--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/19.Tue

「愛と誠」

三池監督の「愛と誠」観てきました~

これは、、、好き嫌いパッキリ別れるだろうね~(笑)

原作漫画は読んだことないし、これまでの映像化もひとつも見たことないし、
あんまり予備知識入れずに行きましたが、

始まって3分で

。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッ!!
なんじゃこりゃ~~!!!って状態(笑)

まっ、みなさんだいたい想像ついてると思いますが、わたしはこういうの大好物なんで!!

普段は恋愛モノ苦手なわたしが、この作品ではなんと、相当っ!ときめきました
最後はせつなくって号泣ですわ(笑)

すべての恋愛映画がこんな感じだったら、わたしの人生もう少しかわいげがあっただろうに(笑)

多少のネタバレ含む感想は下から
初っぱなから不穏な空気だったんですよ

「愛」についての意味深な言葉たち(レトロなフォントで)
やたらと可愛いアニメのオープニング。

・・・と思えば、妻夫木くん演じる誠が大乱闘しながら、いきなり歌って踊り出す~
ウッ・・・ウェストサイドストーリーですかいっ?!


と、思いきや、武井咲ちゃんが貞子のように誠の足にへばりつき
「あなたを立ち直らせるためなら何でもします~~~うう!」と来たもんだ~(笑)

しかし、まず主張したいのが(ドンドンッ←机を叩く音)

この映画のブッキーのかっこよさったら尋常じゃない!!!

これまで「イケメンね~」とは思ったことあっても
心の底から「かっこいい!!!」と思ったことはなかった妻夫木くんでしたが

開始5分で、これでもか~これでもか~と
俳優・妻夫木聡のカッコよさを見せつけられましたさ~

ハイ、妻夫木聡、相当かっこいいです。

それにしても、昭和が似合う俳優さんです。
顔が古くさいのかしら(←注:最上級の褒め言葉)

漫画みたいな大きなカツラかぶってるのに、なにその隙のないカッコ良さ(笑)
もちろん高校生には見えないんだけど、なんだか異様にかっこよくて、

細かいことは許す!もっと誠を映して~~っ
て、もはや見境ない状態(笑)


そしてそして、愛に片思いする岩清水を演じた斉藤工くん!!!
も~何をどうすればそんなに大真面目に弾けられるのってくらいの大熱演(笑)

「そ~らに太陽が~あ~るかぎ~り♪」って
巻き戻してすぐにリピート視聴したかったわ!

「岩清水弘は君のためなら死ねるっ!!!」ってブルブル震えながら言われた日にゃ~(笑)
工くん、男前なのにねえ…スリッパではたかれてるし(笑)

いやあ~| ̄ω ̄A;アセアセ

斉藤工くん、めでたく、今年度のななこ的アカデミー賞助演男優賞ノミネート決定ですよ
(↑そんなもん誰もいらんよw)

そしてそして、スケバンのガムコを演じた安藤サクラちゃーーん!!
あなたは一体どうしてそんなに凄いの!

貞子3Dより、どー考えたってアナタの方がホラーでしょ!
ブッキーに「おええええっ」とされても、
「あたい気持ち悪いやろ(ドヤッ)」的な余裕を見せる怪演っぷりです。

今年度のななこ的アカデミー賞助演女優賞はもうあなたで決定ですよ!
(↑だからいらんってw)

ガムコが出て来るたびに、
『サクラちゃん、ご結婚おめでとう!』と何度も心の中で叫びましたよ
ほんとにアッパレな女優さんです(お幸せに~)


そしてそして、自称「おっさんに見える病気」の伊原さん。
あなたまで17歳って(笑)
そのくせなんなのその

「狼少年ケン」の謎のカッコよさはっ!!!


武井咲ちゃん。
かーわーいーいー
前からこの子は可愛いと主張してきましたけど、この映画ではまさに神々しいばかり。
どんなに突き放されても自分の都合のいいよ~うに明るく前向きに考えるおとぼけ役がよく似合ってました

で、この濃い~キャラたちの、変な歌と踊りとケンカシーンだけで押し切っちゃう、キワモノっぽい映画なのかな~?と思ったら、これがちゃーんと純愛青春ストーリーになってるんですね。

後半、余貴美子さん演じる、とんでもない「ボロボロ感」をまとった寂しい中年女が登場する段になって、ストーリーはどんどん切ない方向へ…

そこまで過剰にも思えた愛のボケっぷりと、誠のツンツンっぷりが、
最後、一気にダアアアッと自分の中の感動スイッチに作用しまくって、
終わってからしばらく席が立てないくらい、感動してしまいました~
( ;∀;) ジーン
(↑救いようのないくらい単純なだけというウワサも…)

岩清水もガムコもちゃんと見せ場があって、感動を後押ししてくれます。

前半、こんなにとっ散らかってだいじょうぶかよ、と一瞬でも心配した自分が恥ずかしくなるくらい、最後はキッチリまとめてくれて、

ワケが分からんノリだったけど、すごく面白かったよ~感動したよ~

という幸せな映画でした

誰この天才的なまとめ方したの!と思ったら、脚本は宅間孝行さんでしたとさー!!
郷原さん・・・やるな・・・┐(´ー)┌フッ


ただ、誰にでも薦められる映画ではないですね~
受け付けない人には絶対ムリな作風だと思います
エログロとかじゃなくて、ノリが(笑)
1800円賭けるかどーするか、難しい選択ですね(;´∀`)

でもね、絶対映画館で観てほしい映画でもある!
伊原さんの「狼少年ケン」と斉藤くんの「空に太陽がある限り」は、
ぜひ大音量&ビッグスクリーンで堪能して欲しいなあ・・・

どうするどうする~?観ちゃう~?って感じの、

「愛と誠」の感想でした


どんな感じだよw









関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
愛と誠、みてきたんですね~
こないだブランチでやってて、なんだかすごいおもろそうだな~と思って気になってました・・・。
読んでて映像が浮かんできて笑っちゃいましたw

特に、斎藤工くんと井原さんに興味津々です~www

どうしよう~観に行こうかな~
Re: タイトルなし
>はに丸さん

観てきましたよ~お!!
あんまり期待せずに、音楽を楽しもう、くらいの感じで行くといいかもしれません。

結構ケンカシーンが多いですが、純愛もちゃんと楽しめますし、工くん伊原さんはホントに必見です!

大音量で観た方がいいと思うなーテレビサイズじゃ収まんないなー(とあおってみるw)
 こんにちは『愛と誠』関係のブログをネットサーフィンしている者です。
 今回の映画化は原作好きの者にとっては喜ばしいかぎりです。
 もしよろしければこちらのサイトにも一度遊びに来てください。『愛と誠』関係に関する出演者ブログやニュース、他の方の感想ブログのリンク一覧にまとめており、また『愛と誠』に関する書き込みならなんでも書き込んでください。
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
他にも
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/
Re: タイトルなし
> 『愛と誠』愛好者さん

ご訪問ありがとうございます。
またリンク先もありがとうございました。
三池版「愛と誠」、本当に面白かったのでいただいたリンクも興味深く読ませていただきました。

みなさんの熱い思いが伝わってきて、つい何時間も過ごしてしまいそうになりました。

またDVDが発売されたりするのも楽しみです。
岩清水くんの熱い歌唱をもう一回見たい!(笑)



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。