--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/10/16.Tue

最近のあれこれ

四谷の東京公演が終わって、少しだけ落ち着いた気がする今日この頃。
最近のアレコレについて記録しておきます

今日は久しぶりに映画を観てきました。
最後に観たのが「踊るFINAL」だから一ヶ月以上ぶりです。
こんなに映画館に行かないで過ごしたのはたぶん数年ぶり・・・

久しぶりの映画は「推理作家ポー 最期の5日間」でした。

グロかったけど面白かったです。
エドガー・アラン・ポーの謎の死に際について、大胆に妄想を巡らせて書かれたオリジナルストーリーだそうですけど、ふーむ、なかなかよく考えましたなあって感じでした。

途中「え!そのセリフだけで全部説明しちゃうの?!」ってところもいくつかあったけど、
わたしの好きなダークでゴシックな世界観で、恐怖描写もなかなか・・・
(だたしエンドロールが唐突に近未来っぽいデジタル画像でちょっと残念。ドラゴンタトゥーかよ?!とw)

暗い映画館の中で、大音量の怖いシーンに「ひえーーーーっ!(゚益゚||)」と怯えてると、
日常のイヤなこと全部忘れます(笑)

(閉所恐怖症にはツラいシーンもありましたが、毒をもって毒を制す、のシステムなのでしょう。なんだかスッキリしました)

ミステリー部分もまあそれなりだったんですけど、わたしが早々に「ズバリ!あなたが犯人でしょう!!」と思った人が実は違っていて、ほとんどの時間その人を犯人扱いで見てしまって、もったいないことした

R15指定で殺人描写とかもキッツいので、怖いの苦手な方はやめた方がいいでしょうね〜

わたしも、観た後すぐ昼時だったのに、全然お腹がすきませんでした。気持ち悪くて(笑)
(その後がっつりケンタッキーフライドチキンを食べたことは秘密です)

でも、帰りにポーの「黒猫」を買ってきてしまいました。
ずーーーーっと昔に結構ポー作品読んだんですけど、また読み直してみたくなる、そんな映画でした。

ちなみに「北のカナリアたち」の予告もやってましたよ。
涼くんもちゃんと1人で名前抜いてもらって、セリフもあるやつ。


今月は忙しいのですが、園監督の「希望の国」だけはどこかで観ようと思ってます。

来月は、「のぼうの城」「北のカナリアたち」「悪の教典」「その夜の侍」「ふがいない僕は空を見た」が控えています。なんとか時間作って全部映画館で観たい

「八重の桜」は、これっていう原作本はないようなので、図書館で探してきて1冊読みました。


新島八重の維新 (青春新書インテリジェンス)新島八重の維新 (青春新書インテリジェンス)
(2012/06/02)
安藤 優一郎

商品詳細を見る


わたしみたいな初心者にも分かりやすく、あっという間に読んでしまいました

めちゃくちゃ面白かったです。
キャスト発表では、ほとんどの役名に馴染みがなかったのですが、これ読んでだいぶ分かってきた!

涼くんと玉鉄と希子ちゃんが兄弟なのですね。
んで、綾野くんはお殿様、ピロキははるかちゃんの元夫、美月ちゃんははるかちゃん兄の後妻…φ(.. ) メモメモ
(レベル低くてすみません
(なにしろ最初に来年大河の主人公聞いたとき「は?誰それ?」言いましたからね)(恥


今期ドラマ視聴予定なのは、
「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」「花のズボラ飯」「レジデント」「MONSTERS」です。

ヨシヒコ以外は全部NEWS物件ですね
番宣も含めてチェックが忙しい

アニメは「新世界より」とノイタミナ「サイコパス」を見る予定です。「新世界より」は珍しく録ってすぐ見てるんですが、なかなかいいですよ〜。雰囲気バッチリです

今週末は大阪遠征。「ボクの四谷怪談」をあと2回観ます。
またレポしますね

仕事も保護者業もガンガン入っていて、その合間をぬって趣味の時間を確保するのはなかなか大変ではありますが、趣味がなくなったら仕事も子育ても全然がんばれないので……がんばります(笑)

関連記事
スポンサーサイト
メモ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。