--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/11.Sun

「ロッキー・ホラー・ショー」@KAAT神奈川芸術劇場

観てきましたよー「ロッキー・ホラー・ショー」!!!

ああ~もう「古田新太ばんざい!!」って、月食間近の横浜の空に向かって叫びたかった!

すっごく楽しく困惑して、まあいっかってニコニコで受け流して、最後はどうにでもなれ~って踊って帰ってきました(笑)

ストーリー的なものはご存知の方も多いと思いますが、演出もネタバレしちゃうともったいないので、今回は具体的なことはなるべく避けて、感じたことのみを書いてみたいと思います

わたしのこれまでの「ロッキー・ホラー・ショー」体験は、スーザン・サランドンがジャネット役だった映画版のみです↓


ロッキー・ホラー・ショー [DVD]ロッキー・ホラー・ショー [DVD]
(2010/06/25)
ティム・カリー、スーザン・サランドン 他

商品詳細を見る


あらゆる意味で「名作」と言われる映画を片っ端から観てた高校時代に、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」的なものを想像してレンタルで観たのですが、感想は正直「・・・なんじゃこれ(笑)」

なんだかよく意味が分からんし、なんだか凄まじいなあ・・、と。
男の人でも女の人でも愛せる人がいるんだってことを、この映画で初めて実感として認識したような記憶があります。

その後「プリシラ」とか「ピンク・フラミンゴ」とか「バードケージ」とか、トランスヴェスタイトの方が登場する映画も色々観て、どれも大好き!になったわけなんですが、「RHS」はその一度の「なんじゃこりゃ」体験から20年以上「なんじゃこりゃ」のまま放置しておったのです。

ちなみに、初見「はあ~?」ってな印象で、あとからリピって大好きになった作品に「ブルース・ブラザース」があります。逆にそのまま放置してる作品に「2001年宇宙の旅」があります(笑)


そんなこんなで、昨日がひっさびさの「RHS」体験。
今度は生。
しかも古田新太!

20年前の初鑑賞から、わたしも大人になりました。

映画鑑賞・観劇もそれなりの数こなしてきました。

それでもやっぱり20年ぶりに再会した「RHS」の世界は、
「なんじゃこりゃ」でした
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

でも、きっとそれでいいんですよね(* ´艸`)
だってロッキー・ホラー・ショーだもん(笑)

パンフによりますと、いのうえさんの「RHS」は、作り手さん全員が「RHS」の大ファンであるんだそうです。
つまり、ファンによるファンのための「RHS」。
楽しくないわけがないじゃないですかーッ!

そんなにRHSファンでない自分がくやしいっ(笑)

おぼろげながら覚えていたストーリーは、そのまんまでした。
配役もバッチリです。
特に笹本玲奈ちゃんがかわいかった。
中村倫也くんも、難しい役をよくがんばっていました。
ずっとメガネかけてたので、お顔がちゃんと見えなかったのが残念~。

まあでも、なにはともあれ古田新太ですよ!!!
古田さん登場シーンで、場内騒然、「きゃー」とも「ギャー」ともつかない歓声が飛び交いました。

古田さん、やっぱりおキレイ・・・(特にお尻が)
なにその半乳。
女としてちょっと悲しくなりました(負けた)

そして、上演中、KAATの座席が揺れる揺れる!
お客さんがみんなリズムとってるからです
わたしも座席に座りながら、自然に足が動いちゃいました~

目の前で繰り広げられる荒唐無稽、支離滅裂な世界に、ロックミュージックと異形の女装オジサン、古田新太・・・これ、ダメな人には全然ダメだろうなあ~と思いつつ、わたしはノリッノリで楽しんできちゃいました~

最前列の人は、古田さんになでなでされたり、膝に座られてたりしてました。
うっ、うらやましいーー!!

最後は全員立たされて、みんなでダンスタイムです

お隣の知らない一人参戦のお姉さんと、恥ずかしさを共有しながらも割とガンガン踊ってまいりました。
(ディズニーランド的な?w)

楽しかったー!!!

もう一回映画版観たくなっちゃったな~

そうそう!わたし先日「恋の罪」観に行ったとき、いのうえさんとすれ違ったんですよね~!
昨日もいのうえさん、チケット切るところでお客さんの顔を眺めてらっしゃいましたよ^^


もひとつ余談。中村くんのファンの方からのお花がたいそうすごかった!!
手作り感すげえ~~!
見習わねば・・・(笑)!
関連記事
スポンサーサイト
舞台のおはなし | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
アドバイス頂ければありがたいです!!
初めまして!! 突然のメールを失礼致します。

「ロッキー・ホラー・ショー」@KAAT神奈川芸術劇場
で、ググって、ななこ様のブログを拝見させて頂きました。

実は私、12月24日に
「ロッキー・ホラー・ショー」@KAAT神奈川芸術劇場
を見に行きます。  私の目当てはずばり、ローリーです!!

一つ、質問させて頂きたく、メールさせて頂きました。
最後の舞台挨拶の際、ローリーに花束を渡したく思います。
実際の現場の雰囲気はどんな感じでしょうか?
古田新太様を差し置いて、ローリーに花束を渡してよいのか?
又、そういうファンは他にもいて、割とフランクに受け取って
頂けるのか? どんな感じでしたか??

最悪、花束及びプレゼント受付場所。なるものがあるのか??

舞台の現場は、まちまちですので、
実際に行かれた方のアドバイスを頂ければ。
と思い、メールさせて頂きました。
もしも、失礼でしたら、ごめんなさい。

御返事お待ちしております!
pskull

Re: アドバイス頂ければありがたいです!!
>pskullさん

コメントありがとうございます!
こちら、メールではなく公開のコメントなのですが、このまま返信してしまってもよいかしら~?
って返信しちゃいますけど~(*^o^*)

ローリーさん!!
よかったですよ~お。。。かわいかったですよエディ^^

お花ですが、渡せるような雰囲気ではありました。
わたしが入った回は出演者に何かを渡している方はいませんでしたが、舞台の雰囲気的にお客さんとの距離が近いので、アリなんじゃないかなー、と個人的には思います。

が、劇場さんによっては、お花やプレゼントは事前に受付場所で預かりますってところもありますから、KAATさんにご確認いただくのが一番安全かと思います。

ただ、お花自体はどんな形であれ受け取ってもらえるとは思いますよ。
もしカテコの時に渡す場合は、古田さんや他の出演者さんに遠慮する必要はまったくないと思います!
むしろ、微笑ましいくらいだとわたしは思いますよ~

pskullさんの気持ちがローリーさんに伝わるといいですね!
24日、楽しんできてくださーい♪

アドバイス、ありがとうございましたぁ!!
公開のコメントだったのですね!?
今、気がつきました…。遅くなってしまって、ごめんなさい。
また、丁寧なアドバイスありがとうございました!!

やっぱり、多少浮いても手渡したいので、頑張ってみます!
明日KAATにも問い合わせしてみます。

ななこさんのブログを読み返してみて、
ますます楽しみになってきましたぁ!!
思いっきり、はじけてきます!!
Re: アドバイス、ありがとうございましたぁ!!
>pskullさん

公開で返信失礼しました~!!

無事に渡せるといいですね~^^
楽しんできてくださいね!

古田さんにもよろしく~♪w

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。