--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/17.Tue

「ブラック・スワン」

「ブラック・スワン」を観てきました~。
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞の最優秀主演女優賞にノミネートされた時から、ずーっと観たいなあ、と思っていたので、楽しみにして行ったのですが。

いやはや…想像以上でした!
映画自体は好みが分かれると思うのですが、ナタリー・ポートマンの演技は、誰にとっても圧巻なはず!
女優さんが作ってきたバレリーナだなんて微塵も感じさせず、最初から最後まで本物のバレリーナにしか見えませんでしたー。

「阪急電車」とは全然違う種類の涙がダダ漏れでしたーっ!
鑑賞直後の衝撃度では、「冷たい熱帯魚」に次いで今年No.2の映画かも!
鑑賞後のランチは、フライドチキン的なものは、ちょっとご遠慮したくなりましたが…

バレエの世界ならでは、の痛さや怖さが盛りだくさんで、
うん、こりゃ確かにサイコ「ホラー」だわ、と思いました。

ネタバレしてるかも?の、感想は続きから。
ナタリーが賞を取ったことで、公開規模が拡大されたらしいこの作品。
テレビや劇場で何度も予告を見てる方も多いと思いますが、ストーリーとしては、あの予告でかなりネタバレてます
ストーリーあんな感じみたいだし、別に映画館で観なくていっか~!と思ったアナタ!!!
それは大きな間違いでっせ~(`_´)ゞ
この映画は、ぜひ映画館で観て欲しい!
そして、ニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)の踊る「白鳥の湖」をぜひ大音響、大画面で観て欲しいんですダンダンッ←おなじみ机叩きの音(笑)

純粋で繊細な白鳥は完璧に演じられるニナですが、演出家ルロイの求める官能的な黒鳥が、どうしても上手く作れない。
ヴァンサン・カッセル(モニカ・ベルッチの旦那さん!)演じるこの演出家が、もっと官能的な黒鳥を!!もっともっと自分を出して!!と、厳しく求めてくるのですが…
完璧な白鳥は、同じくらい完璧な黒鳥を演じることができるのか?!って話なんです。
この演出家が、よくいる権力者のエロじじいかと思ったら、これが本物の芸術家なもんだから、ニナの役作りのハードルがどんどん上がっていっちゃうんですよ~。

ニナは、自分を産んだことでバレリーナの道を諦めた母親(バーバラ・ハーシー)に、過保護にベッタリくっつかれて育てられています。
お人形を扱うように、ニナの服を着替えさせたり、アクセサリーを外してやったりするママ。
ニナの成功は自分の成功。自分の夢を娘を通じて叶えようとするステージママです。しかも、気味の悪い人物画とか描いてたり、メンヘラっぽくて威圧的…
なんかもう最悪なこの役を、バーバラ・ハーシーが熱演してます←ココも見所!

そんな、何をしてても、常にママの監視の目がある生活に、ニナはものすごく抑圧されてるんです。ナタリーの、おどおどしていて、ちゃんとしなきゃ、ちゃんとしなきゃって常に緊張してるニナは、思わずイラっとくるほど上手い。

さらに、自分とは正反対のイメージを持つ、奔放なバレリーナが西海岸からやってきて、ニナの不安を煽ったり、抑圧解放の後押しをしたり、現実・妄想入り混じったドラマが展開するんですけども。
この役を演じた、ミラ・クニスもよかった~。ちょっと昔のキャサリン・ゼダ・ジョーンズみたい
つか、背中にあんな大きいタトゥーがあって、バレリーナになれるんですね?


あとは、ニナが主役になる前のプリマ役で、ウィノナ・ライダーが出てるんですけど、これがまた凄まじい。
一時はアイドル売りしてたことが信じられないくらい、怖ーいおばさん役やってます。
万引きして逮捕されたり、おかしな方向に行っちゃってたことも、こうやって演技に昇華できるなら、ええんちゃうん?と思ってしまう、怪演でした。

そもそも(イメージですが)バレエって
肉体的にかなり無理をして、自分の体を捻じ曲げて、型に押し込めて表現する種類の芸術じゃないですかー。
トウシューズの中の足ってどうなってんの?やっぱり痛いの?ってな素人感覚を、うまく捉えてくるというか。ささくれを無理矢理剥がされるみたいな痛みの表現が、かなりたくさん散りばめられてます。

すべては、主人公ニナの主観で語られていくので、どこからが夢でどこからが現実か、その境が分からない部分もありますし、カメラがよく動く(ニナの目線で)ので、なんとなく落ち着かない感じもして、決して心が癒されるような鑑賞体験ではありません。

あとは、暗闇からワッと何かが出てきてビックリ!みたいなホラーちっくな手法も多用されてますし、血も結構出ます。
そして、R15指定に相応しい(?)エロ描写などもありますので、初デートとか、気取ったママ友映画会とかには向かない作品ですね。

でも、ナタリー・ポートマンの、ヒリヒリするような生々しい演技は、
ぜひたくさんの人に観て欲しい!!
日本の女優さんで、ここまで出来るのは誰だろう?寺島しのぶか、黒沢あすかか…
もうちょっと若手で、いないのかな?

