--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/02/17.Thu

第34回日本アカデミー賞

今年も、日本アカデミー賞授賞式のシーズンがやってきた!ヤアヤアヤア!(古)
数年前から、親友B子と携帯で受賞予想実況するようになって、毎年楽しみにしてるのですが、今年はTwitterあるから、Twitterで実況どお?(←ココ業務連絡)

もともとは、本家ハリウッドのアカデミー賞授賞式が好きで、今のWOWOWの前にNHK衛星で中継してくれてた時は、妹と一緒にお祭り騒ぎでよく見てました(別所哲也さんが大活躍してましたっけ)
(で、中継打ち切りになった時にはNHK様に苦情の電話を…(´Д` ))
(↑ほんとスイマセン)

去年は小粒感が否めない感じでしたけど、
今年はなかなか盛り上がりそうですねー!
受賞者一覧はコチラ→第34回日本アカデミー賞受賞作一覧

みみみなさま、なんと((((;゚Д゚)))))))!!!
岡田将生くんが助演男優賞でダブルノミネートされてるんですよお!
この若さ(21才)で、大変なコトです!(ダンッ)(←机叩いてます)
しかも、どっちも悪役じゃないすかー。
岡田くん、日本映画界のこれからを末永く支えて欲しい(;_;)ウルウル
だがしかし、きっと獲れないことは知ってる(T ^ T)
でもって、ジャニーズはどうして受賞拒否んのー!
告白の岡田くんのところに、吾郎ちゃんが入るのがホントなんじゃないのおおお!

そう……既に盛り上がってますよーんヽ(゚∀゚)ノぬふふ

今年の候補作は、「悪人」「十三人の刺客」「告白」を観ました
大体毎年5作中3作観てる感じですねー。
「孤高のメス」は、観たかったのに逃し、「おとうと」は守備範囲外(鶴瓶さんの俳優業がどうもしっくりこない人なため(´・_・`)ノ)ですが、ま、作品賞は「悪人」なんでしょうねきっと。国際的評価に弱い日本人ですからねー。

いつから日アカをちゃんと見るようになったのか、冷静に調べてみたら、どうやら2001年「雨あがる」が最優秀作品賞を獲った年からみたいです。授賞式をTVで見て、坂本順治監督の「顔」を借りて観た覚えがある。大楠道代さんの演技が見たかったんですねえ。「顔」面白いですよ、オススメです。

まあ、賞レースはおまけみたいなもんで、去年公開された面白い(メジャー)映画の見本市的な感覚で、お祭り気分で見たいと思いま~す\(^o^)/

明日は8時(テゴマス出演のMステ)からTV前に常駐コースでっす((*´∀`*))

【各位】Twitter実況状態になりますので、ウザかったらリムってくだちい。
関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
そうそうたる…
顔ぶれぞろいのノミネートですね。
その中で、優秀音楽賞にグランドファンクがノミネート。これ、グランドファンクレイルロードっすか?!←まずここに目がいった

涼くんが新人賞いただいた時のノミネートメンバーもすごかったですね。ニノマエやエリカ様もいましたっけ。こんな濃いメンバーの中で、よくぞ下さったと…
来年は小川の辺でぜひ助演男優賞をっ!(まだ見てもいないのに…気はやすぎ)

たぶん「悪人」関係がたくさん受賞すると思いますが、個人的に主演女優賞は寺島しのぶさんを期待しています。
岡田くんはすごいですね。素晴らしい。彼が悪い人をやるとほんと怖いので、演技力認められてのダブルノミネートだと納得です。

「顔」VTRでどこかにあります。未だに見てなかった!(豊川さん出てたから録画した)
見ようと思います。
数年前の日本アカデミー賞
勝地涼くんが新人賞をいただいた年の
日アカ授賞式が放送された日。
その日は、忘れもしない、涼くんが、はじめて「笑っていいとも」の
テレフォンショッキングに出演した記念すべき日。
もう、あれから何年が経ったかしら。
2回めは、いつかしら。(遠い目)


日アカ授賞式の涼くん、真田さん、中井さんの
三名による漫才もどきのトーク。
今も忘れません。
どなたかが、ユーチューブにアップされてますよね。

「イージス」の如月行は、はじめFさんに内定していたけれど、
原作者の方がNGを出して…。
それで急遽、如月行役を探していたスタッフだかプロデューサーだかが
「シブヤから遠く離れて」を観て
涼くんをオーディションに呼んだら、
原作者をはじめ満場一致で如月行役に決まったんでしたよね。

それ程インパクトのあった「シブ遠」の涼くんを知らない私。
ななこさんは「シブ遠」をご覧になったのですか。
Re: そうそうたる…
>くららんさん

いやー、悪人と告白で賞を分け合った形になりましたね。
悪人の圧勝かと思っていたので、意外でしたー。
岡田くんは、まだ若いし、アイドル人気で売ることも可能なのに、ああいう役もやらせちゃう事務所がすごいです。将来に期待されてのことなんでしょうね。

顔の豊川さん、ちょっといい感じにセクシーで、けっこう好きです!
お時間あったらぜひ!ー
Re: 数年前の日本アカデミー賞
>こうこさん

涼くんがアカデミー新人賞を獲った頃…わたし、ここまでガッツリ追いかけてなかったんすよー!
もちろん大好きでしたけど、茶の間レベルで見てました。
「シブ遠」も見てませんorzうん、見たかったー!!

