--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/13.Thu

「週刊文春」クドカン連載の話

髑髏城の余韻か~ら~の「UN-GO」初回放送ターン

いいですね。

とっても満たされた感じがします

公式サイトはここに来てじゃんじゃん更新されて、「因果日記」もあっという間に第5回まできてますっ!
なんなんですかーこれ。。。やたらかわいいんですけど(*´ω`)

涼くんもいいし、豊崎さんもかわいいですね。
女性が演じる美少年キャラ、、、、密かに一番期待してます!

「因果日記」で涼くんが超絶男前ボイスで笑わせてくれるのは、兵庫からのよい流れっ
ああ、早くゲキシネで「男 冥 利 に つ き る」ところが見たい!!
(↑まだまだ順調に兵庫病です)

アニメ雑誌にも、ちょこちょこ涼くんのインタビューが出てるのはチェックしてるのですが、なにしろアニメ方面は完全にアウェイなため、情報をどうここにアップすべきか、模索中。。。

とりあえず、涼くんの顔入りインタビューが出たものは最低でもまとめたい。
自分のためにも(;´∀`)

Twitterでも水島監督や、脚本の會川さんが周辺情報をいろいろとつぶやいてくださってます~。特に會川さんはUN-GO関係の情報をバンバン共有してくださるので、直接お二方のツイートを参照していただくのが早いかと思います(つまり自分でまとめることを放棄

さて、そんな大事なテレビアニメ初主演作初回放送日に、涼くんと縁の深いあの宮藤官九郎さんが、でっかい打ち上げ花火を上げてくださいました

本日発売「週刊文春 10月20日号」の宮藤さん連載コラム「いまなんつった?」のテーマが、

なんと!まるごと「勝地涼」でござんしたーああ!!!

わたくし、どこかの商店街のさびれた枯ホステス程度には、そこそこネタの情報収集をしてるんですが、おじさんの読む週刊誌も、文春、新潮、朝日、サンデー毎日あたりまではよくチェックしておるんですよ。

なかでも、文春さんとはそらもう長いお付き合いでー( ・∀・)ノういっす

クドカンの連載は、娘のかんぱちゃんの育児を綴った「俺だって子供だ!」時代から、割とリアルタイムで読んどるわけですよ(あとは、近田春夫さんの「考えるヒット」、辛酸なめ子さんの「ヨコモレ通信」、青木るえかさんの「テレビ健康診断」、中村うさぎさんの「さすらいの女王」も好きですし、今井舞さんの辛口ドラマ批評も好きですし、レストラン採点や映画評も結構信用してます)

(って、立派に愛読者じゃないすか↑!!!笑)


過去の「いまなんつった」でも、軽~く涼くんのことが触れられてたことがあったのですが、ごくごく軽~く、で、コラムのメインテーマにくるのは、中村獅童さんとか速水もこみちくんとか三田佳子さんとか、それなりにビッグネームの方ばかりだったんですよ(クドカン周りだと、三宅さん、少路くんあたりもメイン張ったことありましたっけ)

つまり、何が言いたいかというと。

これまで華麗にスルーされてきた(気がする)涼くんが、このコラムのメインテーマとして登場した記念すべき回と、テレビアニメ初主演作品の初回放送日が同じ日であるということです。

これはまるで、
宮藤さんが涼くんの門出を祝ってくれてるかのようではないですか

いやもう絶対そうです!!!ちがいねえ!!!!

・・・と、若干宗教ちっくなこじつけがしたかった・・・

わけではなく_| ̄|○ il||li

内容がですね、クドカン流に「勝地最高!!」って言ってくれてるって話をしたかった。少なくともわたしはそう取った。
機会があったら、みなさんにぜひこのコラムを読んで、感想を教えていただきたい、という記事でした。

だいたい、「髑髏城の七人」を観劇した話から、旬くんでも未來くんでもなく、涼くんをメインテーマに据えてくれたあたりからも、涼くんへの愛情(愛情というか興味)がひしひしと感じられるわけですよ。

それに、この連載、また書籍化されるかもしれませんよ?
ちなみに前のはこちら

いまなんつった?いまなんつった?
(2010/11)
宮藤 官九郎

商品詳細を見る


面白いです!わたしはかなり好きです!
宣伝しておきました宮藤隊長!!( ̄ー ̄)ゞ フフッ
(ここにも隊長がw)

つーわけで、本日深夜より「UN-GO」放送開始です!
(明日も5時半起きなので録画してわたしは寝ます!)


おやすみなさーい(-д-)o0
無駄にテンション高くてごめんなさーい。
関連記事
スポンサーサイト
雑誌チェック | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
文春は「かんぱちゃん」あたりまで読んでいましたが、
今は何故か「新潮」にシフトしています。
ななこさんのツイッターを覗き見て、
暗い夜道をコンビニまで行って買ってきました。
(情報をありがとうございます)

素晴らしいではないですか!
全国区のお褒めですよね
(と笑いながら言ってみる)。
でも、勝地涼氏のインタビューを読むたびに、
素の中に、巧まざるインテリジェンスを、
そこはかとなく感じてしまう私こそがおバカなのでしょうか?
Re: タイトルなし
>Yuさん

「新潮」「文春」は、だいたい毎週チェックしていますので、涼くんの話題が出てびっくりでした!

宮藤さんにこうやって書いていただけて、嬉しいです!
周りの人に「勝地涼くんが好き」って言っても、ほとんど分かってもらえなかった時代は、もうそろそろ終わりに近づいているのかもしれません。
こうやって、なんの補足も説明もなく、一編全部涼くんの話題で、ちゃんと誌面に出たんですからね^^

Yuさんのおっしゃるインテリジェンスと、今回の記事で「欠如」していると言われたインテリジェンスは、別物のような気がしています。宮藤さんのおっしゃっているのは、頭を働かせてうまく立ち回ろうとする、若干小賢しい能力のことのような?

それぞれの人から、まるで正反対のイメージを持たれることも、涼くんの俳優としての魅力のひとつかもしれませんね。

まあ、わたしは素はおバカ説に一票入れますが(笑)
本当のところは、誰にも分からないものだと思っています。
いやあ、ななこさんとYuさんのコメが気になって…
もしあれが計算の上のバカンサムならIQ200以上間違いなし!
という事で、私もおバカな方に1票投じます。
ただし、たまにずるいな~と思う事もあります。
さて、弟分から兄貴キャラになった時果たしてどのような結果になるのか…
Re: タイトルなし
>NONOさん

やはり古くから涼くんを知る方ほど、最近のバカキャラに少なからず違和感を覚える方が多いのかな~という気がしますね。わたしも、まずはシリアスから入ったので、時間をかけて慣れていった感じですかね^^;

まあ、涼くんが「真面目」であることはほぼ間違いなく、それが「知性」に裏打ちされたものなのか、「素直さ(別名:バカ」から来るものなのかは、ご本人にごく近いところにいる方にしか分からないことだと思っています。
ファンがあれこれ想像するのも楽しいですが♪

知性から来るバカンサムなら、もうすべてを超越しちゃってる域ですよね(笑)

そして、「ずるい」・・・ちょっと分かる気がする時があります(笑)

これから若手を引っ張る立場になっても、一段上の頼れる兄貴と慕われるよりは、まっすぐで可愛い兄貴として愛されていくんではないかなー、と勝手に思っておりまする。
(↑それって兵庫ですねハイ)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。