--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/06.Fri

昨年読んだ本まとめ

読書メーターさんで、自分が2011年に読んだ本のまとめページができてました。
読書メーターさん、超絶便利!
とっても気に入ってます。

ブログにお越しくださるみなさんの中で、読書メーター始めた方がいたらぜひお声かけてください!
お気に入り登録させていただきます(●´3`)~♪ 


で、その絶賛読書メーターさんによりますと、

わたしが昨年読んだ本の総数は74冊
総ページ数は19422ページ
月間平均読書冊数は6.2冊
月間平均読書ページ数は1619ページ

なんだそうですよ。

自分では「本好き」の部類に入ると思っていたのですが、74冊の中にはかなり漫画も含むし、意外と本読んでないんだなーっ

まとめページは、読んだ作家さんの内訳が円グラフになってたりして面白い。
↓↓↓
ななこさんの2011年に読んだ本まとめ(読書メーター)

小山さんと中村さんってどっちも漫画じゃんw

自分の読んだ本の記録を簡単に残したくて、読書メーターを使い始めたのが去年の2月です。
データ的には丸1年分ではないし、読んだのに記録するの忘れたりしてるものもありますが、思ったより少なくて悔しいです(笑)

ちなみに、読んだ中で印象に残った本(漫画以外)TOP10はこちら
↓↓↓
1.「新世界より」貴志祐介
2.「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」荒木飛呂彦
3.「怖い話」福澤徹三
4.「宝塚ファンの社会学-スターは劇場の外で作られる」宮本直美
5.「女ぎらい ニッポンのミソジニー」上野千鶴子
6.「八日目の蝉」角田光代
7.「キャラ化する/される子どもたち-排除型社会における新たな人間像」土井隆義
8.「沖で待つ」絲山秋子
9.「明治開化 安吾捕物帖」坂口安吾
10.「死亡フラグが立ちました」七尾与史

次点「人生がときめく片付けの魔法」

今年は読んだものを間違いなく記録しつつ、気になった本はどんどん読んでいこうと思います。
(もちろん漫画も)

来年のまとめでは、この数字より少しでも増えてることが目標!!
(しつこいですが含む漫画)

今年はどんな面白い本に出会えるか、楽しみです。
よい出会いがありますように
(ホントにしつこいですが漫←強制終了w

「新世界より」と「人生がときめく」は、鈴木亮平くんがブログで紹介してるのを見て読みました。
亮平くんまた面白い本教えてください^^

関連記事
スポンサーサイト
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。