--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/20.Fri

「アーティスト」

「アーティスト」観てきました。

留学先で映画の授業を受けたとき、サイレント映画もずいぶん見せられたので、サイレントどんと来い!ってな感じで観たのですが、最初はやはり戸惑いました~

自分の中ではなぜか、ここまで本気で「サイレント」だとは思ってなかったので。

なんとなく勝手に、サイレント映画の形を取りながら、何か新しい今風のものを見せようとしてるんじゃないかね~?とタカをくくっていた自分のあさはかさを反省。。。

サイレントだからこそ、今の時代に新鮮に映るのだなって発見と、教科書通りの映像言語を使った型通りの映画で、むせるくらい泣けてしまう、、、という嬉しいハプニングがありましたw

感想続きは下から

サイレント映画の大スター・ジョージと、駆け出し女優・ペピーのお話なんですけど、ストーリーはとってもシンプルでした。

サイレント映画が消えていくと共に、スターの座から落ちていくジョージと、トーキーが主流になるにつれて、スターになっていくペピー。

この二人の「恋」というよりは、それ以上の「敬愛」のラブストーリー、という感じでした。

始まってしばらくは、サイレントとは言え音楽はずっと流れているのに、映画館の中がものすごく静かに感じてしまって、飲み物を飲む音なんかがいつもより気になってしまい、うかつに動けねえ・・・と苦行の始まりを予感したのです。

隣の女性グループが「これホントにセリフないの?」とかヒソヒソしてるのが聞こえて来ちゃったり。

けど、言葉がないからこそ、深く深ーく心の中に入り込む物語ってのが、確かにあるんだなあ・・・
感動屋だから余計にってのもあると思うけど、後半はほぼ嗚咽しながら観てました。

ジョージ役のジャン・デュジャルダンの演技は、セリフがない分、表情で色んな感情を表現していくんですね。
自信たっぷりの大スター時代から、落ちぶれてボロボロになった姿まで、その時その時のジョージの状態によって、少しずつ表情を変えていく、その職人芸に涙しました。

俳優さんのお芝居に加えて、物語のほとんどの説明をつけていくのはいわゆる「映像の文法」。

微妙な距離感のあるジョージ夫婦の食事シーンでは、二人が同じフレームに入ることがなかったり、だとか、エキストラから始まったペピーのキャリアが上がっていくにつれ、劇場で自分の出演作を見ているペピーの表情も変わっていき、最後はもう劇場には座っていない、とか。

今思い出しても「ホントにセリフなかったっけ?」というくらい鮮やかに、登場人物の心情やそれぞれの人間関係が感じとれてしまうのは、誰にでも分かる象徴的なシーンを駆使した「映像文法」の基本の「キ」がきちんと使われているからなのですかね~

だから、逆に言うとちょっとばかり退屈なところもあるのですよ。
普段刺激的なものを見慣れてるわたしみたいのには、特に。

だけど、どんなにひねりにひねった凝った作りの映画を観るよりも、まっすぐに感動できたし、余韻もすごかったです。
言葉がなくても、こんなにしっかり何かが伝わってきたってことに感動
(T-T)

ああ、やっぱり映画っていいな。大好きだなって思いました。

「ヒューゴの不思議な発明」もそうだったけど、大の大人があーだこーだと大真面目に、架空の世界をどうリアルに見せるかをよってたかって必死で考えてる、、、ってところが、「映画」について、わたしが一番好きなところなのだなあ、と「アーティスト」を観て思いました。


そんな姿に、なんだか悲哀すら感じてしまって、愛おしくなってしまうんだよね・・・


主演のお二人は初見のフランス人俳優さんでしたが、本当にチャーミングで素敵でした。
特にジャン・デュジャルダンは、サイレント映画の雰囲気にピッタリ!
女優さんの方は少し現代的な感じでしたが、かわいかったわあ~♪

年取ってちょっとしおれたジョン・グッドマンと、ジェームズ・クロムウェルが出てたのが儲けもんでした。
(「ベイブ」のおじいちゃん大好き!)

それになんといっても、あのワンちゃん(アギー)!!
そりゃーもうかわいかったです

一度も「ワン!」は聞けなかったのに、何度も鳴き声を聞いた気になっちゃってるあたり、サイレント映画すげえ・・・

暗示にかかりやすい人ほど、より楽しめるのかもしれません(⌒_⌒; タラ


映画館で観るか、家で見るなら音響の環境良くして見るといいかもしれませんね。
音楽もとてもよかったです

「アーティスト」、映画好きな方にはぜひ観てほしい奇跡みたいな映画でした。

おススメです

関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。