--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/19.Mon

「おかえり、はやぶさ」

観てから1週間以上経ってから感想書くのがデフォになってしまってるこのブログ・・・

いかんいかん

まあ、観賞後しばらく経ってからじんわり来る映画もあるけれど、やはりその時感じた衝撃とか生の気持ちってのは、なるべく書き残しておきたいもんだ、、、と反省しつつ。

今年6本目だった「おかえり、はやぶさ」。
藤原くんファンの娘と一緒に、初日舞台挨拶付きの上映に行ってきました

感想は下から
わたしたち親子はですね~、悲しいことに「天文少女(&元少女)」の要素がほっとんどない
ので、はやぶさ全般についての知識もほとんどない状態での鑑賞でした。

映画好きとして、はやぶさ絡みの映画が何本も作られてることは知ってましたが、はやぶさ自体の知識があまりに薄いので、最初から一番子ども向けっぽい「おかえり、はやぶさ」を観よう、と決めてたんです~
(藤原くんだし)

結果、たぶんこれを最初に観てよかったと思う
何しろ「はやぶさ」の何がすごいのか全然知らなかったところ、分かりやすい3D映像と、実際に子どもにレクチャーするシーンとダブルで説明してもらえたので。

わたしたちみたいな「はやぶさ」初心者には、なにかとありがたかったし、そもそもの宇宙の神秘的なところから、ちゃんと感じ取ることができました。

なんせ、はやぶさがどれくらいの距離を旅したのか、イメージすら掴めないところからのスタートでしたから(汗)、これだけでも「おかえり、はやぶさ」がわたしの人生に果たしてくれた役割はかなり大きいと言える(大げさですんません

宇宙映像と3Dは、とても相性がよいですね~
宇宙空間にいるはやぶさの映像や、小惑星イトカワの映像など、本当に感動しました

娘の学校でもこの映画のチラシが配られるくらいだから、きっと完全に「子ども向け」に作った映画のせいだと思いますが、ドラマの部分も分かりやす~く、正攻法でただただ真面目に作られてるんですけど、これがねえ・・・

わたしにはちょっと退屈でしたorz
ごめんなさい~

あ、三浦さん演じる父と、藤原くん演じる息子の複雑な関係のところはよかったんですよ~
特に、ふてくされる中年ひきこもり、三浦さんのお芝居はかなりよかった。

ただ、はやぶさの乗り越える困難を、旺志郎くんの母(森口瑤子さん)の病気エピソードと絡めたあたりとか、はやぶさミッション成功に唐突にプロポーズエピソードが並走してきたり、、、個人的にはちょっと飲み込めない部分がありましたね~

まあ、子どもたちに何かを分かりやすく伝えるための映画だと思うので、大人の中でも特に思いっきり歪んでるわたしみたいなのには、ピンと来ないのはもう仕方のないことかもしれませんが(笑)

でね、肝心の娘がですよ。
「面白かったけど分からないところがあった」
「あのコンピューターで信号を送ってるみたいなところで、何がどうしてはやぶさに伝わってるのかが・・・」
って。

;;;;(;・・)ゞウーン・・・・

それって、決定的な理系脳の欠如じゃ・・・
と思いつつ、母のわたしもよく分からんかったという・・・(;´∀`)

ま、わたしの娘だから仕方ないけど(笑)、これで理系苦手の刷り込みをしたくないので、「そうだね~アハハ」でごまかして、「でもさ、宇宙ってすごいよね!!ロマンだよね!!」と無理矢理まとめてみました(笑)

(帰宅してから、作文コンクール応募用の作文書いてましたから、きっと大丈夫だと思いますがw)

で、藤原くんですが。

前半はナチュラルな会話シーンなどがあって、「おお!!」と思ったのですが、喧嘩シーンではカイジ見参!!みたいな瞬間があって、思わずニヤッとしてしまいましたw


上映後の舞台挨拶では、舞台公演以外の藤原くんを初めて見ました。
黒スーツ着て、スッと立っててかっこよかったです~!

トークも堂々としてて、聞いてて安心。
ビシッと締めるところは締めつつ、自分のターンじゃないときは旺志郎にちょっかい出してみたり、分からないところは監督に丸投げしてみたり、砕けたところも見せてくれつつ。。。

う~ん、数々の主演を張ってる役者さんは、やっぱり違うね。
(三浦さんの貫禄がこれまたすごかったことはもちろん!)

などなどと、とにかく感心しまくって終わった舞台挨拶…
(涼くんのときは9割方ヘンな緊張で終わるのに何この違い(^^ゞ)


(あ、あと藤原くんでは石化しないことが判明)
(↑どーでもよすぎるwww)

涼くんがいない舞台挨拶は久しぶりだったので、そういう意味でもなかなか面白かったです。

「おかえり、はやぶさ」お子さんには絶対おススメ!
作文も書けるよ、きっと^^



関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
舞台挨拶での藤原くん、やっぱりカッコ良かったみたいですね!
なんか想像できちゃうなー(笑)
昨日も杏ちゃん旺志郎くんとゲームの番組に出てましたよ。

「おかえり、はやぶさは」は、はやぶさや宇宙のことを全然知らない人に丁寧に説明してましたよね。
入門編として、とてもわかりやすかったと思います。

ただ、いきなりプロポーズとか、藤原くんと杏ちゃんの最後の件はなくていいですよね。
移植のために渡米も簡単にできることではないので、突っ込みどころも満載でしたけど(笑)

お嬢さんの疑問の解説ですが、
カンニング竹山のいるところが大きなパラボラアンテナがある観測所です(長野県だったかな)。
まず相模原のはやぶさ運用チームからコンピューターで観測所に送り、そこからパラボラアンテナを使って宇宙にいるはやぶさに電波で信号を送って交信しています。

はやぶさが遠くに行けば行くほど、返事が返ってくるのが遅くなるので
イトカワにタッチダウンするときは、はやぶさ自身が判断できるような仕組みになっていました。いわばロボットですね。
これでお嬢さんにも少しはわかって貰えるかしら。

私も早く感想をあげなくちゃ(^_^;)

Re: タイトルなし
>こしおさん

藤原くん、カッコ良かったです~!
いつも光の中心にいる人特有のオーラが出まくってました。

> 入門編として、とてもわかりやすかったと思います。

はい、とても分かりやすかったです~。
はやぶさが何をしに行ったかってこと自体、知らなかったので(大汗)
一から丁寧に(それこそ宇宙の構造まで)説明してくれたので、わたしと娘には本当に勉強になった映画でした~。

そして、最後の燃えるはやぶさくんの姿には、理屈抜きで感動!
3Dで見てよかった~と思いました。

そう、ドラマ部分はツッコミどころ満載でしたが(笑)

こしおさんの解説、娘に伝えたところ、「そういうことか~」と納得してました^^
あの巨大アンテナと、藤原くんのいる場所と、はやぶさの動きの関係が分かってなかったみたいなので、とても助かりました(わたしも分かってなかったw)
ありがとうございますっ。

こしおさんの感想も楽しみにしてます~♪


管理者のみに表示
Trackback
観てから1週間以上経ってから感想書くのがデフォになってしまってるこのブログ・・・いかんいかんまあ、観賞後しばらく経ってからじんわり来る映画もあるけれど、やはりその時感じた衝撃とか生の気持ちってのは、なるべく書き残しておきたいもんだ、、、と反省しつつ。今...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。