--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/07/31.Tue

「露出狂」@パルコ劇場

毎日暑いですね

5分歩いただけでドロドロのベロベロの、
「千と千尋」の御腐れ様レベルの、本当~にヒドイ状態になりますが、

めげずにパルコ劇場まで観に行った「露出狂」の感想書きます

予備知識ほとんどいれずに行ったのですが、ものすごーく楽しかったです!!
観劇したのは28日(土)マチネです。

露出狂

感想は下から↓
そもそもなんでこの舞台のチケットを取ったかというと、前々から興味があった入野自由くんに「UN-GO」を見てさらに興味をそそられたからです。

わたくし「興味を持ったらとにかく一度は生で見る」という非常にくだらない信条を持っておりまして~

涼くんもそうだったんですけど、「おっ」と思ったらとにかく生で確認しないとそのまま好きを続行していいかどうか判断できないという、めんどくさーい習性を持ってるんでございますよ。

そんなわたしにナイスなタイミングで降ってきたのが、この舞台「露出狂」。

光のすばやさでチケット押さえましたよ~はい、前から3列目です。

入野くん見たさに取ってはみたけど、もしかしてこれって、いわゆるイケメンワラワラ系?
だって若いかわい子ちゃんたちが総勢14名も・・・

こんなの会場は20代前半までのピッチピチギャルでいっぱいで、
アタイみたいなオバハンはきっと「きゃーなにあれ、出演者の保護者?ヒソヒソ」状態だわね~オッホッホ、、、、


、、、、(笑)

と、なぞの自虐モードで劇場入りしたわけですが。


意外や意外。
もちろん若い女の子も多いんですけど、会場メンズ率高し!!
(おばさん率も並レベル)

いったいどんな世界が展開されるのか…ドキドキしながら観てきました。


(ここまでが前置きw)


舞台は、とある高校のサッカー部。
試合に勝ってサッカー部をより強くしたい!という純粋な思いがこじれにこじれて
「え!」とか「ひゃー!」とか叫ばざるを得ない、はちゃめちゃな人間関係によるドラマが展開
てな感じなんですがね。

まあ一言で言えば、BL妄想ちっくなおふざけ青春ストーリーなんです。
でも、最後はきちんとホロッと来るんだなあ・・・不思議だ。

青春って、なんでもないことに心血注ぎ込むことのできる、本当に幸せな時間だったのだなあ、、、と自分の青春を振り返ってみたくなる、ほろ苦ストーリーでした

・・・・ってホントかい!!!!

って、観た方からはハリセンで殴られそうな感想ですが(笑)
(観ればわかります観れば)

演出の中屋敷さんが「とにかくそれぞれの俳優の魅力を丸裸にした」的なことをおっしゃっていたのですが、
まさにそのとーり!!!

観劇前は、入野くん、柄本くん、間宮くん、遠藤くん、森崎くん、(ギリ)稲葉くんくらいしか知らなかったのですが、観劇後は14人全員大好きになって劇場から出てくるという

まさに俳優の魅力これ全部受け止めろやーーー!!!的な、
実力派俳優好き(自称)の端くれとしての資質を試されるような舞台でした。

なんか、おおげさですけどヽ( ´ー)ノ フッ

とにかく、世の中には、まだまだわたしの知らないかっこいだけじゃない俳優さんが、たくさんいるんだなー
と思いましたさ。

それぞれのキャストさんに一言ずつ感想を書いておきます。

御器=柄本時生

立ってるだけで独自の世界観ができてる俳優さん。
ふにゃふにゃしているようで、一番異彩をはなっていました。さすがの主演です。

佐反町=遠藤要

これが初舞台?エッほんとに?!ってのけぞるくらい堂々としてて、舞台全体の碇のような安定感でしたね~。
映像ではよくお見かけしますが、舞台もいけます!

比留=入野自由

最強のスーパー・ドS弟キャラがこれほどハマるとはー!
一番楽しみにしてたキャストが一番好きになったキャストで終われることの幸せをありがとう!
そしてやはり超絶にいい声・・・・その声だけでもまた聞きにいきたいです。

白峰=畑中しんじろう

とにかく面白かったー!一番面白かったんじゃないですか・・・と思ったら芸人さんでしたか。
武田真治さんを彷彿とさせるビジュアルも期待大。

蔵毛=玉置玲央

未來くんに通じるものあるよね。裸で踊らせてみたいと思いました(褒め言葉です)

真今井=松田凌

最近よくいる、女子と見間違うようなかわいらしい子かと思ったら大化けでした(笑)
3期生が入ってきたときの変わりっぷりが秀逸でした。

氏川=磯村洋祐

よくやったね~この役(笑)
間の取り方とかホント、最高でした。一番ヒドイやつでしたけどw(劇中ね)

蒲郡=板橋駿谷

照英さんとか、伊原さんに通じるゴツゴツ系のフォーマットをすべてお持ちのように感じましたけどいかに?!
蒲郡、いろいろかわいそうだったけど、おいしいキャラでした。

葉枝=孔大雄

クールそうな役だなーと思っていたら、オイ!って感じでした(笑)
立ってるだけで昭和な雰囲気を醸すというのは、よい俳優さんの条件です(独断)楽しみ。

野宮=間宮祥太郎

かわいかったー!!!「アゲハ」の関谷から一転、乙女な間宮くんが見れてよかった。
立ち姿もすてきだし、本気で目指してほしい>>次世代の小栗旬。

宇津保=遠山悠介

歌舞伎役者さんかと思っちゃいましたよー。すばらしくよい声!!
純和風のお顔立ちに金髪がすてきでした。

九門=永島敬三

機敏な動きのハイテンション演技に、芸人さんかと思ったら違った(笑)
安心していろいろ任せられそうな俳優さんですね。

羽生=森崎ウィン

ドコモのCMでタイ人の留学生やってる子ですね。
あのイメージで見たら、やけどしました~!必死な感じがよかったです。

香森=稲葉友

JUNONスーパーボーイくんですよね?いやあ、輝いてました。
かわいかったですよー。ぴったりの役でした。

・・・・と、ずらずらーっと思うこと書きましたが、全員本当に、ひとり残らずよかったです。
これからが楽しみな役者さんが一気に14人も増えて、
嬉しい反面、焦ってもみたり(⌒_⌒;

フレッシュな若手の俳優さんを一気見できて、床が揺れるくらい大笑いできて、最後はちょっとだけホロッとできて、

本当に楽しい舞台でしたよー。

以上、「露出狂」感想でした。

とにかく楽しかったです



関連記事
スポンサーサイト
舞台のおはなし | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。