イージス三名様のトークや、いいともなどは、女神様からのいただき動画でなんとか保存できましたが、放送当時は、まだ「録画してリピる」ことへのハードルは高かったです。

本格的に動き出したのは、幸福な食卓からですから、まだまだ新規です( ̄^ ̄)ゞ
雑誌記事などは後から気合いれて集めました。
イージスの満場一致エピソードは背中がゾクゾクしましたねー。
如月行と勝地涼、、、運命の出会いですよね。
こうこさま
この場をお借りしてお伺いさせてくださいませ。
ななこさんよりはるかにずっと新規なくららんと申します。
如月行に決まっていたFさんて、どなたなんですか~??気になって眠れなくなりそうです(笑)差し支えない範囲でヒントくださいませんか。

日本アカデミー賞の日がいいともの日だったのですね。ありがとうございます。いろいろと勉強になります(^_^)
くららんさんへ
ななこさん、コメント覧を勝手に使うことを、お許しください。

くららんさんへ
くららんさんのブログ、楽しく拝見させていただいています。
私は、ななこさんより、ず~とず~と新米です。
だって、
昨年「蜷川幸雄の稽古場から」を読んで、
どうしても勝地涼くんファンの方の感想をお聞きしたくて、
ななこさんのブログにたどり着いたときが私のコメント・デビューですし、
涼くんのことにも、あまり詳しくないです。
ただ、知人が「イージス」の原作ファンだっただけです。

本題ですが…当時、作者の福井さんが「漢道」に
「誰が演るのか諸説粉々、期待と不安が入り混じってる模様の映画版如月さんですが、ご心配は無用。最高の逸材をご用意しております。
 まだ詳細は明かせませんが、見ていただければ皆さん納得してもらえるものと信じます。少なくとも作者は、オーディション会場に入ってきた瞬間に「これだ!」と確信できました。大御所に囲まれて大変なプレッシャーでしょうが、彼ならやり遂げてくれるでしょう。
 じきに皆さんにもご紹介できるかと思います。ご期待のほどを。」
と、お書きになったので、「だれが如月行役だろう」と大騒ぎになったんです。

涼くんが「亡国のイージス」のキャンペーンのため、一度だけパーソナリティーをした「オールナイトニッポン」に、
福井さんがゲストで出演されて、
「如月行は21歳だけど、精神的には15歳で止まっている子」
と、おっしゃったので、Fさんでは年上すぎたのかも…。
(Fさんとは、昨年、舞台で涼くんと共演した方です。)

福井さんは、涼くんについて
「目力があって大人びたところと、妙に幼いところが同居している…そういう端境期にいる危うさから醸し出されている色気が、如月行役の決め手になった。」
と、そのラジオで、おっしゃっていました。
ありがとうございます!
そうだったんですか…(驚愕)
当時の事、教えていただきありがとうございました。
ななこさん、軒先をお借りして大変失礼いたしました。m(_ _)m
どうぞどうぞー!
>くららんさん、こうこさん

どうぞどうぞ、掲示板替わりに使ってやってください( ´ ▽ ` )ノ
このブログを通して、涼くんファンのつながりが広がれば本望です~!

で、横入りですが…確かに、Fさんだとちょっとこなれすぎてたのかもですねー。
大人気アイドルや有名若手俳優さんもたくさんオーディション受けたけど、如月行に、あんまりCMイメージのついたタレントはキャスティングできないって、監督が言ってましたね。

涼くんは、事務所に甘やかされず、派手な売り込みがないのが今も昔も魅力のひとつかもしれません。

…と、横入り失礼しました(⌒-⌒; )
うわ~イージスの裏にはそんなドラマチックな展開があったんですねっ!!

私は皆さんよりだいぶ遅いですが、キャットストリートを観て、それまで「ちょっと気になる」存在が、「かなり気になる存在」となり、
それから「幸福の食卓」、「イージス」と涼くんの出演作を見まくりこちらも覗きまくり、今に至ります。

「目力があって大人びたところと、妙に幼いところが同居している…そういう端境期にいる危うさから醸し出されている色気」・・・まさにそれがりょうくんのみりょくですよね~。
今も失われていないような気がします。
もっといろいろな方から認められて、すてきな作品にどんどん出てほしいです。
とりあえず、4月の「阪急電車」と、6月?の「小川の辺」、とても楽しみです!!!助演男優賞、獲ってほしいですね!!1
ななこさん、寛大なお言葉をありがとうございます。
ななこさんがお許しくださったからといって、何度も書かせていただくのはあつかましいのですが、追加があります。

「漢道」の説明をしていなかったですね。
「漢道」とは、福井さんのブログの
「ファンの質問に、福井キャラが答えてくれるコーナー」のことです。
如月行くんの解答は、いつもひどすぎでした。(そこが可愛いのだけど)

私は「永遠の仔」や「ロクサヨ」の頃から勝地涼くんは好きでしたが、
ファンというほどではなかったです。
決定的にファンになったのは、
「こんなにしゃべってイージスBLOG」の夜行性ペンギンさんのブログへのコメント欄に
(涼くんが、護衛艦に乗って昼食のカレーをおかわりした上に、士官室で爆睡した)
と書かれているのを読んだときです。
涼くんの
「繊細かと思えば大胆、大人びているかと思えば無邪気な子供」
というところにズキュン!と、きちゃったわけです。

ちなみに「漢道」も「こんなにしゃべって~(夜行性ペンギンさんのブログがお勧め)」も、
まだネットに残っていますから、今でも読めます。
このふたつは、当時、涼くんファンには超有名なブログだったので、
もうすでにご存知かも。(でしゃばってすみません。)

「阪急電車」の圭一くんは、
原作どおりなら、すごく一般受けする得な役だし、
「小川の辺」は、「イージス」「幸福の食卓」のプロデューサーと脚本家のコンビだから、
すごく期待しています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。