--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/03.Thu

2012年4月に読んだ本たち

今月はかなり充実した読書月間でした。
漫画も読んだけど本もたくさん読めた。
漫画以外を月8冊が理想なので、今月はかなり理想的な読書ライフを送れました。
この調子でたくさん読みたいと思います。


matome_gimage_201204.jpg

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

4月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2917ページ
ナイス数:85ナイス

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

詳細は下から↓

悪の教典 下悪の教典 下
上巻の淡々とした知的な雰囲気が一転、下巻はバイオレンス一直線だった。大量殺人というよりもはや戦争。武器を持った自分に恍惚として、自分のしている殺戮を正当化するところなんて、戦争の愚かさそのものな気がした。それにしてもこれでは続きが気になるじゃないの・・・映画化の伊藤英明さん、合ってるかもしれません。他の先生たちのキャストも気になる。個人的には久米先生は伊勢谷くん。
読了日:04月26日 著者:貴志 祐介
傍聞き (双葉文庫)傍聞き (双葉文庫)
ある人物の不可解な行動。それが「なぜ」なのか、確かに想像もつかない方向にオチがつく。どれもほろりとする話ばかりで好きでしたが、表面上には現れない隠された思いに辿りつくまでが若干まどろっこしく感じました。何がどうなってるのか早くハッキリせ~い!みたいなせっかちな人(←つまりわたし)にはちょっと切ない小説でした。
読了日:04月22日 著者:長岡 弘樹
未来日記 3 (角川コミックス・エース 129-7)未来日記 3 (角川コミックス・エース 129-7)
読了日:04月21日 著者:えすの サカエ
進撃の巨人(7)限定版 (プレミアムKC)進撃の巨人(7)限定版 (プレミアムKC)
読了日:04月21日 著者:諫山 創
悪の教典 上悪の教典 上
うう~む、悪いヤツ・・・!最初はいい先生じゃないか~なんて思ってた自分のバカ。学校がだんだんめちゃくちゃになって行く。蓮見に対抗できる人間はいるのか?個人的にはがんばれ久米先生orカラスの片割れ!だが、きっとムリなのだろう…下巻も楽しみです。
読了日:04月17日 著者:貴志 祐介
陽だまりの彼女 (新潮文庫)陽だまりの彼女 (新潮文庫)
恋愛小説が苦手でほとんど読まないので、仲良しカップルののろけをずーーっと聞かされてるのに耐えられず、何度も脱落しそうになりましたが、いろんなところで「結末に何かがあって、ただの恋愛小説ではない」と言われていたので頑張って最後まで読みました。結果、恋愛小説苦手なわたしには、かなりホラーな恋愛本として記憶されることとなりました。確かにただの恋愛話ではなかった。
読了日:04月14日 著者:越谷 オサム
贖罪 (ミステリ・フロンティア)贖罪 (ミステリ・フロンティア)
ドラマを先に見てから読みました。女性の小狡い感情を描くのがうまい作家さんだよな~。読みやすい文章で短時間で読み終わったし、一人一人の子どもたちのエピソードにはすごく引きつけられた。ほぼ独白のみでここまで読ませるのはスゴいと思う。ただ、全体的にはなんだか無理矢理なところもあって、納得いくような事件の構造ではなかったのが残念。心で思ってることは、早めに言葉にしようよってのが学んだ教訓。
読了日:04月11日 著者:湊 かなえ
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
「電車の中で読むんじゃなかった本」にまたひとつ伝説が加わった。最後、嗚咽しそうになった。「実弾」を持たない年齢の子どもたちが、それでもどれだけ残酷な毎日を生きているのか。その無力感、閉塞感を砂糖菓子でコーティグして、でもきっとあと少しで実弾しか打てなくなるのに、と哀しくて仕方なかった。担任教師が一番泣けました。人魚、貴族、社交界などの表現もよかったです。桜庭さんの青春小説は本当にスゴい。
読了日:04月08日 著者:桜庭 一樹
ばらばら死体の夜ばらばら死体の夜
ダメな人間のダメなままの姿と、それを覆い隠そうと光の当たる方へ這い出す様の壮絶さ。解の抱えた暗さと、由乃の無邪気な柔らかさ、砂漠のなぜか憎めないいかがわしさ、、、さすが桜庭さん、という感じでした。自分としては里子と近い位置から読めたかな。「人格のダウンタウン」という表現はうまいなと思いました。
読了日:04月04日 著者:桜庭 一樹
おさがしの本はおさがしの本は
本探しはなるほど、ミステリーになりうる。本探しの苦労をほんの少しだけど知ってる身としては、かなり面白く読めました。後半の図書館存続問題での「どうして図書館が必要なのか」、その理由にいたるまで、本好きの小さなプライドを刺激する仕掛けがたくさんあって楽しかった。最後の展開はちょっと野暮ったかったかな~。恋愛モノ苦手なので特にそう思ったのかもだけど。
読了日:04月03日 著者:門井 慶喜

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
関連記事
スポンサーサイト
本のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。