--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/12/18.Tue

「祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜 KERA version」

観てきましたー!!!
これがわたしの、今年最後の観劇です。

今年はホントにたくさん観た。
資金力が付いたのをいいことに、観まくったと言っていい一年だったと思う…

「祈りと怪物」は、そんな個人的観劇元年の締めくくりにふさわしい、力作でした

感想は下から↓

ネタバレも少しあり。

上演時間4時間強、幕間10分が2回、というオニのようなスケジュールのお芝居でした

確かに長かった〜!
長いけど、でも、あっという間でもありました

お尻痛くなったし、一瞬意識飛んだところもありましたが(←いつもの通り)、面白かったですよー!
わたしは基本的に好きですからね、こういう複数世代に渡る壮大な話(笑)

まず、セットが豪華でした〜
2階建てのセットが、街の広場になったり、舟の中になったり、屋敷の中になったり、地下室になったり。
階段が2つあって、階段使うお芝居もたくさん。
上段部分が墓地になって、遠くにいる相手に向かって手を振ったりする演出も、奥行きが感じられてよかったです。

衣装も小道具も豪華、豪華。
今年観た中で一番豪華だったかもしれません

オープニングの、映像作品みたいなクレジットの入れ方もよかったです。

ストーリー的には、親子3代にわたる因縁に、大人の恋愛の数々、子をなくした親の悲哀、信頼の失墜した宗教の(欺瞞による)復活、怪しい流れ者、その他もろもろ細かいエピソードが壮大に絡んで、こりゃたしかに、全部決着つけるのには4時間くらい必要だわって感じでした。

あ、ちなみに語りにはコロスが出て来ます。
(全員コロスにいるはずなんですけど、1回の観劇では誰がどれかは確認できず)
ここんとこは蜷川さんの演出が楽しみです

ストーリーは、昼ドラ的な波瀾万丈に、ファンタジーな世界観と、詩的な表現がミックスされて、なかなかクセになる物語でした。

登場人物が多いのと、役名の飲み込みが個人的にスムーズにいかなくて、
人物関係を完全に理解するのに時間がかかりましたが、
わたし的には、とにかく役者陣が圧巻でした。
全員文句無しに素晴らしかったです。

特に、生瀬さんが悪いったら悪い!!(笑)

ブラック生瀬さん、かっこよかったですー!
危うく惚れるかと思いました(半分本気)

全体を通じて、生瀬さんの出番を今か今かと待つ感じでした。
役のせいもあると思いますが、キョーレツな魅力を放っておられました。

小出くん、峯村さんの、四谷でのイケイケ組は、今回は割と控えめな役で、新鮮でした。
小出くん、弱々しさから、だんだんと小ズルくなっていく様子がよかったです。

大倉孝二さんの白痴もよかったです。
笑えるのに、どこか物悲しい。
演技力の高い役者さんでないとできませんね。
物語の重要な部分を握っている役でもありますし。

成志さんのペラーヨもよかったですねー。
リエさんとのラブシーンはとてもセクシーでした。

三姉妹は、長女バララが久世星佳さん。手堅い感じでした。
次女テンは緒川たまきさん。もうちょっと酒飲み感を出してもよかったかな?
でもおキレイでした。
三女マチケの安倍なつみちゃん。
天真爛漫かつ、残酷な感じがよく出ていて、よかったですよ。

その他、役者さんみーんなとてもよかったです。

体当たりで上半身ヌードで登場の女優さんもいましたし、夏帆ちゃんの背中ヌードもキレイでした。
公園さんとのせつないラブシーンには目を奪われましたねー

4時間座ってるのは、頭とか喉とか痛くなるんでキツイんですけど、
これはもう1回くらい観ておきたかったな、という舞台でした。
分かりやすく消化しやすいエンタメ作品とは違うけど、役者さんの力、舞台美術の力、音楽の力、言葉の力で、じっくり噛み締める超大作でしたね。

笑いも結構ブラックで。
奇をてらった演出はないんですけど、何かが少しずつ狂っていて、
でもそれをつい笑ってしまう自分に、底のないブラックさを感じで怖かったです

は〜楽しかった、スッキリした、感動した、、、そんなものとは無縁の、しんどい作品でもありますが、
全体的にはサービス満点のパワー溢れる舞台だったと、個人的には思いました。

観終わってジワジワと、
「で、蜷川さんはどうくるの?!」が気になって気になって仕方ないわたしです。

蜷川版の配役表を探したのですが、ネット上では見つからず、
仕方がないので「蜷川版配役予想」をしてみることにしました。

あくまでも予想ですので、実際の配役とは違います。

役名の後の()は、ケラ版キャストの名前です。

【「祈りと怪物」蜷川version 配役予想】

ドン・ガラス(生瀬勝久):勝村政信
トビーアス(小出恵介):森田剛
ヤン[流れ者](丸山智巳):満島真之介
マチケ[三女](安倍なつみ):野々すみ花
(※注:予想です)
パキオテ[白痴](大倉孝二):三宅弘城
テン[次女](緒川たまき):中嶋朋子
アリスト(マギー):大石継太
パブロ(近藤公園):染谷将太
(※注:しつこいですが予想です)
レティーシャ(夏帆):深谷美歩
エレミヤ(峯村リエ):原田美枝子
メメ[メイド長](犬山イヌコ):伊藤蘭
ペラーヨ(池田成志):村杉蝉之介
(※注:何度も言いますが単なる予想です)
バララ[長女](久世星佳):渡辺真起子
ジャムジャムジャーラ/ドンドンダーラ(木野花):三田和代
グンナル[司祭](西岡徳馬):古谷一行

染谷くんー満島くんあたりは、どっちがどっちやってもアリだと思うんですけどね。
あとは、新川さん、さとしさんで、錬金術師、執事長、仕立て屋あたりを固める感じかなー?と想像してます。
清家さんも出るみたいなので、楽しみにしてます。

「同じ脚本を二人の演出家が演出する」という、リアル「ガラスの仮面」な企画がキモなので、
とりあえず戯曲本を買ってみました。
時間とお金の関係で1回ずつしか観劇できないので、蜷川版を観に行く前に、ある程度セリフを頭に入れて、ケラ版を脳内で反芻してから行こうと思います。

このシーンを蜷川さんはこう作るのね!!!って部分が、一番の楽しみなので('ω'*)

蜷川版キャストの正解が出たら、答え合わせしたいと思います

今年も観劇たくさん、ありがとうございました神様。
来年もたくさん観られますように
関連記事
スポンサーサイト
舞台のおはなし | Comments(2)
Comment
No title
ななこさんの感想、待ってました♪

丁寧に丁寧に作りこまれた世界観が
4時間を2時間くらいに感じさせましたよね
実際にはちょっと腰が痛かったけど…(>_<)

私も感想upしてるので、ヒマな時があったらぜひ…

配役予想もありがとうございます
だいぶ手堅いかんじでv-353楽しみです
Re: No title
>りょうこさん

ホントに丁寧に作られていて、ケラさんの気合いを感じましたね。
わたしも腰が痛くなりましたけど、4時間とは思えなかったって感じでした(笑)

> 私も感想upしてるので、ヒマな時があったらぜひ…

わ〜い!!教えていただいてありがとうございます。
読ませていただきました〜。うんうん、とうなずきながら読みました。

またお邪魔させていただきますね☆

蜷川verは、またガラッと違う感じで来るのかな、と思ってます。
配役も、もしかしたら「えっ」と思うような配置でくるのかな?

年齢的に剛くんがトビーアスだと思うんですけど、実は剛くんのやる極悪のドンガラスも見てみたかったり!

楽しみですね♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。