--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/02.Mon

「阪急電車~片道15分の奇跡~」

いやあ!観てきましたよ、「阪急電車」!
個人的な思い出たっぷりの場所が舞台になってるだけあって、
じぶん史上初、♪携帯の~電源は~オフに♪館内きーんえーん♪の、上映前のマナー広告の時点で、号泣してましたわー(早っ
いくらなんでも、そこから泣いてるおバカはわたしくらいで(笑)
早々の涙腺崩壊で、持ってたタオルが大変なことに
涙と鼻水で顔面も崩壊してしまい、しばらくトイレにこもらざるを得ませんでしたf^_^;)
ソコまで泣かんでもwと、自分でも呆れるくらい、ツボに入ったそのわけは、涼くんが出てるからだけではありません。

ネタバレありの感想は下から
(;^ω^)なんか長くなっちゃいました。
まずね、個人的にはやっぱりコレは女優映画だと思いました。
それぞれの女優さんの魅力が溢れんばかりに画面に満ちていた。
特に「泣き」のシーンが、とても良くって(子役含む)、相武紗季ちゃんなんてほんの数分しか出てこないのに、めいっぱいの感情こもった「泣き」をぶつけてくるんですよ。
ずっと泣くのを堪えてた翔子さん(中谷美紀ちゃん)が泣けばわたしも泣く、ミサ(戸田恵梨香ちゃん)が紗季ちゃんと抱き合って泣けばわたしも泣く、いじめられてた少女が泣けば、わたしも泣く。。。そんなんですから、そりゃタオルもずっしり重くなりますわな。

どの登場人物も、中谷さん曰く「普通なら映画や小説の主人公にはなり得ない人たち」なんですね。それぞれに結構悲惨なドラマはあれど、その誰か一人にフォーカスして映画を作ってしまったら、やっぱり陳腐なものになってしまうと思うんですよ。

だけど、そんな平凡な人たちの何気ない一瞬を重ね合わせて群像劇にしたことで、こんなに鮮やかに感情を押し上げる作品になったことに、不意打ちくらいましたわ
もともと群像劇って好きだけど、邦画でこんな感じでバラバラの人たちがすれ違いざまにドラマを交換し合う、みたいなのは、あまり観たことがなかったので、その点でも、うまくまとめたなー、と思いました(洋画だと、グランド・ホテルから始まって、パルプ・フィクション、ラブ・アクチュアリー、トラフィックなどが好きです)(邦画だと、三谷作品かな)

原作好きとしては、これって実際映像にするのは結構大変かも?と思っていましたが、脚本も演出も、考えられる限りの最高のカタチで決まってたと思います。あんまりスタイリッシュにまとめてしまうと、このお話の持ち味が失われてしまうし、難しかったと思うんですよ。
(それぞれのエピソードの繋げ方を、もっとテンポよくカッコよくすることは出来たと思うんですけど)

それぞれの登場人物の電車内での動きと、その人物の回想シーンが、ジグソーパズルをはめ込むみたいに構成してあるのですが、ひとつひとつが丁寧に撮られているので、やや冗長と感じる部分もありました。わたしはこの119分を長いとは感じなかったけど、長い、と感じる人もいそう。

中谷さんが、この作品を通じて「演じることの意味が分かった」とおっしゃていて、それは「皆さんが本当はこうしたい、と思っていても実際には行動できないことを、俳優である自分が代わりに表現するんだ」と言うことなんだそうです。

「阪急電車」という映画自体も、アバターやガンツみたいに、観客をまったくの非日常に連れていってくれるタイプの作品ではないにしても、日常のようでいて実はまったくもってのファンタジーなんですよね。いくら電車内で気になる人を見かけたからと言って、通常声をかけたり関わったりは滅多にしないものですし、あんな何度も絶妙なタイミングで再会しませんし。
最後に、翔子とミサが巡り巡って再会し「ちょっとお茶でもしない?」「わたしたちいいお友達になれそう」ってなるのも、たぶん実際にはほとんどあり得ない展開だと思います。

だけど、「あってもいいな」「あってもおかしくない人と偶然ここに居合わせてるかもな」「自分が生きてるのは、そういう毎日なのだな」って気持ちを持ち続けることは、とても大事なことだと思うんですよ。そんな気持ちを持ち続けることで、ファンタジーが現実に良い作用を及ぼすことだって充分ありそうな気がしてくる。この辺が、この映画の持つマジックなのかな、と(涙腺崩壊の一番の理由)

定点観測の登場人物として、役名がキャプションで出る役の中で、涼くん演じる圭一が唯一の男性キャストです。
涼くんは、大学で周りから浮いてる軍オタとしての描写~それを踏まえた上でのゴンちゃん(谷村美月ちゃん)とのぎこちない出会いの描写~ひと山越えて(笑)ゴンちゃんとのいい関係構築中の描写、の3段階で出てきます。