白と黒の表裏一体性、抑圧からの解放など、精神的なテーマも潜んでいるので、
苦痛表現とエロ描写が大丈夫な方は、ぜひ映画館で観てみてください。
クライマックスは、作中のバレエの観客と一緒に、ニナの舞台を観てる感覚を体験して欲しいですから。
わたしは最後、涙が溢れて仕方なかったです!圧倒されて、しばらく立てなかった。

理論的には、白が完璧に演じられる踊り手さんは、黒を完璧に演じることは出来ないハズですよね。その両方を完璧に演じられるということが、そもそも矛盾していて、この映画に出てくる異形の存在(ブラック・スワン)なのかもしれない。ニナが白と黒を自分の中に同居させることが出来たかどうかは、ぜひ映画館で!(そろそろ回し者っぽくなってきましたねf^_^;))

余談ですけど、白は完璧に演じられるのに黒はダメって、どっかで聞いたことありません?!
そう、姫川亜弓です姫川亜弓!!(ソコかいΣ(゚ω゚))
姫川亜弓の演じる、ニナ・セイヤーズが無性に観たくなってしまった、そんな「ブラック・スワン」でした。
(亜弓さんは、官能表現得意そうですけど)(少なくともマヤよりは)
関連記事
スポンサーサイト
映画のおはなし | Comments(6) | Trackback(1)
Comment
昔「アラベスク」でも出てきましたっけ。
妖精役が官能性をどう表現するか。ノンナが悩んでいました。結局、妖精は生身の女であってはならないので、そういうことを超越した存在として表現した事で、ノンナは一つ突き抜ける事ができたのですが。
無理に黒を白と同居させなくてもいいのでは…(^_^;)

でもななこさんの感想読んで、一番見たいのはウィノナだと思った自分て(汗)
Re: タイトルなし
>くららんさん

「アラベスク」を読んでないので分かりませんが、バレエは昔から少女漫画界で好かれる題材ですよね。
ちょっとブラックな感じは、少女漫画に通じるところもあると思いますが、この映画はやっぱりホラーに属するものかもしれません。

> 無理に黒を白と同居させなくてもいいのでは…(^_^;)

それがこの映画の大前提なので、そこを否定してしまうと、映画が成り立たなくなってしまいます~。
機会があったら、ぜひご覧になってみてください。
光と影
初めてコメントさせて頂きます。

どんな世界であっても。
光 と 影   表 と 裏

その2面があるからこそ、お互いがお互いを引立たせることが出来るんでしょう。

基本Sな私は、ちょっと無理???と普通の方が思うような両極 スレスレライン
ちょっと好きです♪

もし、スケートで例えるならば 安藤美姫選手。
こういうプログラム 是非トライして欲しいかも。。。

そうそうどこかで
「底辺まで落ち込んでいる人に鑑賞お薦め」
「中途半端に落ち込んでいる人は、もっと落ち込む可能性あり」
とありました。
その辺りは いかが??

Re: 光と影
> まゆりんさん

こちらでは初めまして!コメントありがとうございます。

> どんな世界であっても。
> 光 と 影   表 と 裏
> その2面があるからこそ、お互いがお互いを引立たせることが出来るんでしょう。

そうだと思います。その光と影の対比を、同一人物で表現したい、というのが、作中の演出家の狙いでした。
それを忌憚なく表現できる踊り手と言うのは、まさに完璧な存在であって、何かを超越した真の芸術家ということになりますかね。

> もし、スケートで例えるならば 安藤美姫選手。

ああ!わかります~。安藤選手なら、素晴らしい表現ができるかも!
次回のプログラムに取り入れるスケーターは現れないかしら…
かなりハードル高いですが(笑)

> 「底辺まで落ち込んでいる人に鑑賞お薦め」
> 「中途半端に落ち込んでいる人は、もっと落ち込む可能性あり」
> とありました。
> その辺りは いかが??

その通りかもです。とことん落ちてる人には、怪しい活力が湧いてきそうな映画です。
中途半端な状態だと、そのまま突き落とされてしまいそう。
なにしろ、主人公の落ちていく様を延々見せられるので(笑)


私は「中途半端に落ちている」時に観ちゃったかも…。
私もニナ同様、何かに縛られているようなところがあるからかな…
ニナ目線で観ているとかなりきつい2時間だった。
自分を解放するって難しいよな~。

しかも、私の苦手なサイコホラー的な演出だったし。
ドアがバタンッってなるたびに椅子の上で飛び上がってましたから。
痛そうなシーンではもうあきらめて目つぶってました。爪やすりの件とか…。

そんな私から見ても、ナタリー・ポートマンの演技は素晴らしかった。
演技とは思えなくて、かわいそうすぎていつしかニナを応援していた自分。
最後の公演の場面では、私もなぜかわからないけど涙が出た。
きっと、ニナの舞台に感動したんだろうと思います。
そんなニナを演じられたナタリー、素晴らしい女優さんに成長したな~。
Re: タイトルなし
>はに丸さん

ウンウン、あれはニナ目線で観ると、結構キツイですよね。
わたしも典型的な長女気質で、厳しい母親に育てられたので、ちょっとキツイなあ、と思う部分がありました。

サイコホラー苦手な方だと、色々びっくりする演出があってドキドキだったのではないでしょうか。
振り返ったらすぐそばにパッと人がいたり、お風呂に潜るシーンなども、ビクッとしましたよね。
痛そうで見られないシーン結構あったし…

後半は、わたしもニナがかわいそうすぎて、「もう解放してあげて~」って涙目になりながら観てました。
でも、最後のニナが、アーティストとしてあまりに素晴らしくて、かわいそうと思って見てた相手が、手の届かない雲の上の天才になる瞬間に、圧倒されちゃったのかもしれないな~。
だから、無理矢理ハッピーエンドと捉えてます。
アンハッピーだったら、怖すぎるもん!(笑)

管理者のみに表示
Trackback
王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。