--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/17.Mon

「シュアリー・サムデイ」

公開初日より遅れること半年
やっと観ました「シュアリー・サムデイ」!
あんだけ宣伝したのに興行成績がどうのこうの言われてましたし、批判的なレビューもよく見かけました。個人的にも、役者・小栗旬には馴染みがあっても、監督としてはどうなのかまったく想像もつかなかったので、正直あんまり期待しないで観たんですけど…想像以上に面白かったですちゃんと感動もしたし、楽しませてもらったし、出演者のファンとしての期待もきちんと返してもらったし、どうしてそんなに悪口言われるのか分かりませんでした
\(^o^)/

贔屓目に見てる面は多少なりともあると思んですが、なるべくフラットな目線で見ても、大々的に宣伝されてて、これよりつまらない映画は山ほどある…というのが率直な感想です。

以下続きはネタバレに配慮してませんので、ご注意を
とにかく強く感じたのは、監督の出演者への愛ですね。特に涼くんは、これでもかってくらいイジメられて(;´Д`A
監督のディープなS心を感じました
中心となる5人グループの人選はもちろん、鋼太郎さん、エンケンさん、横田栄司さん、小西さん、と脇役の選択もかなりハイセンスと感じました。小西さんみたいなファニーフェイスなら(そのうえおっぱいまで触らしてもらってたら)、10年間忘れられない気持ちも分かるし、鋼太郎さんは最初の登場シーンはほとんど顔にライティングが当たらない(これもストーリー絡みの演出かな?と思いましたが)のに、あの存在感。画面に出てくると心底イヤーな気持ちになりました(褒め言葉)一瞬ガタイのいいリリーさんかと思ったとは言いませんw ワイルドなのにカッコ爽やかな横田さんが水責めされるシーンなどは、もはやキリストかと(笑) そして、豹柄ロングコートのエンケンさんのいかがわしさったら!←エンケンさん大好き

涼くんの京平は、いい意味でウザキモかわいい?(笑)
これまで、数々の監督さんが涼くんをイケメン路線からブンブン外してきましたが、ここまでされたのは初めてですねでも、すごい愛を感じました。ま、わたしとしては、東京タワーのモヒカンスタイルを見たその日から、もう何も怖くはなくなりましたが、それにしても今回は…ヒドいwww(←褒め言葉です念のため)
表情から体からそりゃーもうよく動く動く。充電しすぎの機械か、ほぼアニメキャラとしか思えない超人的な動きに、突然スッと静のお芝居が入るあたり、この役は涼くんにしかできません。ファンとしても、この涼くんを受け止めることで、ほぼ悟りの境地に達しましたね わたしが涼くんを好きなのは、イケメンだからではない、ということがよく分かりました
さすが小栗監督、勝地涼の無駄使いは一切ナシ!(ないどころか伸びしろ引き出しすぎ(⌒-⌒; )

涼くんで一番好きなシーンは、後半バーでみんなに「お前らのせいだ!」って食ってかかるところ。わたしの中の勝地史上5本の指に入るくらい好きなシーンかもです。バカで落ち着きなかった京平が、実は影では人一倍努力してたことが分かる、とてもいいシーンです(余談ですが、ここ亮平くんのハミ乳首がスゴイですwwwどこ見てんの)

小出くんのお芝居では、小西さんに惚れてるって言ったと突っ込まれて、「言ってねえよ」って背中を向けるところが好きでしたね。5秒で落とす綾野くんもよかったし、ムキムッキーの肉体派亮平くんも、ホントにいそうな老けてる高校生ムロくんもよかったです。監督の目線が(俳優仲間ってことで)上からじゃないから、この仲良しグループ
の掛け合いがすごく自然で、自然だからこそ荒っぽくも見えてしまい、その辺をネガティブにとらえる観客もいたのかもしれません。

作品全体としては、テンポもいいし、時系列のパズルも自然だったと思います。ただ、高校中退から3年後じゃなくて、もう少し時間を経た設定の方がすんなり飲み込める気もしました。あと、小西さんが墓地で独白するところは、引っ張った割にあっさりよう喋るなー、と思ってみたり、子役のどの子がどの人になったのかをもう少し分かりやすくして欲しかったな、とか、エンケンさんが小西さんを拉致りにくるシーンで色調落とすのはちょっとやり過ぎかな?とか、まあ細かく言えば、色々ありますが、ガリガリ君とスーパーカップの匂いがする青春や、地元駅のモニュメントの下が大事な居場所になる10代の感覚とか、ちゃんと感じることができましたもん。
最後にムロくんがカマキリみたいな色の服で出てきたときにゃー、涙出たもん!涙が出る映画に悪い映画はない(持論)
最後の煙ボールの使い方もよかったし。もう若くない女の立場からは、男というかわいそうな生き物(失礼)の美しさに惚れ惚れしましたね。

観る前から思ってたことですが、この作品は公開時期とターゲットが若干間違ってたんじゃないかと思います。少なくとも、旬くんや小出くん目当ての大人の女性には、ちょっとトイレやスーパーカップの匂いが生々しすぎるし、夏休み映画なのに子連れで行けるような映画でもなく、恐ろしい数のプロモーションを監督自らがこなしたことも、決してプラスにはならなかったんじゃないかと思うのです。もう少し公開館数を減らして、宣伝も作品サイズに合わせた方が、豪華カメオ出演のありがたみも活きてくるし、口コミで面白さも伝わったんじゃないでしょうか。小栗旬の名前を全面に押し出し過ぎたがために、最初から最後まで色眼鏡を外さなかった観客も少なくなかったと思うし。

大人の事情的に難しいかもですが、わたしはまた旬くんの撮った作品を観てみたいなあ。今度は藤原竜也も入れて、どお?