とんでもないイケメンなのはもう世界レベルの常識(笑)なので省きますが、涼くんと美月ちゃんの役者としての良い部分(自然であること)が、最高域と言っていい高みでスパークしてます!!
階段でのシーンは、キャット・ストリートでの漢字ドリルシーンを彷彿とさせますが、同じ二人が演じてても全然別モノ!
あの時は「きゅんきゅん」要素が多勢でしたが、
今回は「ドギマギ」を映像化したらこうなる、みたいな
(「きゅん」の一歩手前)

細かい動きとか、言葉を発するタイミングとか、
なんかもう完璧に「ドギマギ」でしたw
どっちかが少しでも乱れたら、平凡になっちゃうシーンだと思うので、涼くん美月ちゃん双方の絶妙な呼吸の合い方で、こんだけ可愛いシーンになったんだと思います。
二人のシーンでは、映画館内の空気もふっと緩んだ感じでした。

キスシーンも可愛かったよおおおお!!!
可愛すぎて、壁に頭ガンガンぶつけたくなったw
原作の圭一とゴンちゃんが抜け出たようなキスシーンでした。
一線越えるか越えないかのドキドキみたいなもんは、とうの昔に忘れ去った「ほぼ尼さん」のわたしですら、このシーンは心拍数上がりましたね!
涼くんの演じたキスシーンの中でも、かなり好きかもしんない(大浦勉学と同じくらい)

笑えるシーンもちょうどいいコミカル加減でしたし、ダサいパンク・ファッションでも、
勝地涼という人がとてつもない男前だってことがちゃんと分かるし←ここ重要
涼くんファン目線で観ても、何度も繰り返して見たいと思える演技で、かなりお買い得な映画でした。

小柳友くんのDV男。怖さはよかったですけど、もうちょっとだけ「下らない男」感が欲しかったかな。
安めぐみちゃんは、もう少しメイクを安っぽくして欲しかった。翔子よりグッと垢抜けない感じが欲しかったな~。
南果歩さんは、ランチ会スタイルになると、女優オーラが出過ぎちゃうのがもったいなかった。
気になったのはそれくらいかな( ´ ▽ ` )

明るくおバカな萌え記事とか書いてるわたしも、そりゃ当然、辛いこと悲しいことイラつくこと、自分でもイヤになるような負の感情と日々戦って生きてるわけです。
でもそんな「負」の部分に取り込まれずに、自分らしさや前向きさを信じていたいと思うじゃないですか。
この映画観て、最後の翔子のセリフにあるみたいに、人生「悪くないじゃない」って思えました。だから、明日からまた少し元気に歩いていけそうな気がする。そんな映画でした。

涼くんなしでも、今津線の思い出なしでもw、オススメです。

以上、「阪急電車~片道15分の奇跡~」の感想でした。
関連記事
スポンサーサイト
映画・DVD | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
ななこさんってスゴイ!
ななこさんの映画の感想に感動してしまいました。

ほんとに勝地涼くんっていいですよね。


圭一くんを涼くんが演じてくれて幸せです。






ですね、ですね!谷村美月ちゃんとの呼吸、絶妙でしたね。
キャットストリートよりはキュンキュン度は低いものの、
始めてお付き合いした日のことを思い出すようなドキドキ感を、始終感じさせてくれる二人でしたね。

同じくキスシーンのときは膝を叩くほど興奮しちゃいました!!!かわいすぎる!

映画自体も良かったですね~。原作読んでてこんなに満足できた作品は、ハリポタ以来かな…。
Re: ななこさんってスゴイ!
>こうこさん

涼くん、ホントにいい役者さんですよねー!!!
圭一を、こんなにいい感じで作ってもらえて、原作ファンとしても嬉しい限りです~。

なんか必要以上にツボに入った映画で、つい熱く語ってしまいましたけど、物足りないって感じる人も多い気がしてきましたw

こうこさんご覧になったら、感想聞かせてくださーい。
Re: タイトルなし
>はに丸さん

美月ちゃんとの絡みは、もはや芸術ですー!!
かわいいし、自然だし、ニヤニヤしちゃいましたよーっ!
お互い異性と関わるのに慣れてない感じがとってもよく出てましたよね(^ ^)

キスシーンは、わたしも映画館の座席で暴れたくなるくらい興奮しましたー!!
もう一回見たいのも、あのシーンです。

わたしも、原作好きでここまで納得出来た作品は、羊たちの沈黙以来です\(^o^)/
見てきました!
よかったです。あのカップルは素晴らしい。
とても自然なのにすごい演技力。一回見ただけでは把握できないような、細かい演技をしてますね。
そしてカワイイ。並べた時の可愛さはすごくおさまりがいい。

もちろん、涼くんのハンサムさは凄くて、破壊的でしたね~。
なんとプログラム売り切れでした(;_;)
Re: 見てきました!
>くららんさん

一回見ただけじゃわからない、細かいところをもっと見たいですよね~
時間があれば、もう一回なんとか観に行きたいと思います。
ただ、岳も観たくなって来ちゃったんで、スケジュール練り直さないとなー(´Д` )

プログラム、売り切れでしたか。
予想外の大ヒットみたいですね~。
涼くんの演技の評価がとてもいいので、これを機にたくさんの人に名前が知られるといいなあ…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。