちが沸き上がってきたのと。


つーわけで、10月から細々とバイト始めてます
10年間主婦やってて、久々の仕事なので戸惑うことばかりで、しばらくは大変そうですが、これで自分の稼いだお金で自分の好きなものを観られる!ってウキウキする気持ちの方が勝ってる。
がんばりますっρ(′▽`o)ノ゙

あ、どさくさに紛れて私事の報告になってしまった(;´∀`)
すみません

7年後の2018年、もし「髑髏城」がまた再演されるとしたら、
旬くんは36才。森山くん34才。早乙女くん27才。
涼くんは32才。
里依紗ちゃん28才。小池栄子ちゃん37才。
(年齢計算間違ってたらごめんなさい)

まだ行けるでしょー!!
同じキャストでまた7年後、「髑髏城」が観たい、とアンケートにも書きました。
(キャストのシャッフル妄想はまた別の楽しみですが

もうワカドクロじゃないかもしれないけど、この素晴らしい俳優さんたちの、成熟した舞台姿を、また7年後に同じ演目で観ることができたら、なんかそれだけで人生半分以上満足しちゃう気がしてます。

(劇団員さんたちは当然がんばってくださる前提ですわ)

・・・・・でね、

ななこねえさんアンタ7年後は46才ですけど・・・・・


( ̄Д ̄ )


・・・・・


とにかく健康でいたい(弱っorz)

こんなわたしと仲良くしてくださる皆さん、いつも本当にありがとうございます!
7年後もまたご一緒に盛り上がれたら!
7年後「髑髏城」がなかったら、一緒にデモ行進してくださったら!←

2011年版「髑髏城の七人」、さよなら、ありがとう!

関連記事
スポンサーサイト
舞台 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
お疲れ様でした!
ほんと、お疲れ様でした!ってみんなで打ち上げしたいくらいです。
大阪からのパンデミック、兵庫病。
みんなやられちゃいましたね。
最後には髑髏病になった私。
始まる前は大阪5公演のはずが大阪終わった時点で7公演←兄貴!増えてます!
さらには全くの想定外の東京3公演…
←兄貴!増えてます!
(なぜ2度いう…)
病気ですね。
因みに25万人は大阪1週目からで初日あたりは22万人でした。
もう、どこに行っても会えない兵庫、どこに行っても登城できない髑髏城…
来年のゲキシネ祭りに期待です!
友達いっぱい連れてってロングラン上映してもらわないと!
ありがとうございました☆
ななこさん♪
ほんとに、ほんとにありがとうございました!!
めちゃくちゃ楽しくて幸せ~な東京髑髏でした。

始まる前は大阪3公演のはずが大阪終わった時点で4公演←兄貴!増えてます!
さらには全くの想定外の東京1公演… ←兄貴!増えてます!
↑↑
NONOさんのまねっこしてみた。

DVDが発売されたら、みんなでおんなじ時間に再生!!
あ~、全員でおんなじ時間に観て話せるなんて、
なんて贅沢!!w もりあがりましょう~~~~(^o^*)

ゲキシネ、完成披露あるかな~。
兵庫大阪にもきて~~~!!!!!
Re: お疲れ様でした!
>NONOさん

ほんとにねえ、、、役者でもスタッフでもないけど、打ち上げが必要なレベルまでハマってしまいましたね~。

> 始まる前は大阪5公演のはずが大阪終わった時点で7公演←兄貴!増えてます!
> さらには全くの想定外の東京3公演…
> ←兄貴!増えてます!

> (なぜ2度いう…)

順調に病気ですね^^
わたしもまだビョーキです。うなずくときは「御意!」笑い声は「にょほほ」です
(なぜか右近さんに一番ヤられてるw)

> 因みに25万人は大阪1週目からで初日あたりは22万人でした。

そっかー、増えたんですねw
今までこんなに初日から楽日まで細かく追いかけたお芝居は初めてです。
涼くんが出るからってだけで観てたお芝居が多かったんですね~反省。

ゲキシネもまた祭りやりましょ^^
イベントもあるでしょうし、前売り券は10枚くらい買っとけばいいかしらね~
娘と夫も連れてくつもりでいます!
夫、旬くん好きだし(笑)

今度お会いしたときは、とりあえず乾杯ですね~!
Re: ありがとうございました☆
> のぇさん

楽しかったですね~~♪♪
このお芝居がきっかけで、のぇさんとお知り合いになれてよかったです!
お芝居って人と人を繋ぐんですね~

> 始まる前は大阪3公演のはずが大阪終わった時点で4公演←兄貴!増えてます!
> さらには全くの想定外の東京1公演… ←兄貴!増えてます!

のぇさんもww
たぶんNONOさんとわたしとのぇさん揃ったら、3人芝居で「髑髏城」上演できちゃうんじゃないでしょうか。。。村人太一くんも、もう出来ちゃうしwww

DVD手に入ったら、みんなで実況会やりましょー!
そういうとき、ツイッター便利ですよね☆

ゲキシネも楽しみですね~。
また東京来ちゃってください!!お待ちしてますよ~ん(^o^)ノ

ではまた、いろんなところでよろしくお願いします!


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。