涼くんファンの間で大好評の噴水シーン。あれ、川崎のチネチッタんとこですよね!!
よく行く映画館です~。呼んでくれれば、何も分からず鋼太郎さんに乗せられて、ポーッと拍手しちゃうオバちゃんのエキストラくらいはできたんジャン!(って、呼ばれませんでしたからとりあえず落ち着けwf^_^;)
あのシーンも、涼くんに屈辱シーンをやらせた後で、キレイに水を滴らせてくれますからね、小栗監督の陰謀です、もはや(笑)

音楽もよかったです。特に最後の手嶋葵ちゃんが歌う「BECAUSE」

以上、シュアリー・サムデイの感想でした
関連記事
スポンサーサイト
映画・DVD | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
まだ見てません orz
シュアサム未見の私に、ムサシをご一緒した涼くんファンの方も強力にプッシュしてくださいました。
ななこさんのブログを読んで、早く見ないと自分駄目だと思いました。

ちょうど今ブランクだし、ここは奮発してDVD買っちゃう?!買う価値ありですか?!
だってだってTVじゃたぶん京平の台詞はカットされそうですよね?!

公開方法とプロモについては私もいささか疑問が残ります。
もっとひっそりと、映画が好きな人をターゲットにやるべきでした。ほっといても小栗ファンは見てくれるから、マニア受けするような展開を狙えばよかったのに。
勿体なかったですね。(見てないけど)出演者は本当にがんばってたと思うので残念です。
Re: まだ見てません orz
>くららんさん

涼くんは素晴らしいです!…が汚いです、ムサシとは全然違う意味で(;´Д`A
ダメな人にはダメかもなあ…って記事を更新してから思っちゃいましたー(汗
わたしは割とくだらないものとかエログロとか大丈夫なんですけど、やっぱり無理な人もいるかも…なんて。

「小栗ファン」の読み違えはあったかもしれませんね。
初日挨拶の企画で、旬くんと生電話してた観客の方が、どう見てもアラフォー主婦で、こういう人をターゲットに入れるなら、こんな映画にはならなかっただろうなあ…と思いましたorz

とにかくレンタルででも一度ご覧になってみてください。
そうですよね~面白かったですよね~!?
確かにターゲットの読み違え、痛かったですよね。
私は初日舞台あいさつも観に行ったんですが、やっぱりみんな女性ファンだらけでした・・・。

涼くんは、たしかにウ●コ言い過ぎてたりしたけど、あのくだらなさがまたかわいいというか…。
そして私も噴水のシーンと、バーで切れるシーン大好きですっ!!!
おばかな役でもああいう顔を自然にできるってすごいですよね!

この映画観て、小栗くんは役者の魅力を引き出すのがうまいな~と思いました。
正直、小出君や綾野君はあまり興味がなかったのですが、いいじゃんって思いましたもん。
個人的にはまた小栗作品観たいです。
(勝地くん)と記していた私に、
ななこさんや、こちらに来られてる皆さんが、おおらかな対応をしてくださって、ホッとしました。
皆さん、やさしい!
これからは(勝地涼くん)or(涼くん)表示でいきたいと思います。

「シュアリーサムデイ」ですが、
突っ込みどころはあるし、下品な場面もあるけれど、
とにかく勝地涼くんがメロメロに可愛い!!
ななこさんもおっしゃっているとおり、
後半のバーの場面の涼くん、スゴクいいですね。

ハイテンション京平とシリアス京平が、ひとつの人物として成立したのは、
涼くんの演技力が技術的にスゴイからだと思います。

「シュアリーサムデイ」は公開中に観に行ったんですが
値下がりしたから、特典映像画目当てで限定版のDVDを購入しました。
DVD6枚の「密着ドキュメンタリー」は、涼くんが一番たくさん映っていました。
問題の噴水の場面ですが、
演技指導で、小栗監督が涼くんに
「ぐちゃぐちゃに泣いている京平が見たい」
って言っていて、あまりのドS発言に、びっくりしました。
Re: タイトルなし
>はに丸さん

少なくとも退屈する時間はほとんどなかった映画でしたー。
小西さんが連行される時の子役くんとのシーンが長すぎるってレビューを読んだのですが、あそこはあれくらいじっくりでよかったと思いますし。

でも、花沢類のイメージで小栗旬を追っかけてたファンの方は、ドン引きだったかもしれませんね…
涼くんファンは、元々が打たれ強いので、あれしきでファン辞めるって方は少ないと思いますがf^_^;)

確かに!小栗監督は男優さん撮るのがうまいですよね!わたしも綾野くん、亮平くんを、なんてカッコいい俳優さんなんだ!って初めて思いましたもんw

また違う切り口で、涼くんを撮って欲しいですね。
それよりも、毎年忘年会でやるという芝居、一度でいいから観てみたい( ´ ▽ ` )
Re: タイトルなし
>こうこさん

涼くんて、あんまり呼ばれ方のバリエーションがなくて、昔「かっち」というのもありましたが、最近はあんまり聞きませんね。

シュアサム特典DVDは、手元にあるのに、娘が学級閉鎖で家にいるため見られませんorz
本編も、とても子どもに見せられるもんじゃないので、特典も警戒中w
小栗監督、やっぱりSなんですね(´Д` ) 涼くんだけどーしてあんなにイジメられるのか…小出くんがやってもいいような感じもしましたけど。主役だし。

京平が裏主役っておっしゃってる人が多いのも納得です。
小出くんもいい役者さんだと思いますが、あれもこれもなんでもかんでもやらせちゃうなら、やっぱり涼くんなのかもしれません。だって、出来ちゃいますしね^^

シリアスとコミカルと、どちらか片方に寄らないところが、また好きです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。