--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/08/08.Wed

改めまして、「遺体~明日への十日間~」への出演

昨日慌てて更新した、涼くんの「遺体~明日への十日間~」への出演の話題。

色々ニュース記事を読みました
おっと思った記事のリンクを貼っておきます

西田敏行、震災映画に主演 報道で伝えられなかった”真実”描く(映画.com)

こちらは監督と原作者さんのコメントが載ってます↓

東日本大震災の内側とその知られざる真実を描く、西田敏行・主演映画『遺体 ~明日への十日間~』公開決定(CDJournal.com)

こっちの記事には、佐藤さん、柳葉さんが医師、佐野史郎さんが市長、志田未来ちゃん、筒井くんが市職員って書いてありますが、涼くんの役柄については書かれてません↓

震災映画に佐藤浩市ら"格安ギャラ”で出演(SANSPO.COM)

記事の番手の並びは、西田さん以下は50音順のようなので、涼くんがどれくらいの役なのかはまだ全然分かりません。
でも、こういう作品に出演する、ということ自体がチャレンジでもあるし、涼くんが、いわゆるアイドル的人気の俳優さんではないからこそ来たお話では、という気がします。

それに、改めて、あの「コドモ警察」のあとに、こんなに重たい作品でのお仕事をしていたとは。

それで今はきっと一生懸命歌っているんでしょうし。

(…はい、語りモードスイッチ入りました(笑)ので、続きにご興味ある方だけ下からどうぞ~)



正直、実力派と言われる俳優さんの中では、涼くんはそんなに役柄の幅が広い方だとは、わたしは思ってないんですね。

どっちかっていうと、役柄は偏ってるタイプではないかなーーと、うすぼんやり思っています。
(つまり、やったことのないタイプの役の方が多い俳優さんなんでは、と)

それは、とにかく次から次へと、役柄の大きさに関係なく(時にはいくつも重なりながら)出演作が続くタイプではないから、という面も影響してると思いますが。

でも、ここ最近、次から次へ、とまでは行かなくても、数年前の「砂漠」状態からは考えられないくらい、コンスタントに出演情報が出てくるようになり、

その分、役柄も少しずつバリエーションが広がってきて、

声優で主演してみたり、舞台で歌ってみたり(予定)、2時間ドラマでヒゲを生やしてみたり、

役者以外でも、生放送のMCやってみたり(これはホントによく出来てたと思う!)

少しずつ、ジワジワと、人前に立って何かを表現するプロとして、内面を補強していってくれているのかな、と

いつものようにいいように解釈して、

今回の震災映画への出演の件を、静かに喜んでいるところです。

震災のことは、わたしにとってまったく過去ではなくて、今も自分の出来る限りの被災地支援を細々と続けており(たいしたことではないけれど)、
それが「映画」として「作品」になってしまうことへの不安がないと言ったらウソになる。

ドキュメンタリーではなく、「作品」として劇化されるということは、
そもそも映画という表現方法自体のファンであるわたしにとって、やっぱり複雑。

だって、やっぱり映画はファンタジーだから。

でもその作品の中に、涼くんがいると知って、
役柄はまだ分からないけど、
わたしがずっと信頼してるこの俳優さんなら、
天性の演技の緻密さ、正確さで、与えられた役目をきっと
果たしてくれたのではないかな、と少し安心したのも本当です。

もちろん、他の共演者のみなさんの顔ぶれを見ても、
きっとだいじょうぶ、という感触はありますし。

そうやって、色々な思いがこもった複雑なメッセージを
自分の全身を使って表現するのが役者さんで、
わたしはそういうことを生業としている人のファンというか、マニアなので(笑)

問題は、作り手側の姿勢だよなあ…と、まだ不安は拭えない面もあるのですが。
まあ、この映画で儲けようと思っていないでしょうけど。

とりあえず原作を読んでみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
映画・DVD | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
五十音順
震災で実際ご遺体の確認に携わった医師が友達に宛てたメールを医師了解のもと読ませてもらう機会があったのですが、想像を絶するの遺体の損傷や身内を探す遺族の気持ちが切々と書いてあり胸がつまりました。
映画化を心配するななこさんの気持ちわかります。
色んな気持ちが入り交じり二時間弱で伝え切れるのか。
それでも涼くんの活躍は嬉しく映画は見に行くと思いますが、人間性が未熟な私に原作はまだ早い気がします。
キャストの掲載順番五十音順なんですね。
三番目の掲載にきっと重要な役を貰えたと周りにふれまわってしまいました。(笑)
Re: 五十音順
>こくぼんさん

お返事遅くなってすみません。
この映画の原作、図書館で借りてきました。
映像化を先に見てしまうと、そちらの印象が離れなくなってしまうので、先に読んでしまおうと思って。

> 色んな気持ちが入り交じり二時間弱で伝え切れるのか。

きっといろいろと不満や不信は拭えないと思います。
なぜ映像化するのか?まさか話題作りやお金儲けのためではないと思いますが、
伝えたい、という気持ちが空回りすることはわりとよくあることですし、
いくら涼くんが出ているとは言え、やはりそこは厳しい目で見る事になりそう。

> キャストの掲載順番五十音順なんですね。
> 三番目の掲載にきっと重要な役を貰えたと周りにふれまわってしまいました。(笑)

佐藤さんの名前の位置がおかしいなーと思って、冷静に見てみたら、あいうえお順でした。
俳優の格とかそういうことを抜きにして作る映画なのか、単にまだ番手が決まってないからなのかは分かりませんが…

適材適所、涼くんのよさが発揮できる役だといいですね~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。