--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/18.Mon

「ホタルノヒカリ」

今日は、映画版「ホタルノヒカリ」観てきました。

娘の学校の振替休日だったので、小5女子3人連れての鑑賞です。

ちなみにわたしはドラマは見たことはなくて、完全に娘の付き添い(&手越さんのお仕事確認)のために行きましたが、

フツーに面白かったですよ

ドラマファンでないと楽しめないとか、映画にする必要あったのかとか、散々なレビューをいくつか読んでいたので、まったく期待してなかったのがよかったのか、笑えるところは笑いましたし、感動するところはしんみりしました。

ただ、蛍とぶちょおの甘々おノロケ漫才には、恋愛モノ苦手病患者としては、ときどき…(いや、ほとんどの時間)イライラッときましたが(笑)

それでもなんとなく楽しめちゃったのは、

「役者さんて何でも出来ないといけないんだな~」

って目線で見てたからかな。

特に藤木さんのプロっぷりには惚れ惚れしましたわ~
綾瀬さんもよかったです。

松雪さんもさすがでした。

てごさんは、求められてる役割にきちんと応えて、憎めないおバカなかわいこちゃんを演じてましたし、
それはそれでアイドル仕事をまっとうする、闘うプロの姿だったように思います。

手越さんが出てくるたびに一気にアイドル映画臭が強くなるあたり、必要な場面で必要なオーラを放つというお仕事を、きちんとこなしてるなあ、、、

という激甘評価でごめんなさい(笑)

くだらないと言えばくだらないけど、楽しもうと思えば楽しめる。

そんな当たり障りのない、もしかしたら観なくてもいい映画でしたけど、

引率した小5女子たちは大喜び!!!

連ドラを見たことないはずのうちの娘さえ、キャーキャー笑って楽しんでました。

そういうもんなのかもな…と遠い目でうなずく母でした(´ー`)フッ

最初の期待度が低過ぎて、もしかしたら途中で寝ちゃうかも?とまで思っていたのですが、
そんなこと全然なくて。

ジョンテとか高橋努くんとか写真だけの飯田基祐さんとか、一ツ木さんならぬ二ツ木さん役の安田顕さんとか、個人的にこそっと楽しめるあれこれがあったことも大きかったかな。
(二ツ木さんはドラマ版でもご活躍だったそうですね)
(ハケンの品格からの流れなんだそうで。映画観て初めて知りました)


子ども連れてのイベントムービーとして、単純に楽しかったです。
ごちそうさまでした

明日は「愛と誠」を観に行く予定です







関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
今日は、映画版「ホタルノヒカリ」観てきました。娘の学校の振替休日だったので、小5女子3人連れての鑑賞です。ちなみにわたしはドラマは見たことはなくて、完全に娘の付き添い(&手越さんのお仕事確認)のために行きましたが、フツーに面白かったですよドラマファンでな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。