--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/07/01.Sun

「灰色のカナリア」@東京グローブ座、2回行きました

さてさて。

本日東京千秋楽の「灰色のカナリア」

2回観ることができました

1回目は22日マチネ。
2回目は29日マチネです。

いや~実は、前回観たときにすぐに感想書き始めたんです

でもね、なんというか。
いつものように冷静な舞台の感想にならず
(いつもちっっとも冷静じゃないじゃん!!って点はさておいてw)
とりあえずますだくんのビジュアルを事細かに褒め称えるだけの内容になってしまい、、、

さすがにちょっとこれを世の中に公開するのはどうか、と(;´∀`)

保存したまま1週間以上放置して、さきほどさっくりと削除しました(笑)

そして結局、ちゃんとした感想は書けそうにないので、単に思ったことだけをメモっておきます。

ストーリーのネタバレはしてません。
細かいアドリブなどのレポはありません。

あ、写真は先週撮ったやつ↓

canaria01.jpg

続きは下から

最初に観たときは、ますだくんのあまりのイケメン度に頭のネジが一本緩んでしまったかのように、
「あっっ、いきなり手!!」とか「パ、パンツかよー!」とか「歌声が~っ!!」とか「生着替えm9( ゚Д゚) ドーン!」とか、、、

とにかく本能で観劇したって感じで、舞台全体の内容よりとにかくますだくん、という、舞台好きとしては若干残念な感じの観劇体験だったのです。

だから、今回は2回行って本当によかった。

2回目は、まっすーのキレイさはそのままに、舞台自体も楽しんできました。

最初にお芝居としていつもの感覚で見たときは、若干まどろっこしく感じてしまって。
わたしがもともとこういうジャンルのラブコメを見る習慣がない、というのもあるけど。

「アイドルまっすー」にとことん当て書きされた舞台ゆえに、まずはまっすーのかわいさ、かっこよさ、歌のうまさを堪能するのが先になったのは、もう仕方のない話ですね
(*´∀`*)ポワワ

その点、とても満足しました。
今までとあまり変わらないヘタレ役で、だけど中身が確実に大人になってるまっすーの、見てはいけない素の色気が、あっちからこっちからダダ漏れしてるのが、なんともセクシーで。

せっかくだから、普段まあまあお芝居を見てる人として、役者・増田貴久を評するに、

類まれなる上級のコメディセンス

これに尽きる。個人的には。

繊細なところとか、ぶりぶりぶりっこのところより、この人に本気のコメディやらせたら、ものすごーーく面白くなるんでは、と思いましたね。

つきましては、クドカンあたりにめったくそにいじられて、一皮剥けたコメディ俳優になってくれたら・・・!
いや実際、動きがクドカンだったシーンが多々あり。。。涼くんに通じる部分もたくさんありました。

ますだくんに思いっきり変なコスプレさせて、思いっきり変なセリフとか言わせてみたい、という欲求に勝てず、こんなこと書いてしまいましたが、すみません

実現は難しいでしょうけど、言うのはタダ、ということで。

また舞台やってほしいです。
今度はグローブ座以外で。

関連記事
スポンサーサイト
アイドルのおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。