--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/19.Tue

「ザ・ライト~エクソシストの真実」

アンソニー・ホプキンスが見たくて、「ザ・ライト ~エクソシストの真実」を観てきました。

実際にあった話を元に作られたらしいです。今、欧米で悪魔祓いの依頼って増えてるんですってよ奥様~怖いわね~(○´Д`)(´Д`●)ネー
って感じで、軽く観ちゃったのですが、結構ヘビイでした。いえ、ヘビイというか、生真面目というか、真っ正面でした

エクソシストといえば、ウィリアム・フリードキンの「エクソシスト」が即座に思い浮かぶ世代ですが、アレとはまた違う、強烈さがありました。ただ、見終わった直後は、頭ガンガンするくらい強烈に反応したんですけど、後から思い出してみると、あれ?どんな映画だったけ?って感じで、ストーリー的にはあまり印象に残らなかった、アハハ

ネタバレまくりの感想は、続きをどうぞ
葬儀屋の息子のマイケル(コリン・オドナヒュー)は、現実逃避のために神学校に進む。で、卒業を前に「信仰心に自信がない」と、そこもまた辞めようとするんですが、あるキッカケで先生に見込まれ、バチカンでエクソシスト養成講座を受講するよう勧められます。もともと猜疑的だったマイケルは、講座を受けても科学的なモノの見方を捨てず、教官は、マイケルをある異端のエクソシスト、ルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の元へ送り込むのですが…って感じです。

観てる側は、「いやいや現代に悪魔なんていないでしょ」という位置から、主人公のマイケルと同じ歩幅で、悪魔祓いの世界の中へ進んで行くので、途中までは結構スリルがあるんです。
マイケルが主張するように、悪魔憑きの状態って、要は精神的な思い込みかなんかでしょ?って思いたいけど、でももしかして?って、展開は読めていながら、お約束で引き込まれてく感じはよかった。

で、実際にアンソニー・ホプキンス演じるルーカス神父の悪魔祓いに同席して、悪魔の存在を認めざるを得なくなって行くわけなんですけど。悪魔に憑かれた少女が、絶対に知っているはずのないことを口走ったり、口の中から釘を吐き出したり、この辺、女性にはちょっとキツイ場面などもあり、観るのに体力使いました(笑)

当然のことながら、このルーカス神父のキャラが濃い
悪魔祓いの最中に、携帯出ちゃいますからね。
電話口で「今ちょっと手が離せない」とか言いつつ、ド素人のマイケルに「お前やっといて」とか言っちゃって。やってることはなんかヘンなんですけど、言うことは意味深だったり。
「(悪魔が)存在しないという証拠がないことこそ、存在の証拠だ」とか、
「真実とは確実性のことか?」とか。

アンソニー・ホプキンスの作る異端神父を見るためだけの映画だったか?!と後になって気づいたんですけど

後半、悪魔憑き状態になったアンソニーおじさんの芝居が、こりゃもうすごくて。
この年で、すごい力強さとなんとも言えない精悍さと、エネルギーみなぎるコッテリ系のお芝居で、アンソニー・ホプキンス好きなら、観て損はない作品と言える。うん。
上半身ヌードもありますしーw

ただ、観客としては、目の前で次々起こる異様な現象に、「もうコレ絶対悪魔の仕業だよね!うわあああ…」ってなってるのに、主人公のマイケルがなかなか煮えきらないのがもどかしくて。。。
だもんで、途中から感情移入の糸がプッツリ途絶えてしまい、やはりアンソニーおじさんを観るだけの映画に……いや、それだけでも充分見応えありましたが。

アンソニー・ホプキンスのあの目、あの意味深な半開きの口が好きな方には、絶対オススメです
(どんな勧め方f^_^;))

あと、マイケルのお父さんの葬儀屋さん役で、ルトガー・ハウアーが出てます。年取ったけど、ただモンじゃない雰囲気は相変わらず。お父さんが実は悪魔だったとか、そーゆー展開かと思ったら、そうでもないんですね

以上、「ザ・ライト~エクソシストの真実」の感想でした。
関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
アンソニー&ルドガー?!
アンソニーを鑑賞するための映画?いいですね!そういうのも好きかも(笑)
しかも葬儀屋でルドガー・ハウアー?!おいしすぎますねーでもただの脇役だったんですね。
ななこさん、伏線期待しまくりだったんですね。アンソニーのキャラの濃さに酔いしれる映画だと最後まで期待捨てないで見てたのは、映画が思わせぶりぶりだったせいですかね~
あ、元祖エクソシスト?あああ、もう主題歌「チューブラーベルズ」の印象に尽きます!
Re: アンソニー&ルドガー?!
>くららんさん

アンソニーおじさんと、ルドガーハウアーが直接絡むシーンはないんですけどね。
ルドガーは、わたしの記憶にある風貌からはあまりに変わりすぎてて、最初誰だか分かりませんでした。
「おくりびと」っぽいシーンがあるんですが、よかったですよ。

元祖エクソシストは、怖い怖いと聞いていたのに、観てみたら特に怖くはなかったという印象ですねー。
豆スープに首がグルグルは衝撃でしたが(ザ・ライトでもそこを突っ込むセリフがありました~)
元祖
まめスープ!首ぐるぐる!
小学生の感想はそれだけでもちきり、ストーリーを理解してなくても皆気持ち悪さに夢中でした(^_^;)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。