--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/12/14.Fri

カナリア前売りDVDやっと見たよ

引き換える時間がなくてずーーーーーっと放置していた
「北のカナリアたち」ローソン前売り特典のDVDを、
昨日やっと引き換えてきました

「なんだっけそれ?」って方は、こちらの記事へ→「北のカナリアたち」DVD引換券付き前売り券(ななこメモ)

どんだけ時間ないんだよって話ですが^ ^;
(「時間ない」というより、「時間の使い方がヘタ」が正解)

レジで引換え券を店員さんに渡してから、ブツが出てくるのにもかな〜り時間がかかりましたさ。
さっさと引き換え来なくてホントすんません
(奥底にしまわれていた模様)

ローソンの店員さんが一生懸命探してくれたDVD、
ハイ確かに。
予約した価値はありました。

小百合さんのお話もよかったですし、
見てるだけで涙が出てくるような、メイキング映像の数々…
そして若手6人の座談会では、涼くんのターンは安定の「笑い」要素入り(未來くんありがとう)で、面白かったです

それにしても、色黒っっっ!!!(笑)

どこの国の人?的なヒソヒソ声が聞こえてきそうな、本物感漂う色黒さでしたププッ

メイキング映像では、メガネなしの直樹とか、後頭部直樹なんかも見られて、
恐らく今後発売されるであろう本編DVDに、恐らく入ってくるであろう詳しいメイキング映像に期待が高まりました。

涼くんが「ボク四」本番中で出られなかった、国際フォーラムでの完成披露試写の映像も入っていましたが、

小百合さんやMCさんが「ここにキャストが勢揃いしました!!って言うたびに、


「かつぢさんいないんですけど・・・|ω;))))プルプル」


と、柱の陰で泣いてしまうわたしは、打たれ弱過ぎですか?w

同じくトオルさんも、舞台(野田MAP)中で欠席だったので、はぶんちょ(死語)感はすこし薄れてはおりますが。

いや実際、あの完成披露に行けなかったのは、結構デカイことだったよなあ、と思いました。
でも、欠席の理由が「舞台公演」なのは、これだけの人気者集めたら、そりゃしゃーないわ的な落とし方もできるので、本編DVDに恐らくついてくるであろう、公開初日舞台挨拶の映像を楽しみに、自分を励ましたいと思います。

で、前回の記事のコメントでもいただきました「鈴木亮平くんとの久々の共演」の話。
亮平くんブログに涼くんの写真付き記事で「共演予告」があった例の件ですが。

昨日リニューアルされた、映画「コドモ警察」のHPを見たら、
追加の出演者の名前の中にありました

『鈴 木 亮 平』 と・・・

わーいわーいヽ(*´∀`)ノ!!!
なんだろ?どんな役で出るんだろ?
楽しみだー楽しみだー!!

…と喜ぶ反面、「新しいお仕事じゃなかったのかー(チッ)」と悔しがる、みみっちい心の持ち主でもあるわたし(笑)

いえいえ、きっと新しいお仕事、じゃんじゃん決まってきてると思うんですけどね(言霊発動)

ちなみに、前回の記事に書いたきいちゃんの他に、神尾祐さん、山本裕典くんなども出演するみたいですね。

ふふっ、楽しみ〜(^m^*)


あっ、あと、涼くんも2回だけ出演した「家政婦のミタ」の再放送は、今週日曜日から始まります。
涼くんの出演は第10話、第11話です。

思えば去年の12月は、最後の打ち上げ花火みたいに、涼くんの「ミタ」へのサプライズ出演があったんでした。
初主演ドラマの「アルマ」も一昨年の年末でしたし、年末に何かしら大きな仕事が絡む涼くんですので、今年もあと少し、期待して待ちたいと思います。

期待するのは、タダですもんねヾ(´^ω^)ノ♪

今日は母親としてのサンタの下僕業務、行ってきます・・・
関連記事
スポンサーサイト
映画・DVD | Comments(2)
Comment
お疲れちゃん
ななこさん
お久しぶりです。
私は今週、勘三郎さん追悼週間でした。
野田秀樹氏脚本の『野田版鼠小僧』が私にとって最後の舞台になってしまいました。
勘三郎さんはクドカン脚本の『大江戸りびんぐでっど』なども上演されるチャレンジャーな方でした。
正に太く短く生きられた方でした。(涙)合掌。
勝手に思いを綴ってすみません!

私も鈴木亮平さんのブログを覗きました!
涼くんとのツーショット写真がとっても自然で素敵だったので携帯待受にしました。
雑誌に掲載される姿とは違ったオフの涼くんの姿に妄想が広がります。(笑)
ドンドン他人のブログに登場して欲しいものです。
そしてななこさん、サンタさんのサポート頑張ってください。
サンタさんはななこさんにも微笑むことでしょう。
Re: お疲れちゃん
>こくぼんさん

勘三郎さんのこと、彼の舞台を見たことのないわたしにも、ショックが大き過ぎました。
伝統芸能の重々しい世界に育ちながら、アイドルやクドカンなどのライトな文化にも造詣が深く、
区切りやジャンルを飛び越えて、お客さんを楽しませる芸能というものに広く興味を持ち、新しいものを取り入れた無二の人、というイメージです。

涼くんも出演した「この胸いっぱいの愛を」でのクドカンとのお芝居が忘れられません。
短いながらも強い印象を残すシーンでした。

今はただ、勘三郎さんを舞台の上で見ることができなかった自分が不憫でなりません。
演劇の神様に愛されたというその姿、ぜひ劇場で見たかったなあ…
こくぼんさんの記憶に残る勘三郎さんの舞台姿、ぜひぜひ大切に記憶に止めてくださいね。
わたしはそれを羨ましがって生きていきます。合掌。

亮平くんのブログの写真、素っぽくてよかったですよね!
去年髑髏の時期は、旬くんの会員向けブログにも何度かすっぴん写真が載って、とても美人だったのを覚えています。

最近おしゃまさんとこにも出ないし、またガンガン他人様のブログに顔出して欲しいですよね。
わたしも楽しみにしてます。

サンタの手伝い、あと1件を残すのみとなりました。
うちはラッピングもわたしがやるので^ ^;

普段仕事で放置の時間が多いため、こういう時こそ娘にサービスしとかないと、と思ってます。

忙しい年末、こくぼんさんも暖かくして、ムリせず過ごしてくださいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。